zuknow learn together

新しい教材を作成

14.会計用語

カード 30枚 作成者: reizi (作成日: 2014/01/15)

  • 開業費

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    開業費

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開業費とは開業準備をするための費用。

    解説

  • 2

    資本準備金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資本準備金とは商法で積み立てが義務付けられている資本剰余金のこと。

    解説

  • 3

    逆粉飾決算

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 粉飾決算とは逆に、行政気が好調で利益が多く発生した会社が、法人税の支払を少なくするために利益を少なく見せるように捜査することがあり、このことをいいます。

    解説

  • 4

    評価性引当金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 引当金の1種です。評価性引当金とは、資産から控除される引当金のことで貸倒引当金がこれにあたります。

    解説

  • 5

    株式移転制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 完全親子会社関係を創設するための手法の中で、基本的には完全親会社を新たに創出するための組織法上の行為。

    解説

  • 6

    受取手形

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 販売の対価として受け取った手形債券のことをいう。1.銀行への取立て依頼 2.割引 3.支払い先への裏書によって、手形を処分することができます。

    解説

  • 7

    寡婦控除

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 女性の納税者が所得税法上の寡婦の場合に受けられる所得控除のことです。27万円が控除されます。

    解説

  • 8

    自己株式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社が自ら発行する株式のことを自己株式といいます。取得した自己株式は、取得原価で計上されます。取得するためにかかった費用は営業外費用として処理されます。

    解説

  • 9

    持株会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他の会社の株式を持つことによって他社を支配することを目的にした会社。

    解説

  • 10

    原価差異

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原価差異とは実際原価と標準原価または予定原価との差額のことであるが、普通、発生した原因別によって分析を行います。

    解説

  • 11

    雑費

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 販売費及び一般管理費に含まれる費用のうち、発生がまれで他の科目に該当しない重要性に欠ける費用のことです。

    解説

  • 12

    支払利息割引料

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金融機関等からの借入金の利子および手形の割引料のことです。借入金利息や、手形割引利息等が含まれます。

    解説

  • 13

    継続記録法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 帳簿記録に基づいて売上数量を計算する方法を継続記録法といいます。

    解説

  • 14

    収益

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収益とは、企業の営業活動により実現した価値の増加を言います。資本取引以外の取引で、資産を増加もしくは負債を減少させます。

    解説

  • 15

    財務内容評価法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財務内容評価法とは、債権額から担保の処分見込額や保証による回収見込額を控除した残額に債務者の状況を考えて、貸倒見込額とする方法。

    解説

  • 16

    買掛金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕入先との通常の取引で発生した営業上の未払い金のこと。仕入れ先からの商品や原材料の仕入れに伴い発生した債務のことである。通常の取引で生じたものであれば電気、ガス、水道料といったものも買掛金に含めることができる。

    解説

  • 17

    個別財務諸表

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法律上の個々の会社を会計単位として作成する財務諸表のことです。配当可能利益の算出単位となります。

    解説

  • 18

    減価償却方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 減価償却費の求め方は4つあります。時間(耐用年数)を基準として考えた「定額法」「定率法」「級数法」そして、生産高を基準として考えた生産高比例法で区別することができます。

    解説

  • 19

    有償減資

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社の純財産の一部を株主に返還して会社の資本金を減らすことをいい、実務的減資ともいいます。遊休施設を抱えるなど事業経営上資本額が大きすぎるために資本効率を高める場合や、将来の配当金の軽減を図る場合に利用されます。

    解説

  • 20

    オフバランス取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オフバランス取引とは、貸借対照表(バランスシート)に計上されない取引のことです。

    解説

  • 21

    破産更生債券

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営破綻、または、実質経営破綻に陥っている債権者に対する債権のことです。

    解説

  • 22

    開発費・試験研究費

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開発費とは、新技術の採用や新市場の開拓など特定の目的に支出した費用。試験研究費とは、新製品や新技術研究のために特別に支出した費用。研究開発費に該当する場合は、繰延資産計上ではなく費用処理を行う。

    解説

  • 23

    随時償却

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社債発行差金及び税法独自の繰延資産を除く繰延資産に適用される償却方法で、法人の任意で償却額を決められる償却方法です。

    解説

  • 24

    ベース・アップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賃金水準の引き上げのことをいいます。通常、会社では職種や年齢などに応じ決められた個別賃金の一覧表があり、賃金表、給与テーブルなどと呼ばれ、賃金決定のベースとして使われています。

    解説

  • 25

    自己受為替手形

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受取人と振出人が同一人物となる為替手形のこと。

    解説

  • 26

    粉飾決算

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 決算を偽装し、真実を歪曲することで利益を実際よりも多いように見せること。

    解説

  • 27

    債務確定主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 税法において、対外的な取引により発生する費用は債務が確定しない限り損金に参入しないという考え方がある。この考え方を債務確定主義と呼びます。

    解説

  • 28

    有価証券利息

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国債や地方債といった債券の利子や社債券などの利息のことを『有価証券利息』という。営業外収益として計上されます。

    解説

  • 29

    旅費交通費

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 航空運賃、電車代、バス代等の出張旅費、日当等のことです。通勤費や高速道路利用料金やコインパーキングの料金等が含まれます。

    解説

  • 30

    個別法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 棚卸資産ごとに個別に払い出し単価を計算する方法を個別法といいます。

    解説

56667

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ