zuknow learn together

新しい教材を作成

9.会計用語

カード 30枚 作成者: reizi (作成日: 2014/01/15)

  • 手形の取立

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    手形の取立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手形金額を回収する行為のこと。受取手形を現金化することは、通常は銀行に手形の取立てを依頼します。銀行は手形交換所で手形を交換することで振出人の口座から現金を回収します。

    解説

  • 2

    租税回避行為

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 租税が課せられることを回避する行為です。本来であれば課税される取引について、他の取引を偽装することで徴税を免れようとする行為です。

    解説

  • 3

    欠損金の繰越

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 欠損金の繰越とは当期前7年以内に発生した欠損金を当期の所得から控除できる税法上の制度。

    解説

  • 4

    スワップ取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じ価値をもつ資金の動き(キャッシュ・フロー)を交換する取引のことです。

    解説

  • 5

    有価証券売却益

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 売買目的の有価証券を売却したときに発生する売却益のことを有価証券売却益という。この際の有価証券は、流動資産として仕分される。営業外収益として計上されます。

    解説

  • 6

    譲渡制限会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主が株式を第三者に譲渡する際に、定款の定めをもって取締役会の承認を必要とすることとしている会社をいいます。会社にとって好ましくない者が株主になることを防ぐためには、株式の譲渡に制限をかけるのが効果的です。

    解説

  • 7

    小口現金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小額の経費支払用として各担当者に先に渡しておく現金のこと。

    解説

  • 8

    当座借越

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 当座借越とは、預金残高を超えて小切手を振り出すことができる借金の一種です。当座借越をするためには、銀行に担保を差し出し当座借越契約を結ぶ必要があります。これによって契約した借越限度がくまで、小切手を振り出せるようになるのです。

    解説

  • 9

    会計方針

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業が損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書を作成する基礎となる会計処理方法や表示方法のことを会計方針という。

    解説

  • 10

    自己宛為替手形

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支払人が自己となっている(振出人と名宛人が同一人物)為替手形のこと。

    解説

  • 11

    福利厚生費

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従業員の健康、医療衛生、慰安、慶弔禍福等のために支払う費用のことです。結婚祝いや健康診断費用、社宅費用等が含まれます。

    解説

  • 12

    内国普通法人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内国普通法人とは公共法人、公益法人等、協同組合などや、人格のない社団等以外の法人のこと。

    解説

  • 13

    役員退職慰労金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 役員退職慰労金とは退職した役員に対して、在職中の仕事の対価や功労金として支払われる金銭のこと。

    解説

  • 14

    損益法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財産法とは対になるもので、会計期間中の収益から費用を差し引くことで期間損益を把握する会計概念です。

    解説

  • 15

    四半期報告

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四半期報告とは、第一四半期(3ヶ月後)と第三四半期(9ヵ月後)に情報開示をすることです。

    解説

  • 16

    未払金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • もののサービスや提供を既に受け、支払い義務が確定している金額のことを未払金という。

    解説

  • 17

    剰余金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 純資産から資本金を差し引いた金額を剰余金といいます。ただし、純資産が資本金よりも大きい場合は、その差額を欠損金といいます。

    解説

  • 18

    販売基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 販売基準とは販売時点に売上を計上する基準。実現主義が利用された代表例になります。

    解説

  • 19

    確定拠出型年金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 確定給付型とは将来に支払う退職給付額を約束するタイプの退職金制度を確定給付型と呼びます。※退職給付計算の対象にはなりません。

    解説

  • 20

    金融ビッグバン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本の金融市場(株や債券など)を公正かつ自由で国際的なものにするための一連の改革のこと。これによって日本の金融市場は大きく変化しました。

    解説

  • 21

    月次決算

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業が経営状況を把握し、経営管理のため毎月実施する決算です。内部利用目的のために会社独自の勘定科目が使用されていたり、減価償却や棚卸資産の計上が省略されていたり、正規の決算手続によっていないことがあります。

    解説

  • 22

    関税評価

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 課税価格を法律の規定に従って決定することをいいます。課税価格の計算については国際的なルールが定められており、日本の課税価格の決定方法も、このルールに従って、関税定率法に定められています。

    解説

  • 23

    原価計算

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原価計算を行う目的は3つ。①財務諸表を作成するため。②製品の原価を管理するため。③中長期利益計画の策定や予算編成など企業経営に役立つ資料を作り出すのが目的。

    解説

  • 24

    未償却残高

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取得原価から減価償却累計額を控除した残高。

    解説

  • 25

    損益計算書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の経営成績を表すのが損益計算書。一会計期間の収益と、対応する費用を全て対応させて、当期純利益を計上します。これによって、利害関係者はこれからの企業の収益力を判断します。

    解説

  • 26

    予定配賦率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 予定額に基づき計算される配賦率のことを言います。

    解説

  • 27

    予定昇給率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 予定昇給率とは、将来見込まれる昇給の率のこと。

    解説

  • 28

    超過収益力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業が経営を継続していく過程において蓄積された、従業員の質の向上であったり、他企業にない優位的な取引関係など、現時点において測定することのできない潜在的な企業の価値を指します。

    解説

  • 29

    持分プーリング法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 合併・株式交換など企業結合を行った際の会計処理の一つ。「持分の結合」という形で企業結合した場合はこの「持分プーリング法」が適用される。持分プーリング法とは、企業結合当事者の全ての企業の資産、負債、資本をそおれぞれの適正な帳簿価格で引き継ぐ方法。

    解説

  • 30

    償却原価法・譲渡性預金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 譲渡性預金とは、譲渡可能な定期預金のことをいいます。償却原価法とは、取得価額と額面価額の差を、償還期までに一定の方法で加減する方法。債券の原価を計算するときに使われます。

    解説

56738

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ