zuknow learn together

新しい教材を作成

7.会計用語

カード 30枚 作成者: reizi (作成日: 2014/01/15)

  • 未収収益

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    未収収益

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービスは提供済みで、決算時点で代金の支払いを受けていない場合に用います。

    解説

  • 2

    出納帳

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入出金を記した帳簿のこと。現金出納帳、小口現金出納帳、預金出納帳などとあります。

    解説

  • 3

    原価基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資産の評価を取得原価で評価することを原価基準といいます。主に棚卸資産を始めとした、費用性資産の評価に用いられます。ただし償却資産については正規の減価償却による減価償却累計額を取得原価から控除した金額を計上します。

    解説

  • 4

    財務諸表

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の財務内容を外部の利益関係者へ報告するために作成される計算書類のことを財務諸表といいます。財務諸表は正しく作成する義務があり、上場企業が虚偽の申告を行った場合刑法で罰せられるだけでなく、上場廃止になることもあります。

    解説

  • 5

    時価ヘッジ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘッジ対象に関わる損益計上気をヘッジ手段から発生する損益の計上期にあわせる方法を時価ヘッジといいます。

    解説

  • 6

    ゴルフ会員権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴルフ会員権とはゴルフクラブのメンバーとなる権利のこと。会計上は金融商品として扱われ、株式と預託保証金式の2種類の形態がある。ゴルフ会員権は株式+施設利用権と見られるためゴルフ会員権の価値が下がったとしても、税法上は損金として認められにくい。同様にゴルフ場が破綻した場合も、税務上は損金として認められない。

    解説

  • 7

    会社分割

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社の事業の一部または全部を分離し、他社に渡したり新会社を作ることを会社分割という。

    解説

  • 8

    会計監査人設置会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会計監査人を置いている株式会社または会社法の規定により、会計監査人を置かなければならない株式会社のことをいいます。

    解説

  • 9

    偶発債務

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現実には発生していない債務で将来企業が負担する可能性のある債務を偶発債務と呼びます。

    解説

  • 10

    非営利法人会計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 営利法人である会社に対して、利益の追求を目的としない法人全般のことを非営利法人といいます。非営利法人の会計は、営利を目的としていないので企業会計とは異なったものになります。非営利法人は社会福祉法人や学校法人の不祥事や国からの補助金や税制面での優遇を受けながら、その決算が不透明だったため、最近は開示の動きになっています。

    解説

  • 11

    債務超過

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己資本がマイナスになりいつ倒産してもおかしくない状態を債務超過といいます。債務超過になると企業の信用力が非常に低下し融資がほどんど受けられなくなる状態になります。倒産した場合に、債務を負担するのは有限責任の株主ではなく、債権者だからです。欠損金が出ると、債務超過になりやすいので要注意です。

    解説

  • 12

    EDINET

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有価証券報告書は、インターネット上で開示されます。そのホームページのことをEDINET(Electronic Disclosure for Invester's NETwork)というそうです。

    解説

  • 13

    保険料

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保険契約に基づいて支払う保険料のうち掛け捨て部分のことです。生命保険、火災保険、損害保険等が含まれます。

    解説

  • 14

    費用収益対応の原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会計期間ごとの損益を正しく計算するために収益と費用の関連性を見ながら、計上することを費用収益対応の原則といいます。

    解説

  • 15

    前払費用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 未だ提供されていないサービスについて支払った額のこと。支払利息であれば、3月決算にも関わらず次の8月まで支払利息を先に払った状態。

    解説

  • 16

    手形売却損

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受取手形を銀行などに期限前に出した場合に取られる割引料が手形売却損として計上されます。この場合、営業外費用になります。

    解説

  • 17

    単名手形

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支払責任者が単名の手形のことです。裏書きの無い約束手形などがこれに該当します。

    解説

  • 18

    買掛金勘定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商品の仕入れ時に代金の決済が行われることなく、仕入れ時よりも遅れて行われる場合に使用されます。買掛金という未支出金(債務)の発生・消滅・残高を記帳する勘定です。

    解説

  • 19

    企業再編

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営の効率かやリストラのために企業グループを再編すること。企業再編を行う理由は、経済のボーダレス化、企業のグローバル化といった環境の変化に対応するために経営資源の選択と集中を行って、経営の効率を高める必要があるから。

    解説

  • 20

    発行市場・流通市場

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社が資金調達のために募集ないし売上を行う市場のことを発行市場といいます。流通市場とは、証券取引所やジャスダックなど、有価証券が売買される場所のことをいいます。

    解説

  • 21

    減損会計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 固定資産がその投資に見合ったキャッシュ・フローを見込めない場合固定資産の価値が下落してしまうことを減損会計といいます。減損会計の目的は、固定資産を時価で評価し、含み損を処分して認識するのではなくあくまでも回復が見込めない場合に計上することが目的。

    解説

  • 22

    経過勘定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一定の契約に従い、継続してサービスの提供を受ける。もしくは提供する場合に発生主義によって計上されるものを経過勘定という。

    解説

  • 23

    資本集約度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総資本を従業員数で割った指数で、これが高ければ高いほど機械化、装置化が進んでいることを示しています。

    解説

  • 24

    誤謬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤り。会計担当者が未熟だったり専門知識が乏しいことなどが原因で、記帳や計算、会計処理を間違ったりすること。

    解説

  • 25

    売掛金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モノを売り買いするなど、その会社が普段行う通常取引の中で、こちらが売った代金を相手から回収していていない状態のお金のこと。俗に言う「ツケ」をされたお店側の回収していないお金のこと。

    解説

  • 26

    加工費

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原価計算の概念で、広義には製造原価のうち直接材料費を除いたものをいいます。

    解説

  • 27

    自己資本比率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己資本を総資本で割った比率が自己資本比率。企業の資本構成の安全性を見るための指標の一つである。

    解説

  • 28

    連結剰余金計算書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 連結剰余金計算書とは、連結剰余金の期中の増減を表すものです。連結会社の損益計算書や利益処分に関するものを基にして、グループ内の取引の相殺処理を行います。

    解説

  • 29

    非適格組織再編成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非適格組織再編成とは税務上の適格条件を満たさない組織再編成のこと。

    解説

  • 30

    手形の裏書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手形の裏に署名捺印して、支払いに使うこと。手形に裏書をすることによって、支払手形の代わりに支払うことができます。ただし不渡りになった場合は遡及義務が生じます。

    解説

56743

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ