zuknow learn together

新しい教材を作成

6.会計用語

カード 30枚 作成者: reizi (作成日: 2014/01/15)

  • 増益率

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    増益率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経常利益の成長率を表す指標。株式投資の重要な指標の1つにもなっている。

    解説

  • 2

    延納

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 納税緩和措置のひとつで、納税期限の延長を認めるものです。延長期間には、納税者に延滞税を課されることはありませんが、原則として利子税が課されます。

    解説

  • 3

    実査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 帳簿上記載のある数量や金額と、実際のものとの差異を把握するため、定期的に行われる実際の在り高を確認するための作業をいいます。

    解説

  • 4

    寄付金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業の遂行に関係ない者に対する支出で、見返りを要求しない金銭または物品の供与のことです。

    解説

  • 5

    遅延認識項目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発生主義で認識されない数理計算上の差異、過去勤務債務および会計基準変更時差異のことを、遅延認識項目といいます。

    解説

  • 6

    控除対外消費税等

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 税抜方式を採用している場合に課税売上割合が95%未満のため仕入税額控除できない仮払消費税等の金額のことを控除対外消費税等といいます。

    解説

  • 7

    経常利益

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の本業による儲けである営業利益に、資金調達コストである財務活動や投資活動による損益を加えた利益。企業全体の収益力を示します。

    解説

  • 8

    逆取得

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある会社が純資産や営業の所有権などを他の会社に譲渡することによって、逆に他の会社を実質的に支配することになる企業結合のことをいいます。

    解説

  • 9

    税効果会計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業会計における損益や資産・負債の認識と法人税上の認識が異なるものについて、法人税等の金額を適切に配分することを税効果会計と言います。法人税等が課税所得に基づいて計算されているため企業会計上、計算された利益と異なり、ズレが生じることがあるのです。そのズレを解消するのが税効果会計です。

    解説

  • 10

    流動資産

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資産のうち即時換金可能な資産もしくは、一年以内に収入もしくは収益化がなされると想定される資産をいいます。

    解説

  • 11

    決算短信

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上場会社などが決算発表を行う際に作成する、各社共通形式の決算情報。

    解説

  • 12

    移動平均法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そのつどの残高と受入高の平均により払い出し単価を計算する方法を移動平均法といいます。

    解説

  • 13

    金融商品会計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金融商品会計とは、金融商品の会計処理に関する会計です。金融商品の評価を時価で行うようになったため、この会計制度が導入されました。

    解説

  • 14

    M&A

    補足(例文と訳など)

    答え

    • M&Aとは、企業の合併+買収のこと。

    解説

  • 15

    適格組織再編成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 適格組織再編成とは税務上の適格要件を満たす会社分割・合併・現物出資・事後設立のことをいいます。

    解説

  • 16

    社債発行費

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社債発行費とは社債の発行のための費用のことをいいます。

    解説

  • 17

    連結所得

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 連結事業年度の益金の額から損金の額を差し引いた額のことを連結所得っていいます。

    解説

  • 18

    退職給付費用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 勤務費用・利息費用・期待収容収益・遅延認識項目の処理額から構成される費用のことを退職給付費用といいます。

    解説

  • 19

    繰延資産

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対価の支払いは完了したか、支払義務が確定し、これに対応する役務の提供を受けたものでその効果が将来にわたって続く費用を資産計上したものです。

    解説

  • 20

    過小申告加算税

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 納税申告があった後に、税関の調査により納税申告が適正でないとして修正申告または更生が行われた場合は、当該修正申告等により増加した税額の10%(一定の税額を超えた場合、超えた部分については15%)に相当する金額が原則として課されます。

    解説

  • 21

    先物取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 先物取引とは、将来のある時点であらかじめ定めた価格である商品を売買する約定で差額「売る・買いの差額」決済を行う取引。

    解説

  • 22

    貸倒引当金繰入

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貸倒引当金を繰り入れるための費用です。

    解説

  • 23

    清算所得

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資産の譲渡等により清算期間中に実現した所得のこと。

    解説

  • 24

    公会計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国や地方自治体の会計のことを公会計という。企業会計とは異なり、税金の使い道を明らかにするのが目的。

    解説

  • 25

    原価要素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造原価を構成する科目のことを原価要素といいます。

    解説

  • 26

    会議費

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社の業務に関連して行う社内での打ち合わせや、取引先との商談等のために支払う費用のことです。会議のための茶菓子代や弁当代、室料等が含まれます。

    解説

  • 27

    原価差額

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実際原価と標準原価または予定原価との差額を原価差額と言います。

    解説

  • 28

    賞与引当金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賞与引当金とは、従業員への賞与の支払いに備えて設定する引当金のこと。支払額が確定していないときに支給見込額のうち、当期に帰属する分を計上します。ただし、支払額が確定している場合は未払費用または未払金を計上します。

    解説

  • 29

    与信管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 銀行や金融会社がお金を貸すときに取引先の信用状況を管理すること。

    解説

  • 30

    関税

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 輸出や輸入の際に課せられる税金のことで、主に輸入国が課す関税をさすことが多い傾向にあります。関税は、財源調達手段としての関税(財政関税)と国内産業保護(保護関税)の機能を有しています。

    解説

56803

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ