zuknow learn together

新しい教材を作成

ヘルスケアunit13

カード 30枚 作成者: takahiro (作成日: 2014/01/15)

  • 骨量

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    骨量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨のなかのミネラルの量のこと。カルシウムとリンが主体で、マグネシウムなども含まれる。単位容積あたりの骨量を骨密度といい、骨の強さを示す指標とされる。

    解説

  • 2

    介護保険施設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険法に基づいて施設介護サービスを提供する施設で、都道府県知事が指定する介護施設。

    解説

  • 3

    ラクトフェリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉄と結合するたんぱく質で、哺乳動物の乳に多く含まれる。唾液や涙、血液などにも含まれ、抗菌作用や抗炎症作用、免疫調整作用、抗がん作用などが認められている。

    解説

  • 4

    半身浴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下半身だけ湯につかる入浴法のことで、38〜40℃くらいのぬるめの湯に、みぞおちのあたりまでつかる。心臓や血管、肺へ負担をかけず長くつかっていることができるため、全身の血行を良くし、新陳代謝が高まる。

    解説

  • 5

    いびき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いびきとは、睡眠中呼吸に合わせて発生する異常音のことを指す。異常音には、鼻やのどの空間が狭いため空気が通過する際に起こる摩擦音と、口蓋垂(こうがいすい、俗にいうのどちんこ)や咽頭の粘膜が振動して起こる振動音がある。

    解説

  • 6

    震災関連死

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阪神・淡路大震災時に生まれた概念で、震災が直接の死因ではないが、震災に伴うことがらが原因となって死亡したと判断されるものをいう。

    解説

  • 7

    嚥下性肺炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食べものや飲みものが誤って気道(空気の通り道)に入ったり、胃のなかのものが逆流したりすることで肺や気管支に細菌が入り、肺炎や気管支炎などが起こることがある。これらを総称して嚥下性肺炎という。

    解説

  • 8

    シミ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紫外線によってもたらされる肌トラブルの一種。

    解説

  • 9

    過呼吸症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 浅い呼吸を過度に早くくり返すことで血液中の二酸化炭素の濃度が低下し、呼吸性アルカローラス(血液のPHがアルカリ側に上昇した状態)を来したために様々な症状が起きた状態。「過換気症候群」ともいわれている。

    解説

  • 10

    活性酸素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸によって体内に取り入れられた酸素の数%は活性酸素になるといわれ、そのほか排気ガスや化学薬品、食品添加物、放射線、紫外線、喫煙、ストレスなどでも発生すると考えられている。体内に侵入する細菌を撃退する働きもするが、過剰に発生すると体内の細胞を傷つけ、老化や動脈硬化、がんなどの原因になると言われている。

    解説

  • 11

    心筋梗塞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給する冠動脈が動脈硬化を起こし血液循環が閉ざされる状態が続くと、そこから先の心筋の細胞は死んでしまい(壊死=えし)、心筋の収縮が止まって心臓の機能が著しく低下する。これが心筋梗塞である。

    解説

  • 12

    日和見感染

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 免疫力が低下しているために、通常なら感染症を起こさないような感染力の弱い病原菌が原因で起こる感染症。免疫力低下の原因には、白血病や悪性腫瘍、膠原病(こうげんびょう)、エイズなどの疾患、重症のヤケドやケガ、臓器移植などがある。

    解説

  • 13

    過敏性肺炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カビや細菌、鳥のふん、化学物質などをくり返し吸い込むことで起こるアレルギー性肺炎のこと。日本で多いのは、家の中に存在するトリコスポロンというカビが原因で生じるもので、湿気の多い古い木造家屋での発症が多くみられる。

    解説

  • 14

    レッグカール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋力トレーニングの一種で、ひざを伸ばした状態から曲げる運動のこと。太ももの裏側の筋肉群(ハムストリングス)を鍛えるのに大きな効果がある。

    解説

  • 15

    医食同源

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食べ物も薬も、同じように病気を予防し、健康を維持するものであるという考え方。中国で薬食同源といわれていたものを日本で紹介する際に言い換えられたもの。

    解説

  • 16

    いぼ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮膚の表面にできる小さな突起物のこと。多くはウイルス性で、疣贅(ゆうぜい)ともいう。最も多いのは尋常(じんじょう)性疣贅で、表面がザラザラした硬い突起が手指や足底、ひざ、顔など、けがをしやすい場所にでき、放置すると痛みが出たり数が増えることもある。

    解説

  • 17

    除染

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放射性物質や有害物質などで体や物、環境などが汚染された場合に、汚染物質を除去したり減らすことをいう。

    解説

  • 18

    DASH食

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Dietary Approaches to Stop Hypertension の略で、米国で推奨されている「高血圧を防止するための食事療法」。

    解説

  • 19

    医薬分業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬が必要な場合に医師が処方せんを書いて患者に渡し、処方せんに基づいて薬局の薬剤師が調剤するシステム。

    解説

  • 20

    民間療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古くから伝承されてきた健康管理の知恵や、経験に基づくアドバイスなどが広く一般に広まったものをいう。

    解説

  • 21

    合併症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある病気が原因でおこってくる別の病気、病変をいう。たとえば、糖尿病では高血糖状態が続いて血管が傷つくため動脈硬化をおこしたり、高血糖状態を長い間放置して神経障害や腎症、網膜症などをおこすことがある。

    解説

  • 22

    園芸療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 花や野菜などの植物を育てる園芸作業では、種まき、手入れ、収穫、収穫物の利用などを通して、楽しさや喜び、安らぎを感じたり、達成感や自信を得たり、コミュニケーションが生まれるなどの効果が得られる。

    解説

  • 23

    腎不全

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎臓の機能が低下して正常に働かない状態をいい、急性腎不全と慢性腎不全がある。

    解説

  • 24

    健康運動指導士

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「健康・体力づくり事業財団」が認定する民間資格。生活習慣病の予防や健康維持・増進のために、医学や運動生理学の知識に基づいて、安全かつ効果的な運動を行うための運動プログラムを作成し、指導する専門家のこと。

    解説

  • 25

    生検

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病変部や病変が疑われる部分の組織を一部採取して顕微鏡などで調べることで、組織診ともいう。

    解説

  • 26

    理学療法士

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「理学療法士及び作業療法士法」に基づく国家資格。何らかの病気や障害によって身体機能が低下した人などに対し、歩行、立ち上がり、起き上がりなどの基本的な動作能力の回復を目指した治療や訓練、指導などを行う専門職。

    解説

  • 27

    ヒスタミン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒスチジンというアミノ酸から合成される活性アミンの一種。リンパ球などの白血球を活性化して炎症をおこす。

    解説

  • 28

    うつ病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • うつ病は脳内の神経細胞同士の情報を伝える神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンが減少することが原因となって引き起こされ、過度のストレスや環境の変化などが引き金になると考えられている。まじめで几帳面、責任感が強いタイプの人がうつ病になりやすいといわれる。

    解説

  • 29

    体内時計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生物は地球の自転に合わせ、ほぼ1日(約24時間)の周期で体温や血圧、ホルモン分泌など、体の基本的な働きを変化させている。この1日周期のリズムを生み出す、時間を測定する機能が生物の体内には備わっていると考えられ、この機能を体内時計(生物時計)という。

    解説

  • 30

    乳腺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳汁を作る組織と乳汁を乳頭まで運ぶ管からできている組織で、胸の筋肉と皮膚の間に脂肪組織とともに存在して成熟期の女性の乳房を形作っている。

    解説

56721

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ