zuknow learn together

新しい教材を作成

ヘルスケアunit12

カード 30枚 作成者: takahiro (作成日: 2014/01/15)

  • 金属アレルギー

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    金属アレルギー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金属やその化合物が原因となって起こるアレルギー。歯科で用いられる冠やブリッジ、入れ歯に使われている金属、あるいはピアスやネックレス、時計、指輪などに用いられている金属などがアレルギーの原因となる。

    解説

  • 2

    ALT(GPT)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アラニンアミノトランスフェラーゼの略称。肝細胞の中でアミノ酸の合成を助ける酵素で、肝細胞が破壊されると血液中に流れ出すため、肝臓の障害程度を推察する目安となる。

    解説

  • 3

    抗酸化ビタミン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体の細胞を攻撃する活性酸素を無害なものに変える働きをするビタミンのこと。ビタミンA・C・E・B群などをいう。

    解説

  • 4

    α-リノレン酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不飽和脂肪酸のうち、n-3系多価不飽和脂肪酸で、人の体内では作ることができない必須脂肪酸である。えごま油、しそ油、亜麻仁油(あまにゆ)などに多く含まれる。

    解説

  • 5

    産後うつ病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分娩直後の数週間から数ヶ月の時期に見られる強い悲嘆と、それに関連する心理的障害が起きている状態。

    解説

  • 6

    後遺症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病気やけがの主な症状が治ったあとも、長く残る運動機能障害、精神的な障害などをいう。

    解説

  • 7

    アタマジラミ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人の頭髪に寄生して頭皮から血を吸う体長1〜4mm程度の昆虫で、髪の毛に卵を産みつけて繁殖する。血を吸われた部分に強いかゆみを感じるが、伝染病などを媒介することはない。

    解説

  • 8

    副腎皮質ホルモン薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎という臓器から分泌されるホルモンを総称して副腎皮質ホルモンという。

    解説

  • 9

    五月病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新入生や新入社員などのように新しい環境に入った人に、新入1ヵ月後の5月ごろ見られる精神的な落ち込みや疲れなどを指す言葉です。これは、医学的には正確な定義づけはなく、一般的な用語です。

    解説

  • 10

    アテローム(粥状)硬化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈硬化は、起こる動脈や起こり方によって3つのタイプに分けられる。大動脈、脳動脈、冠動脈など比較的太い動脈に脂肪などがたまって血管の内腔が狭くなるのが「アテローム(粥状)硬化」である。

    解説

  • 11

    睡眠時無呼吸症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眠っている間に何らかの原因で気道が狭くなり、特徴的ないびきとともに何度も呼吸が止まってしまう病気。

    解説

  • 12

    ヨード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海藻類に多く含まれるミネラルで、ヨウ素ともいう。温泉の成分にも含まれ、除菌や消毒などにも用いられる。

    解説

  • 13

    リンゴ酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リンゴに多く含まれる有機酸の一種で、クエン酸と一緒に含まれていることが多い。リンゴ以外にも多くの野菜や果物に含まれ、果物の甘酸っぱさはリンゴ酸による。

    解説

  • 14

    関節炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 関節に炎症が起こり、腫れて熱をもったり、痛みが出る病気。

    解説

  • 15

    過活動膀胱

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2002年に開催された国際尿禁制学会で新しく認められた症状・症候群。「尿意切迫感を主症状に頻尿や夜間頻尿を伴い、場合によっては切迫性尿失禁を伴う症候群で、明らかな原因疾患が認められないもの」と定義される。

    解説

  • 16

    ストレッチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋肉、腱(けん)、靭帯(じんたい)、関節などの組織を伸ばす動きのこと。

    解説

  • 17

    ノルアドレナリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経細胞間の情報伝達に用いられる神経伝達物質の1つで、不安や意欲と関係している。いったん動き出した行動を維持し、活動を高める神経細胞の系列においては、主にこのノルアドレナリンがはたらいている。

    解説

  • 18

    三半規管

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内耳(耳の奥)にあり、平衡感覚を司る器官。リンパ液で満たされた3つの半円形の管が互いに90度の角度をなしており、リンパ液の動きによって上下、水平、左右の体の回転を感じとって脳に情報を送る。

    解説

  • 19

    子宮内膜症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子宮内膜に似た組織が腹膜や卵巣など子宮以外の場所で増殖する病気。

    解説

  • 20

    慢性腎臓病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎臓の機能が慢性的に低下するさまざまな腎臓病の総称。2002年に米国で生まれた名称で、CKD(Chronic Kidney Disease)とも呼ばれる。

    解説

  • 21

    内診

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腟に指や専用の器具を挿入して行う婦人科特有の診察方法のこと。子宮や卵巣、腟内の状態を調べ、妊娠の診断のほか、子宮や卵巣の病気、腟炎や腟感染症などの発見や診断を行うための基本となる。

    解説

  • 22

    クロロゲン酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポリフェノールの一種で、コーヒー、ごぼう、じゃがいも、なす、バナナなどに含まれる。特にコーヒーに豊富で、コーヒーに含まれるポリフェノールの9割以上を占め、コーヒーの色や香り、苦味の元になっている。ごぼうなどの野菜の切り口を黒く変える成分でもある。

    解説

  • 23

    パンデミックインフルエンザ警報フェーズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェーズ(phase)とは変化や発展の段階を表すことば。「パンデミックインフルエンザ警報フェーズ」は、WHO(世界保健機関)がインフルエンザのヒトの感染リスクを1から6の数字で段階的に示したもの。

    解説

  • 24

    蝸牛

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耳は外側から外耳、中耳、内耳に分けられるが、一番奥の内耳にあって音を感じとる器官が蝸牛。かたつむりに似た形をしており、内側に感覚細胞(有毛細胞)が並んでいる。

    解説

  • 25

    腎動脈狭窄症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腹部大動脈から分岐して腎臓につながる腎動脈が狭くなる病気で、動脈硬化によるものがほとんど。自覚症状に乏しいため発見されにくいが、推計患者数は全国で約250万人にのぼる。

    解説

  • 26

    カプセル内視鏡

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大きめの薬のカプセルのような形状の検査装置で、胃・小腸・大腸など消化管の検査に用いられる。

    解説

  • 27

    リコピン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トマトに含まれる赤い色素で、カロテノイドの一種。トマトジュースやケチャップなどの加工用に使われる赤系のトマトに最も多く含まれ、スイカや柿、ピンクグレープフルーツなどにも含まれる。

    解説

  • 28

    オレイン酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オリーブオイルや菜種(なたね)油に多く含まれる不飽和脂肪酸。血中コレステロールのうち、悪玉コレステロール(LDL)だけを減少させる働きがあり、動脈硬化がもたらす心臓病などの予防に効果がある。

    解説

  • 29

    薬剤師

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬剤師法に基づく国家資格で、医薬品の製造から調剤、供給までのすべての過程にかかわる専門職。

    解説

  • 30

    若年性アルツハイマー病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳が病的に委縮して認知症の原因になるアルツハイマー病は、ほとんどは65歳以上の高齢者に発症するが、65歳以下の人に発症した場合、便宜上若年性アルツハイマー病と呼んでいる。

    解説

57056

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ