zuknow learn together

新しい教材を作成

ヘルスケアunit10

カード 30枚 作成者: takahiro (作成日: 2014/01/15)

  • インナーマッスル

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    インナーマッスル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体の表面に近い大きな筋肉を「アウターマッスル」と呼ぶのに対し、アウターマッスルの内側にあって骨や内臓などを支えている比較的小さな筋肉群のことをいう。

    解説

  • 2

    硫化アリル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • にんにく、にら、ねぎなどの、独特の刺激臭の元になる成分で、イオウ化合物の一つ。免疫力を高めがんの発生を抑制する、血液凝固を遅らせ血栓を予防する、悪玉コレステロールを減らすなどの効果があり、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の予防に有効とされる。

    解説

  • 3

    アルツハイマー病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知症の原因となる代表的な病気。脳の神経細胞が減少して脳が病的に萎縮し、脳の機能低下から知的・身体的機能が衰えていく。進行すると認知症と呼ばれる状態になる。

    解説

  • 4

    リンパドレナージュ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リンパの流れをよくすることで体の機能や美容効果を高めようという手技療法。フランス人の医師エミール・ヴォッダーが考案し、停滞した部位のリンパ液を排出(ドレイン)することから名づけられた。

    解説

  • 5

    カルシウム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間の体内に最も多く含まれるミネラル。骨や歯をつくる成分となるほか、筋肉や神経の働きを活性化させたり、神経を鎮めてイライラを抑えるなどさまざまな働きをしている。

    解説

  • 6

    インスリン抵抗性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスリンは、骨格筋や脂肪、肝臓で血液からの糖の吸収を促し、エネルギーを作ったり蓄えたりする働きをもつホルモンである。インスリン抵抗性とはインスリンが十分存在しているにもかかわらず、その作用が鈍くなっている状態をいう。

    解説

  • 7

    ツツガムシ病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リケッチアという病原体をもつダニ類に刺されて起こるリケッチア感染症の一つ。草むらなどで、ダニの一種であるツツガ虫に刺されることによって感染する。

    解説

  • 8

    スプラウト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 植物の新芽を意味する言葉で、野菜の種や穀物、豆などを発芽させたものを指す。植物は発芽して新芽が伸びるときに最も生長し、種にはない栄養成分を合成したり、元々もっている栄養素の量が増す。

    解説

  • 9

    バランスボール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直径45〜85センチくらいの弾力性のあるエクササイズ用のボールのこと。単に座っているだけでも、バランスを保つために正しい姿勢をとるようになり、自然と筋肉を鍛えることができる。

    解説

  • 10

    意識障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳の機能が急に低下したときに起こる、意識がはっきりしない状態のこと。覚醒の度合いが低下したり、思考・判断・記憶などの能力が損なわれた状態。

    解説

  • 11

    骨シンチグラム検査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイソトープ(放射性同位元素)を体内に注入し、体内から放出される放射線を撮影して骨の様子を調べる検査方法。

    解説

  • 12

    軟骨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭や手足の骨などの硬骨とともに体を支持する組織の一つ。硬い硬骨に対し、やわらかく弾力性に富んでいる。

    解説

  • 13

    アプノモニター検査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 睡眠時無呼吸症候群の診断に行う簡単な検査。鼻孔とのどぼとけ、人差し指にセンサーをつけ、睡眠中の酸素濃度、呼気の流れ、喉の音を記録。記録されたデータから無呼吸の回数を解析し、診断する。

    解説

  • 14

    眼底

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目を正面から見たときの、眼球の奥のほうをさす言葉で、硝子体(しょうしたい)、網膜、脈絡膜(みゃくらくまく)、視神経乳頭などの総称。

    解説

  • 15

    膠原病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒトの細胞と細胞を結びつけている結合組織に炎症による病変があらわれる病気を総称していう。全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎などの病気が含まれる。

    解説

  • 16

    歯周ポケット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歯と歯ぐきの間には通常でも深さ1〜2mm程度の歯肉溝という溝があり、ここにプラーク(歯垢=しこう)がたまると歯周病菌が繁殖して感染をおこす。感染によって歯肉に炎症が生じ溝が深くなった状態を歯周ポケットという。

    解説

  • 17

    水溶性ビタミン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンCやB群など、水に溶けやすい性質をもったビタミン類のこと。

    解説

  • 18

    内視鏡検査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細くて柔らかな管(ファイバー)の先に超小型カメラをつけた内視鏡を体の中に挿入し、内部の状態を観察し撮影する検査のこと。

    解説

  • 19

    周期性四肢運動障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 睡眠中に何かを蹴(け)るように足首の関節がピクッと動き、これを周期的にくり返す病気で、「むずむず脚症候群」の患者の約8割に認められる。動きの回数が多く、自分では気づかないまま何度も覚醒するため熟睡できず、昼間の眠気がおこる。

    解説

  • 20

    心拍数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓が1分間に拍動する回数のこと。心臓の拍動によって血液が送り出され、動脈に脈拍が生じるため、脈を数えることで簡単に測定することができる。

    解説

  • 21

    医療ソーシャルワーカー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主に病院のスタッフとして社会福祉の立場で、患者や家族からのさまざまな相談に応じ、患者の社会復帰の促進を図る専門職。MSWと略称される。

    解説

  • 22

    浸潤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般的には液体がしみ込んでぬれることを意味するが、医学的には主にがん細胞や結核菌などが体の中にしみ込むように広まっていく現象をさす。

    解説

  • 23

    被曝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放射線を浴びること。多量の放射線を浴びた場合、数週間から数カ月で髪の毛が大量に抜ける、白血球が減るなどの急性障害が起こる。

    解説

  • 24

    抗ウイルス薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感染症の原因となるウイルスの増殖を抑える薬。

    解説

  • 25

    大胸筋

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胸の上部全体を覆う大きな筋肉で、重い物を上に持ち上げたり、物を押したりするときに使われる。

    解説

  • 26

    低出生体重児

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生まれたときの体重が 2,500g 未満の赤ちゃんのことをいう。原因は、出産予定日より一定期間以上早く生まれる早産の場合と、子宮内での発育が悪い場合に大きく分けられる。

    解説

  • 27

    リウマチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「リウマチ」という言葉は広い意味では、関節や関節の周囲の骨、筋肉など、身体を支え動かす器官が炎症を起こして痛む病気全般をさします。

    解説

  • 28

    カリウム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミネラルの一種で、自然食品中に豊富に含まれる。人の体内では、ナトリウムとともに神経や筋肉の機能を正常に保つ、血圧を調整する、ミネラルのバランスを保つなど、重要な役割を果たしている。

    解説

  • 29

    クエン酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 柑橘(かんきつ)類や酢、梅干しなどに含まれている有機酸の一種。水に溶けやすくさわやかな酸味があるため、食品添加物として多用されている。

    解説

  • 30

    食中毒

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有毒な微生物や有害物質に汚染された飲食物を食べることで起こる健康障害。主な症状は、下痢、腹痛、嘔吐(おうと)などの急性の胃腸障害だが、発熱、呼吸困難、脱水、腎臓障害などを起こし死亡することもある。

    解説

57062

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ