zuknow learn together

新しい教材を作成

ヘルスケアunit4

カード 30枚 作成者: takahiro (作成日: 2014/01/15)

  • 乳酸菌

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    乳酸菌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖類を発酵させて乳酸をつくる細菌の総称で、乳酸桿菌(かんきん)、ビフィズス菌、乳酸球菌などがある。

    解説

  • 2

    若年性脳卒中

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の総称)は中高年に多い病気だが、頻度は少ないものの若年者でも発症がみられ、その場合若年性脳卒中と呼ばれる。

    解説

  • 3

    高額療養費制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重い病気やけがの治療などで入院したり、治療が長引くなどで高額な医療費がかかった場合、患者の経済的負担を軽減するために健康保険で設けている制度。

    解説

  • 4

    寛解

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病気の症状が落ち着いて安定した状態のこと。症状が一時的に軽くなったり、なくなったりした状態で、完全に治った状態を意味するのではない。このまま完全に治る可能性もあるが、再発する可能性もある。病気が完全に治ることは治癒(ちゆ)という。

    解説

  • 5

    ツボ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 指圧や鍼、灸による治療を行う際、刺激することで効果が現れる特有の部位のことで、専門用語で経穴(けいけつ)という。

    解説

  • 6

    心停止

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓の動き(拍動)が止まり、心臓から血液が送り出されなくなること。放っておけばやがては肺の動き(呼吸)も止まり、心肺停止の状態になる。

    解説

  • 7

    性感染症(STD)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セックスでうつる病気のことを性感染症とよびます。STDには、クラミジア、淋病、HIV(エイズ)、性器ヘルペス、尖形コンジローマなどがあげられます。

    解説

  • 8

    有酸素運動

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウオーキングやジョギング、エアロビクス、水泳、自転車こぎなど、軽く汗ばむ程度の運動強度で長い時間続けて行うことができる運動をいう。

    解説

  • 9

    水晶体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼球の中、角膜の後方にある両面凸状の透明な組織で、角膜とともにレンズの働きをしている。水晶体の厚みを変えることで目の焦点を合わせており、遠くを見ようとするときは薄くなり、近くを見ようとするときは厚くなる。

    解説

  • 10

    口輪筋

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くちびるを取り囲む筋肉で、口を開閉させたり、口元の表情をつくる表情筋の一つ。

    解説

  • 11

    皮脂

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毛穴の奥にある皮脂腺から分泌する脂のこと。皮脂は、血液からとりこんだ糖質や脂肪を原料にしてつくられる。

    解説

  • 12

    角質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケラチンというたんぱく質からできている、肌の表面を覆っている古い細胞のことで、しばらくすると垢(あか)となってはがれていく。

    解説

  • 13

    機能性胃腸症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検査をしても異常はないが、胃腸の不快症状がある状態をいう。

    解説

  • 14

    内分泌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 汗や唾液などが汗腺、唾液腺といった導管を通して放出されることを外分泌というのに対し、導管を通さずに分泌物(ホルモン)が血液中やリンパ液中に直接放出されることを内分泌という。

    解説

  • 15

    胆汁

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓でつくられる消化液の一種で、いったん胆のうで蓄えられ濃縮されてから十二指腸へ送られる。水分、胆汁酸、ビリルビン、コレステロールなどで構成され、脂質の消化・吸収を助ける働きをする。

    解説

  • 16

    下肢静脈瘤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脚の静脈が浮き出て見えたり、こぶのようにふくらんでしまう病気で、とくに膝から下に多くみられる。典型的な症状は、足のむくみやだるさ、ほてり、かゆみ、こむら返りなど。進行すると、血液がしみ出して皮膚が黒ずんだり、硬くなったり、潰瘍(かいよう)ができることもある。

    解説

  • 17

    MEG

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MEGは、日本語で「脳磁図」という。脳の活動には、わずかな磁場がある。このわずかな磁場をセンサーによって記録する方法。超伝導を用いたセンサーを用いていることから「SQUID」とも呼ばれている。

    解説

  • 18

    肋間神経痛

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肋間神経は肋骨(ろっこつ)に沿って走る神経で、これが何らかの原因で痛むこと。痛みはふつう片側に起こり、針で刺されたような鋭い痛みが繰り返し起こるが、持続時間は短い。

    解説

  • 19

    1型糖尿病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスリンを作っているすい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞が破壊され、インスリンがまったく、またはほとんど分泌されなくなって起こる糖尿病のこと。突然発症し、急に悪化することが多いため、早期に治療を開始する必要がある。

    解説

  • 20

    腸内細菌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動物の消化管内に生息している細菌のことで、人間にとって有用な善玉菌、有害な悪玉菌、日和見菌の3つに大別できる。

    解説

  • 21

    免疫療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間の体に本来備わっている、侵入してきた異物(抗原)を認識して排除しようとする防御システム(免疫)に働きかける治療法。

    解説

  • 22

    クロロフィル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉緑素とも呼ばれる緑色の色素。植物や藻類などに含まれ、太陽の光エネルギーを利用して水と炭酸ガス(二酸化炭素)から酸素と炭水化物を作り出す光合成において、中心的な役割を担う。

    解説

  • 23

    見当識障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分が現在おかれている環境を理解する能力(見当識)が障害された状態のことで、認知症、高次脳機能障害などでみられる。

    解説

  • 24

    真菌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カビ、イースト(酵母)、きのこなどからなる微生物の総称。有用なものと有害なものがあり、有害真菌によって起こる病気を真菌感染症という。

    解説

  • 25

    空の巣症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エンプティネスト・シンドロームともいう。子育てを終えた中〜初老期の女性(主婦)に見られる、役割喪失に伴う気のゆるみ、空虚感のこと。

    解説

  • 26

    抗インフルエンザウイルス薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフルエンザウイルスの増殖を抑えることで症状を緩和させる薬。リン酸オセルタミビル(商品名タミフル)、ザナミビル水和物(同リレンザ)などがある。

    解説

  • 27

    ガンマナイフ治療

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放射線の一種であるガンマ線を脳の病巣に集中して当てる治療法。主に脳腫瘍や脳血管奇形などに用いられ、開頭手術を行わずに脳内の病変を高い精度で治療することができる。

    解説

  • 28

    一過性全健忘症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳卒中や頭部外傷、精神的ショックがあったとき、一時的に新しい記憶が形成できなくなる状態。てんかんのひとつの症状としておこることもある。

    解説

  • 29

    オルソケラトロジー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 近視治療法の一つで、角膜矯正法ともいう。特殊な形状のハードコンタクトレンズを装用して角膜を圧迫し、角膜の形状を変えることで屈折異常を矯正して一時的に近視を軽減するというもの。

    解説

  • 30

    パンデミック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある病気が世界的に大流行すること。古くは14世紀にヨーロッパで流行した黒死病(ペスト)がある。

    解説

57003

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ