zuknow learn together

新しい教材を作成

ヘルスケアunit3

カード 30枚 作成者: takahiro (作成日: 2014/01/15)

  • 介護福祉士

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    介護福祉士

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく国家資格。身体上または精神上の障害があって日常生活に支障のある人に対し、専門の知識と技術をもって、入浴・排泄・食事などの介護を行い、介護に関する指導を行う専門職。

    解説

  • 2

    ノンレム睡眠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レム睡眠(浅い眠り)ではない深い眠りの状態をいう。筋肉の緊張は保たれているが、大脳は休んでいる状態で、眼球の動きは停止し、自律神経が安定して体温や血圧は下がり、呼吸や脈拍は遅くなる。

    解説

  • 3

    毛髪ミネラル検査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毛髪から体内のミネラル成分を分析する予防医学検査のこと。

    解説

  • 4

    抗体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • からだに害を与えるウイルスや細菌などの異物(抗原)が体内に侵入したとき、これらを撃退するために体内でつくられる物質。

    解説

  • 5

    耐性菌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗生物質に抵抗力を持ち、薬が効きにくくなった菌のこと。抗生物質は細菌を殺したり増殖を抑える働きをするが、細菌は生き残りのために抗生物質の効かない耐性菌を生み、新しい抗生物質を開発して対処しても、また新しい耐性菌が生まれるという現状がある。

    解説

  • 6

    緊急地震速報

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地震の発生直後、震源地に近い地震計で観測されたデータを解析し、揺れの強さや到達時刻を予測して知らせるシステム。

    解説

  • 7

    民生委員・児童委員

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 民生委員は、地域社会で住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行い、社会福祉の増進に努めるボランティア。

    解説

  • 8

    介護保険制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急速に進む高齢化と要介護高齢者の急増に対応するため、2000年に導入された公的保険制度。介護を必要とする状態であっても、自立した生活を送ることができるように、高齢者の介護を社会で支えていくことを最大の目標としている。

    解説

  • 9

    ステント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管や気管、消化管などの狭くなった部分を、内側から広げておくための医療機器。

    解説

  • 10

    拒食症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 若年層に好発し、ボディ・イメージの障害(「自分は太っている」と考えること)、食物摂取の不良または拒否、体重減少を特徴とする。神経性食欲不振症、神経性食思不振症、思春期やせ症とも言う。

    解説

  • 11

    疫学

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主に人間の集団を対象に、病気や事故、健康状態などについて、その原因や傾向などを統計学の手法を用いて明らかにする研究のこと。

    解説

  • 12

    エクリン腺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2種類ある汗腺のうちの一つで、体のほぼ全身に数多く分布する小さな汗腺。

    解説

  • 13

    仮面高血圧

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病院の外来で測る血圧は正常なのに、家庭で測る血圧が高い状態。将来的に脳・心血管系の障害を生じる危険性が高い病態と考えられる。

    解説

  • 14

    アロマテラピー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 植物のもつ香りを利用して心や体を健康にする自然療法で、狭義には植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使用する健康法をいう。アロマとは芳香、テラピーとは療法のこと。

    解説

  • 15

    2型糖尿病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖尿病になりやすい遺伝的な体質に加え、食べ過ぎ、運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因となって発症する糖尿病のこと。

    解説

  • 16

    虚血性心疾患

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓の筋肉(心筋)に血液を送っている動脈(冠動脈)の内側が狭くなったり塞がったりすることで、心筋が酸素不足になり、心臓の機能が低下することでおこる心臓病のこと。

    解説

  • 17

    生活不活発病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体を動かさない状態が続くことが原因で心身の機能が低下していく病気。医学用語では「廃用症候群」といって、「廃用」は使わないことを意味する。

    解説

  • 18

    不定愁訴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さまざまな自覚症状があるのに、検査をしても異常が見つからなかったり、異常は見つかってもその原因がどこにあるのか診断ができないような症状をいう。

    解説

  • 19

    栄養機能食品

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いわゆる健康食品のうち、厚生労働省が定めた一定の条件を満たす「保健機能食品」の一つ。普段の食事で不足する栄養成分の補給を目的とし、栄養成分の機能表示が認められた食品。

    解説

  • 20

    不活化ワクチン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 化学的な処理によって細菌やウイルスの病原性(毒性)をなくし、免疫をつくるのに必要な成分だけを取り出して作ったワクチンのこと。

    解説

  • 21

    ハーブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • よい香りのする植物で、健康、美容など生活に役立つものをいう。語源はラテン語のHerba(ヘルバ)で、古くから薬草として栽培されてきたものもある。

    解説

  • 22

    ハウスダスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 室内塵のことをハウスダストという。

    解説

  • 23

    カンジダ症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カンジダというカビの一種の感染によって起こる病気の総称。カンジダは口の中、消化管、膣などの粘膜に生息する常在菌で、ふつうは人体に害を及ぼさないが、体の抵抗力が低下したときに増殖し、口腔、膣、皮膚、爪、気管支、肺、胃、腸などにさまざまな症状を起こす。

    解説

  • 24

    褐色脂肪細胞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪細胞には白色と褐色の2種類があり、白色脂肪細胞が体に入ってきたエネルギーを中性脂肪として蓄えるのに対し、褐色脂肪細胞は体内に蓄積されたエネルギーを燃やして放出する。

    解説

  • 25

    アロマポット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エッセンシャルオイル(精油)の香りを部屋に漂わせるための香炉のこと。キャンドル式と電気式があり、上置きの皿にオイルを数滴たらし、下からろうそくの火や電球の熱で温めることで精油から揮発成分を拡散させ、香りを漂わせるというもの。

    解説

  • 26

    医療費控除

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1年間に納税者本人や生計を共にする配偶者、その他の親族が支払った医療費が合わせて10万円または所得金額の5%(どちらか少ないほう)を超えた場合は、確定申告をすると所得税が安くなる(既に納税しているときは戻ってくる)場合がある。これを「医療費控除」という。

    解説

  • 27

    男性ホルモン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 睾丸(こうがん)と副腎から分泌される性ホルモンのことで、アンドロゲンともいう。テストステロン、アンドロステネジオン、デヒドロエピアンドロステロンの3種類があり、健康な男性では1日約7mgの分泌があるといわれる。

    解説

  • 28

    ビフィズス菌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳酸菌の一種で、人の腸内で健康によい働きをする有用菌として注目される。有害菌を追い出して腸内環境を整え、便秘を防いだり、病原菌の侵入を防ぎ体を守る役割をする。

    解説

  • 29

    強迫性障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不安障害の一つ。強い不安や不快な考えが浮かんで頭から離れず、それを打ち消すために無意味な行為をくり返し行ってしまう。たとえば、家を出た後かぎをかけ忘れたのではという不安が高まり(強迫観念)、家に戻っては確認するという行為をくり返す(強迫行為)。

    解説

  • 30

    アセトアルデヒド脱水素酵素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飲酒によって体内に入ったアルコールが分解されると、体に有害なアセトアルデヒドという物質ができる。これをさらに肝臓内で酢酸に分解するのがアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)。

    解説

56661

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ