zuknow learn together

新しい教材を作成

ヘルスケアunit2

カード 30枚 作成者: takahiro (作成日: 2014/01/15)

  • 薬物乱用

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    薬物乱用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 覚せい剤など法律で使用が禁止されている薬物を使用したり、医薬品を本来の目的以外に使用、または使用容量を大きく外れて使用すること。

    解説

  • 2

    行動変容

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 習慣化している望ましくない行動パターンを、望ましい行動パターンに変えること。

    解説

  • 3

    加圧トレーニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腕や脚の付け根の部分に専用のベルトをつけて適正な圧力をかけ、血流を適度に制限した状態で行うトレーニングのこと。少ない負荷で大きな効果が得られるとされている。

    解説

  • 4

    自律神経

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本人の意思とはかかわりなく独立して働いている神経。呼吸・血液循環・消化吸収・排泄などの働きをコントロールし、生命維持に必要な体内環境を整える役割をする。

    解説

  • 5

    イソフラボン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大豆胚芽に多く含まれる植物性ポリフェノールの一種。豆腐、納豆、みそ、きなこなど、大豆を原料とする食材に豊富に含まれる。

    解説

  • 6

    無酸素運動

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瞬間的に強い力を必要とする運動のことで、短距離走、ウエートトレーニング、スクワット、腕立て伏せなどがこれにあたり、筋力増強の効果がある。運動中に呼吸をしないわけではなく、エネルギーを生み出すのに酸素を必要としないためこう呼ばれる。

    解説

  • 7

    声がれ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 声がれには、ガラガラした声、息もれを伴うかすれ声、弱々しい声などさまざまな声の異常がある。こうした声がれは、嗄声(させい)という。

    解説

  • 8

    ワクチン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感染症の予防のために、人や動物に接種して免疫をつくらせる医薬品のこと。

    解説

  • 9

    COPD

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「慢性閉塞性肺疾患」のこと。以前は「慢性気管支炎」と「肺気腫」と呼んでいた慢性の呼吸困難症を総称した病名。汚染された空気を長期間にわたりくり返し吸うことにより、肺や気管支が慢性的に炎症を起こし、空気の通り道が狭くなって普通の呼吸がしづらい状態。

    解説

  • 10

    結核

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せきやくしゃみで空気中に吐き出された結核菌を吸い込むことでうつる感染症。

    解説

  • 11

    ピーリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古い角質を人工的にとり除き、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促すことをいう。酸で角質をとかすケミカルピーリングや、こする、削るなど物理的な刺激で角質をとり除く方法などがある。

    解説

  • 12

    歯科治療恐怖症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過去に受けた歯科治療が原因で、歯科治療が怖くて受けられなくなった状態のこと。恐怖心や痛みを感じにくくする笑気吸入鎮静法や、静脈内に鎮静薬を投与する静脈内鎮静法、心理的アプローチとして系統的脱感作(けいとうてきだつかんさ)療法もある。

    解説

  • 13

    リバウンド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダイエットを中断したとき、体重が短期間で増加することをいい、元は英語のrebound で「はね返る」の意味。

    解説

  • 14

    NSAIDs(エヌセイズ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非ステロイド系消炎鎮痛薬(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)の略語で、エヌセイズと呼ばれる。抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を持つステロイド薬ではない薬剤の総称で、痛みや発熱で使用される多くの解熱鎮痛薬がこれに当たる。

    解説

  • 15

    エコノミー症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長時間、足を動かさずに座っていると血の流れが徐々に悪くなり太ももの奥にある静脈に血のかたまり(深部静脈血栓)ができます。飛行機から降りようと立ち上がった時にその血栓が血液の流れに乗って移動し、肺動脈を閉塞するというものです。症状としては、胸痛、呼吸困難、頻呼吸(呼吸回数が多い)があげられます。

    解説

  • 16

    PNF

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本来は脳血管障害などによる後遺症の機能回復訓練の手段として行われてきた手技療法で、これを応用したものをPNFストレッチングという。基本的に2人1組で行う。

    解説

  • 17

    エンドルフィン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳内ホルモンの一種で、強力な鎮痛剤でもある麻薬モルヒネと化学構造が似ているため、脳内麻薬物質または脳内モルヒネと呼ばれている。

    解説

  • 18

    椎間板ヘルニア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 背骨は椎骨という骨が積み重なってできており、椎間板は椎骨と椎骨の間にはさまってクッションの役割をしている。

    解説

  • 19

    腸管出血性大腸菌  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人に下痢などの症状を起こす病原性大腸菌のうち、強い毒素を出し、出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(HUS)などを起こすものを「腸管出血性大腸菌」と呼ぶ。

    解説

  • 20

    スポーツドリンク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナトリウムやカリウムなどのミネラルや糖質を含んだ清涼飲料水。体液に近い成分に調整されているため、体内への水分の吸収がスムーズで、発汗時に水分とともに失われる体のミネラル分を補給することができ、糖質によるエネルギーの補給源にもなる。

    解説

  • 21

    インフォームド・コンセント(説明と同意)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医師が治療方法について患者が納得のいくまで説明をし、患者はその説明内容を理解して、納得・同意したうえで治療を受けるという考え方。

    解説

  • 22

    眼圧

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼球内の圧力のことで、眼球に一定のはりを与え形を保っている。

    解説

  • 23

    化学療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • がん細胞や病原体を薬品や抗生物質を使用して攻撃する治療法のことで、がん、感染症、自己免疫疾患などで用いられる。

    解説

  • 24

    レディスドック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 婦人科クリニックなどが行っている女性専用の人間ドックのこと。一般の健康診断や婦人科診察(問診と内診)に加え、子宮がん、乳がん、卵巣がん、骨粗しょう症、甲状腺やホルモン系の病気、膠原(こうげん)病など女性に特有な病気が検査項目に組み入れられている。

    解説

  • 25

    クオリティ・オブ・ライフ(QOL、生命の質)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本語では「生命の質」、「生活の質」、「生きることの質」などと訳され、頭文字をとってQOLとも称される。

    解説

  • 26

    心室細動

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓は規則的に収縮して体中に血液を循環させているが、心臓の心室が不規則に細かく震えるだけで収縮しなくなった状態を心室細動という。これが起こると心室のポンプ作用が失われて血液を送り出すことができなくなり、数分で脳に酸素が行かなくなる。

    解説

  • 27

    カテキン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • お茶の苦味や渋みの成分で、ポリフェノールの一種、フラボノイド系に属する。カテキンは緑茶に最も多く含まれ、抗酸化力が強くがんや生活習慣病の予防に効果があると言われている。

    解説

  • 28

    自己免疫疾患

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正常な免疫システムは、細菌やウイルスなどの異物(非自己)が体内に入ってきたとき、これを攻撃して体を守る。それに対し自己免疫疾患では、免疫システムの異常から自分自身(自己)の組織を異物と認識し、自分の体を攻撃する因子(自己抗体)を作って自己の細胞や組織を攻撃し、炎症や組織の損傷を起こす。

    解説

  • 29

    飛蚊症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視野に黒い点や虫のようなものがゆらゆらと動いて見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)といいます。これは眼の中を広く覆っている卵の白身のような物質・硝子体(しょうしたい)のなかに浮かんでいる濁りが景色に重なって見えるために起こります。

    解説

  • 30

    骨密度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨密度とは、骨中のカルシウムなどミネラル成分の密度を科学的に数字で表したものです。

    解説

56667

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ