zuknow learn together

新しい教材を作成

ヘルスケアunit1

カード 30枚 作成者: takahiro (作成日: 2014/01/15)

  • アイソトニック

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アイソトニック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 等張性筋収縮ともいう。関節を動かし、筋肉の長さを変えながら力を発揮させる運動のこと。

    解説

  • 2

    坐骨神経痛

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 坐骨神経は、腰椎から出てお尻、太ももの後ろ、膝、ふくらはぎ、足の先まで走っている神経で、これが刺激や圧迫などを受けたために神経に沿って激しい痛みやしびれを生じるもの。

    解説

  • 3

    中殿筋

    補足(例文と訳など)

    答え

    • お尻の側面にある筋肉で、大殿筋の奥にあって骨盤の上辺から大腿骨のつけ根をつないでいる。骨盤が下がらないように支え、下半身のバランスを保つとともに、股関節を外転させる(脚を外側に上げる)働きなどをする。

    解説

  • 4

    新型インフルエンザ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過去に人間が感染したことのないタイプのウイルスによっておこるインフルエンザのこと。

    解説

  • 5

    西ナイル熱

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西ナイルウイルスによる感染症。人間は感染した蚊に刺されることで感染し、人から人へは感染しない。約8割は無症状だが、2〜14日の潜伏期間の後、高熱で発症し、頭痛、背部痛、筋肉痛などの症状がみられ、リンパ節のはれや発疹が現れることもある。ごくまれに脳炎を起こして死亡する人もいる。

    解説

  • 6

    ビタミンB1

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水溶性ビタミンの一つで、化学名をチアミンという。糖質がエネルギーに変わるのを助ける働きをする。ビタミンB1が不足すると、疲れやすい、だるいなど夏バテのような症状が出る。

    解説

  • 7

    確定診断

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何の病気なのかをはっきりと決める診断のこと。例えば乳がんでは、視触診や画像検査でしこりや石灰化が見つかっても、乳がんではなく乳腺炎などほかの病気である可能性もあるため、しこりや石灰化した部分の組織を調べる生検などを行い、乳がんかどうかを最終的に判断する。

    解説

  • 8

    アセチルコリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳内で神経細胞から神経細胞へと情報を伝える神経伝達物質の一種。副交感神経や運動神経で刺激を伝達し、血管拡張、心拍数低下、消化機能亢進、発汗などを促す作用があり、また、学習、記憶、睡眠、目覚めなどに深くかかわっている。

    解説

  • 9

    介護予防

    補足(例文と訳など)

    答え

    • お年寄りが、寝たきりになるなどの介護が必要な状態になったり、また介護が必要であってもそれ以上悪化させないようにしたりすること。

    解説

  • 10

    マクロビオティック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 玄米菜食を基本とした健康法。桜沢如一氏(1893〜1966)が確立し、欧米を中心に広まった。

    解説

  • 11

    ストレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • もともと圧迫、圧力、緊張、ひずみなどを意味する英語。カナダの生理学者ハンス・セリエが1936年に「ストレス学説」を発表し、医学の場でも使われ始めた。医学的には、体に何らかの刺激(ストレッサー)が加わって、心身に負荷がかかった状態をいう。

    解説

  • 12

    がん

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医学用語では悪性新生物(悪性腫瘍)。体を形づくっている細胞の一つひとつは、正常な細胞をつくるように設計された遺伝子をもっているが、遺伝子に異常が生じ、細胞がルールを無視して勝手に増殖する病変を新生物(腫瘍)という。

    解説

  • 13

    歯ぎしり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 口の中に食物がない状態で下あごを前後左右に動かし、上下の歯を強くこすりあわせる習癖。

    解説

  • 14

    拡張期血圧(最低血圧)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血圧とは心臓のポンプ作用によって全身に血液が送り出されるときに、血管に与える圧力のこと。心臓が血液を送り出すために収縮したときの血圧を収縮期血圧(最高血圧)といい、逆に拡張した時の血圧を拡張期血圧(最低血圧)という。

    解説

  • 15

    心理カウンセリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心理療法の専門家であるカウンセラーが相談者(クライエント)の心理上の問題や悩みなどを面接してその内容を分析し、専門的な立場から助言をしたり解決のための援助をすること。

    解説

  • 16

    レプチン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪細胞から分泌されるホルモンで、肥満遺伝子の研究の際に発見された。視床下部に作用して食欲を抑え、エネルギー消費を増大させるなど、食欲と体重を調整する働きをしていると考えられている。

    解説

  • 17

    肝臓

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上腹部の右側で肋骨の下にある人体最大の臓器。成人では重さが1.2〜1.5kgもある。食べ物から摂取した栄養素を体が利用できる形にしたり貯蔵・供給する「代謝」、有害物質を無毒化する「解毒」や、脂肪などの分解・吸収を助ける胆汁の分泌などの重要な働きをしている。

    解説

  • 18

    体脂肪率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体脂肪とは体内に蓄積された脂肪、つまり皮下脂肪と内臓脂肪のことで、体脂肪率は体脂肪量(重さ)が体重に占める割合のこと。

    解説

  • 19

    女性型脱毛症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭全体に抜け毛が増えて薄毛になる「びまん性脱毛症」は女性に多く、「女性型脱毛症」ともいわれる。

    解説

  • 20

    解熱剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 熱を下げるための薬で、飲み薬と坐薬(ざやく)がある。熱を一時的に下げるだけで、病気を治す薬ではなく、熱によって体力を消耗したり、眠ることができない場合などに用いる。

    解説

  • 21

    炎症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生体が有害な刺激を受けたときに、体の一部または全身に発赤(ほっせき)やはれ、痛み、発熱などの症状をおこすこと。

    解説

  • 22

    サプリメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不足している栄養素を補うための食品。栄養補助食品。一人一人の栄養所要量は、年齢や性別、生活環境、健康状態や活動量、体質などによって異なりますが、基本的には、毎日の食事で確保するものです。

    解説

  • 23

    人工涙液

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目が乾燥するドライアイの治療などに用いられる、涙に似た成分でつくられた目薬で、不足する涙を補うためこまめに点眼する。

    解説

  • 24

    潰瘍

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮膚や粘膜の表面が何らかの原因で傷つき、深くえぐられた状態のこと。一般に傷の深いものを潰瘍、浅いものをびらんという。

    解説

  • 25

    DNA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デオキシリボ核酸の略称で、ウイルスの一部を含むほぼすべての生物の細胞中に存在し、遺伝子を構成する。デオキシリボース、リン酸、塩基(アデニン・グアニン・シトシン・チミン)が結合して鎖を作り、二重のらせん構造を形成している。

    解説

  • 26

    社会不安障害(SAD)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Social Anxiety Disorder:SAD(エス・エー・ディー)とも呼ばれます。以前「対人恐怖症」とよばれていたものの一部分の症状です。

    解説

  • 27

    院内感染

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病院や患者の収容施設で、患者や医療従事者がかかる感染症のことです。特に体力の衰えた人たちの間で容易に感染が連鎖していきます。入院後2〜3日以上経ってから起こったものをいいます。

    解説

  • 28

    グルカゴン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すい臓のランゲルハルス島にあるα細胞から分泌されるホルモン。29個のアミノ酸からなる物質で、グリコーゲンを分解して血糖値を上昇させるはたらきをもつ。

    解説

  • 29

    自然気胸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺の空気が漏れ、胸腔(きょうくう:肋骨や胸骨などによって囲まれ、心臓や肺が収まっている空間)にたまった状態を気胸という。

    解説

  • 30

    腫瘍マーカー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康な人でもわずかながら体内に存在する物質だが、がんが発生したときより多く作り出され、血液や尿から検出されることで、がんの存在や種類、進行程度などの目安となるもの。

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ