zuknow learn together

新しい教材を作成

【ITパス】システム構成要素

カード 23枚 作成者: taku (作成日: 2014/01/15)

  • 集中処理

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    集中処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一つのホストコンピュータで全ての処理を実行する処理形態。

    解説

  • 2

    フォールバック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 障害発生箇所を切り離して、処理能力を低下させて運転している状態のこと。

    解説

  • 3

    ベンチマーク法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムを実際に実行させて、コンピュータシステムの性能評価を行う手法。

    解説

  • 4

    フェールセーフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムの一部に障害が発生した場合、その影響をできるだけ安全な方向へ傾ける考え方。

    解説

  • 5

    フォールトトレラント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムの一部に障害が発生しても、常にシステムの稼動を正常状態に維持しようとする考え方。

    解説

  • 6

    デュアルシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二つのコンピュータが同一の処理を行い、この2つの処理を一定期感覚で照合する方式。

    解説

  • 7

    RPC(Remote Procedure Call)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラム間の通信方式の一つで、ネットワーク上にある遠隔地のコンピュータの処理を呼び出す手法。

    解説

  • 8

    スループット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュータが単位時間当たりに処理できる命令数などの業務処理量のこと。

    解説

  • 9

    分散処理のデメリット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のコンピュータを管理するため、運用管理、セキュリティ管理、障害児の対応が困難。複数のコンピュータ間でのデータの整合性確保が困難。

    解説

  • 10

    集中処理のメリット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運用管理、セキュリティ管理、障害時の対応が容易。データの整合性の確保が容易。

    解説

  • 11

    フールプルーフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用者の入力ミスや誤操作への対策をあらかじめ設計しておくこと。

    解説

  • 12

    分散処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のコンピュータで分担して処理を実行する処理形態。水平機能分散と垂直機能分散がある。

    解説

  • 13

    ホットスタンバイシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主系と従系のシステムから構成され、主系ではオンライン処理を行い、障害時に直ちに従系が稼動して業務を継続。

    解説

  • 14

    垂直機能分散(クライアントサーバ型)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネットワークに接続するコンピュータに従属関係が存在し、処理を以来する側と受け取る側を分散する処理形態。

    解説

  • 15

    分散処理のメリット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すべて同時に障害が発生し泣ければシステム全体をダウンさせずにシステムの継続稼動が可能。機能拡張はサーバの追加で容易に対応可能。

    解説

  • 16

    ターンアラウンドタイム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バッチ処理においてコンピュータにジョブを投入してから、処理結果を得るまでの時間のこと。

    解説

  • 17

    TCO

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Total Cost of Ownership。情報システムを構築・運用する際の初期コストと運用コストの総額費用のこと。

    解説

  • 18

    フェールソフト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムの一部に障害が発生した場合、障害発生箇所を切り離して性能や機能の処理を低下させてもシステムの運転を継続させる考え方。

    解説

  • 19

    デュプレックスシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主系と従系の2系統のシステムから構成され、主系ではオンライン処理を行い、従系ではバッチ処理を行いながら予備機として待機。

    解説

  • 20

    稼働率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 稼働時間と修理時間を足したシステム運用時間に対する稼働時間の割合のこと。

    解説

  • 21

    集中処理のデメリット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 障害が発生すると、業務継続が不可能。機能拡張は全体負荷を意識した改修となるため、対応は困難。

    解説

  • 22

    水平機能分散(ピアツーピア型)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネットワーク上の全てのコンピュータが対等な立場で接続し、データを共有しつつ機能を分散する処理形態。

    解説

  • 23

    クラスタシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のコンピュータを相互に連携させ、全体を1台の高性能なコンピュータであるかのように利用する方式。

    解説

56662

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ