zuknow learn together

新しい教材を作成

小学校の教科

カード 10枚 作成者: ヤマちゃん (作成日: 2013/11/01)

  • 国語

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

小学生の全教科です。
外国語が増えたのが特徴ですね。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 中国語(中国)
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    国語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本の学校教育において、日本語および言語表現の理解、言語による表現方法の獲得などを目的として行われる教科であり、初等教育(小学校の段階)から中等教育(中学校・高等学校の段階)に設けられている。戦前の中等教育で国漢科とされていたものがおおむねこれに該当する。

    解説

  • 2

    社会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会科は、児童生徒に対して、科学的な社会認識を形成し、それを通して市民として生活するための資質を育てることを目的とする教科である。科学的な社会認識の形成とは、幅広い社会諸科学(地理学、歴史学、政治学、経済学、社会学、倫理学)を手段として、人間社会の在り様を理解することを指す

    解説

  • 3

    算数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国ごとに教える内容や教え方、教科書のあり方などに相違点がある。例えば日本では乗法に関して、「九九」すなわち9×9の数表を教え暗記させているが、インドでは「20×20」(19×19)の数表を教え暗記させている。また、日本では「2+3=□」というタイプの、答えが基本的にはひとつしかないような課題が主として出されるのに対し、ヨーロッパなどでは初期の段階から「□+□=5」といったような課題を頻繁に提示し、答えがひとつではなく複数あり、様々な数学的な発想・探求へといざなうような教育がされることが多い。

    解説

  • 4

    理科

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教科「理科」は、物理学・化学・生物学・地学など、数学以外の自然科学の内容をまとめたものである。小学校・中学校では理科という単一の教科名ですべての児童・生徒が履修する。高等学校では、いくつか用意されている科目の中から、学校の教育方針や生徒の進路に応じて数科目を選択し履修する。そのため高等学校で「理科」という語は理系進学者のための基礎教養課程を指すこともある。

    解説

  • 5

    音楽

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教科としての「音楽」は、小学校・中学校および特別支援学校の小学部、中学部では、週1~2時間程度の必修科目として位置づけられている。その目的は音楽的な技能の習得そのものに加え、「音楽に対する感性を育てる」「豊かな情操を養う」など[1]、形式陶冶的な側面が含まれている。

    解説

  • 6

    図画工作

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低学年・中学年・高学年の3段階に分けられ、発達段階に応じた学習目標が提示されている。活動内容は大きく「表現」と「鑑賞」に分けられる。両者を統合した全体目標は、3段階に分けて以下のように示されている。■低学年…表したいこと、つくりたいものを自分の表現方法でつくりだす喜びを味わうようにする。■中学年…豊かな発想や創造的な技能などを働かせ、その体験を深めることに関心をもつとともに、進んで表現する態度を育てるようにする。■高学年…造形的な能力を働かせるとともに、自らつくりだす喜びを味わい、様々な表し方や見方に触れ、創造的に表現する態度を育てるようにする。

    解説

  • 7

    体育

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体育は、英語のphysical education(身体教育)の訳語として戦後の教育改革において新しく導入された科目である。保健体育はphysical and health educationの訳語である。(しかし、東京大学大学院教育学研究科では、保健体育研究室と名のらずに、身体教育学研究室としている。)

    解説

  • 8

    家庭

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A 家庭生活と家族、B 日常の食事と調理の基礎、C 快適な衣服と住まい、D 身近な消費生活と環境

    解説

  • 9

    生活

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会と理科を廃して設置されたため、この両者を統合して授業を行うものであると考えられがちであるが、実際は別の教科である。内容のほとんどが体験的な活動を重視しており、特に体系化された内容は含まれない。

    解説

  • 10

    外国語(英語)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外国語教育(がいこくごきょういく)とは、外国語を習得させることを目的とした教育の総称。母語(第一言語)習得が乳児期以降に養育者をはじめとする周囲の環境の中で自発的に起こるのに対し、外国語習得には習得者の目的意識を持った知的営為として行われる点で大きな違いがある。

    解説

56767

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ