zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H26 応用 (1~50)

カード 250枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2015/06/03)

  • 再発予防・外傷予防のためのスポーツ動作エクササイズについて、スポーツ動作エクササイズから個別エクササイズへ移行させる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    再発予防・外傷予防のためのスポーツ動作エクササイズについて、スポーツ動作エクササイズから個別エクササイズへ移行させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    再発予防・外傷予防のためのスポーツ動作エクササイズについて、複合関節運動から単関節運動へ移行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    再発予防・外傷予防のためのスポーツ動作エクササイズについて、動作の問題への対応を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    再発予防・外傷予防のためのスポーツ動作エクササイズについて、動的アライメントよりも静的アライメントを重要視する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    再発予防・外傷予防のためのスポーツ動作エクササイズについて、open kinetic chain(OKC)から closed kinetic chain(CKC)へ移行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    投球動作にとって骨盤・体幹の回旋(回転)は力源として重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    投球動作における股関節や体幹の運動について、ステップ脚の骨盤回旋(回転)は、主に股関節の外転・外旋運動である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    投球時の股関節運動は主に固定された大腿部に対する骨盤の運動としてとらえることかできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    投球動作における股関節や体幹の運動について、右投手の場合、加速期からフォロースルー期にかけて体幹は骨盤に対して主に左回旋す る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    投球動作における股関節や体幹の運動について、加速期からフォロースルー期にかけてステップ脚の股関節は主に屈曲運動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    腰部疾患のアスレティックリハビリテーションについて、腹筋や背筋の筋力強化は、腰椎の動きが少ない姿勢で静的なものから動的なものへ、負荷の質を段階的に変化させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    腰部疾患のアスレティックリハビリテーションについて、腹臥位で背筋のトレーニングを行うときには、腹筋を緊張させ、股関節伸展や肩甲骨の 内転運動を意識させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    腰部疾患のアスレティックリハビリテーションについて、下腹部の腹筋群の緊張が維持できない場合は、腹部に徒手や他の適切な物を押しあてて 腹部を刺激すると下腹部の緊張が得られやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    腰部疾患のアスレティックリハビリテーションについて、背臥位でのブリッジ動作は、股関節屈曲運動における腹筋群と股関節屈筋群の協調性を 効果的に高めることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 15

    腰部疾患のアスレティックリハビリテーションについて、反射的な腹筋収縮を習得させるには、持続的な等尺性運動が効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 16

    サーキットトレーニングについて、高強度タイプは、全身持久力や筋力などの発達に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 17

    サーキットトレーニングについて、多回数タイプは負荷を低くし、反復回数を多くする方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    サーキットトレーニングについて、使用する負荷には、自分やパートナーの体重、バーベルやダンベル、トレーニングマシーンを用いる方法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    ウエイト・サーキットトレーニングは、一つのステーションで限定された時間の中て1RM の 80%程度の重量で多くの回数を行う方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 20

    サーキットトレーニングについて、多回数タイプの休息時間は高強度タイプよりも長めにとる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    体力測定について、反応時間は、神経系の伝達時間と筋の収縮時間という二つの要素から構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    体力測定について、選択反応時間テストでは、全身反応時間と全く同様の要素を計測することになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    体力測定について、立位ステッピングテストにおいては、細かいステップ動作が必要な球技系の競技者が、低値を示す傾向にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    体力測定について、ステップ 50 では、球技スポーツなどに必要な敏捷性を評価することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    体力測定について、多方向への敏捷性の評価には、T テストより反復横跳びの方が適している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    ラグビーにおいて、外傷発生が最も多いプレーは ラック である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    ラグビーにおいて、外傷発生が最も多いプレーは タックル である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    ラグビーにおいて、外傷発生が最も多いプレーは スクラム である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    ラグビーにおいて、外傷発生が最も多いプレーは ラインアウト である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 30

    ラグビーにおいて、外傷発生が最も多いプレーは ランニングプレー である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 31

    プッシュプレスの方法について、素早く力強くバーベルを肩から頭上へ押し上げる動作である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    プッシュプレスの方法について、股関節と膝関節による加速は、バーベルを頭上までの距離の 3 分の 2 まで上げるのに必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 33

    プッシュプレスの方法について、開始姿勢では、バーベルは肩幅より広く逆手で握る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    プッシュプレスの方法について、上げる動作では、ハーフスクワット程度まで膝を曲げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 35

    プッシュプレスの方法について、下ろす動作では、バーベルが肩に触れた時に股関節と膝関節を同時に若干曲げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    救急処置用器材について、パルスオキシメータは動脈血酸素飽和度を測定する装置である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    救急処置用器材について、ソフトシーネはバンデージや三角巾と合わせて使用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    救急処置用器材について、一方弁付きシールドは、洗浄すれば複数回使用できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 39

    救急処置用器材について、頭頚部外傷の搬送でバックボードを使用する場合は、ストラップによる固定が必要ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 40

    救急処置用器材について、血圧計は、整形外科疾患の評価や判断には用いない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    膝内側側副靭帯損傷のアスレティックリハビリテーションについて、knee bent walk(KBW)は股・膝関節屈曲位を保持し、膝が内反しないよう重心の高さ を一定に保つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    膝内側側副靭帯損傷のアスレティックリハビリテーションについて、ランニングは直線走から開始し、痛みや不安感に注意して、段階的にスピートや距離を 上げていく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    膝内側側副靭帯損傷のアスレティックリハビリテーションについて、横への動きは side KBW から始め、段階的にクロスオーバーステップ、サイドステップ の順に取り入れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 44

    膝内側側副靭帯損傷のアスレティックリハビリテーションについて、ツイスティングは復帰の際に重要なスキルだが、スパイクを使う競技ではニーリフトなども取り入れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    膝内側側副靭帯損傷のアスレティックリハビリテーションについて、跳躍動作はジャンプオフから始め、段階的にジャンプオンやプライオメトリックへ移行 するとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    関節可動域測定の目的について、関節機能の客観的な把握

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    関節可動域測定の目的について、関節機能の病態診断

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 48

    関節可動域測定の目的について、運動・動作障害の原因分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    関節可動域測定の目的について、治療方針やリハビリテーションプログラム作成の資料

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    関節可動域測定の目的について、治療効果の判定資料

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    アスレティックリハビリテーションについて、機能評価では、体力、運動能力に関する測定、情報収集も必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    アスレティックリハビリテーションについて、発生機転や主訴となるスポーツ動作については、スポーツ復帰の段階で確認をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 53

    アスレティックリハビリテーションについて、動作を改善するためのエクササイズもプログラムに含める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    アスレティックリハビリテーションについて、再発予防に関する対象者の理解は、医師と指導者が確認すればよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    アスレティックリハビリテーションについて、リスク管理とは、痛みや腫脹の発生に注意することをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    パワースナッチの方法について、床から頭上まで、素早く力強くバーベルを引き上げる動作である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    パワースナッチの方法について、開始姿勢の足幅は、肩幅程度にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    パワースナッチの方法について、手幅は、腕を横に伸ばした両肘間の距離とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    パワースナッチの方法について、ファーストプルでは、腕を伸ばし緊張させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    パワースナッチの方法について、スクープにおいて、バーベルが膝を通過する前に下腿部に沿ってバーヘルを引き上げる ように股関節を伸展させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    体力測定について、高齢者の機能的状態は若年者と比べて個人差が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    体力測定について、全ての年代において共通の項目て評価される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 63

    体力測定について、厚生労働省の調査として行われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 64

    体力測定について、75 歳以上の高齢者は転倒や骨折の危険性が高いため実施しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 65

    体力測定について、上体起こしは全ての筋の能力を反映する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 66

    競技と代謝特性の関係について、陸上競技の 100m 走は主に ATP-PCr 系を利用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    競技と代謝特性の関係について、競泳の 50m 種目は主に解糖系を利用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    競技と代謝特性の関係について、陸上競技の中距離種目は主にグリコーゲンをピルビン酸に分解し、TCA回路にとりこま れる経路を利用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    競技と代謝特性の関係について、トライアスロンは主にグリコーゲンがアセチル CoA に転換され、TCA 回路にとりこまれ る経路を利用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 70

    競技と代謝特性の関係について、スピードスケートの 1000m 滑走は主に ATP-PCr 系を利用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 71

    頚椎捻挫の競技復帰基準について、頚部の正常な関節可動域が確保されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    頚椎捻挫の競技復帰基準について、頭部を保持する十分な筋力が回復している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    頚椎捻挫の競技復帰基準について、頚部の神経症状は残存してもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    頚椎捻挫の競技復帰基準について、頚部の疼痛誘発テストが陰性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    頚椎捻挫の競技復帰基準について、対象者が頚部外傷を回避する知識と技術を有している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    アスレティックトレーナー(AT)の活動について、合宿では、スタッフのストレスマネジメントにも配慮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    アスレティックトレーナー(AT)の活動について、遠征時の移動時間は確認しておくが、移動手段までは考慮する必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 78

    アスレティックトレーナー(AT)の活動について、試合は競技者にとって特別であるため、AT も日頃とは異なった準備で臨むことを意識す る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    アスレティックトレーナー(AT)の活動について、決められたチームスケジュールには従い、深く関わらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 80

    アスレティックトレーナー(AT)の活動について、トレーナーバッグの内容は、必要物品等を欠くことがないように常にチェックしておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    敏捷性とは体の一部もしくは全身をいかに素早く動かせるかを示す能力である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 82

    複雑な動作における敏捷性獲得には協調性は不要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    敏捷性の測定において、神経系の要素が強いテストは主にフィールドテストにて行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    50m 走と 10m×5 のシャトルランのタイム差を、協調性の指標とすることもできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 85

    敏捷性を評価する場合、競技特性を考慮した測定も必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 86

    競技種目と関連性の高い動作及び外傷・障害の組み合わせとして、サッカー ― 蹴る ― 下腿三頭筋肉ばなれ は正しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 87

    競技種目と関連性の高い動作及び外傷・障害の組み合わせとして、野球 ― 投げる ― 肘内側側副靭帯損傷 は正しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    競技種目と関連性の高い動作及び外傷・障害の組み合わせとして、陸上競技 ― 走る ― 大腿屈筋群肉ばなれ  は正しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    競技種目と関連性の高い動作及び外傷・障害の組み合わせとして、バスケットボール ― 方向転換 ― 足関節内反捻挫  は正しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    競技種目と関連性の高い動作及び外傷・障害の組み合わせとして、ラグビー ― 当たる ― 肩関節脱臼  は正しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    走動作におけるエンデュランストレーニングの一つとして、ファルトレクトレーニング がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    走動作におけるエンデュランストレーニングの一つとして、インターバルトレーニング がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    走動作におけるエンデュランストレーニングの一つとして、ラダートレーニング がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 94

    走動作におけるエンデュランストレーニングの一つとして、ロング・スロー・ディスタンス(LSD)  がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 95

    走動作におけるエンデュランストレーニングの一つとして、トーイング がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 96

    股関節内転運動は前額面、「矢状-水平軸」で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    肩関節水平伸展運動は矢状面、「前額-水平軸」で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 98

    膝関節伸展運動は前額面、「矢状-水平軸」で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 99

    頚部の回旋は水平面、垂直軸で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 100

    肩関節外転運動は水平面、「前額-水平軸」で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 101

    物理療法について、スポーツ外傷・障害の予防とケアを推進するためには、物理療法を適切に活用すること が大切である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    物理療法について、ハイドロコレータを用いたホットパックは、深部筋に対する温熱刺激として用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 103

    物理療法について、寒冷過敏症、レイノー現象、末梢循環障害は寒冷療法の禁忌となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 104

    物理療法について、温熱療法の生理学的効果には、血管拡張、疼痛閾値の上昇、代謝率の上昇、組織伸展性 の上昇などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 105

    物理療法について、対流冷却法としては、フルオリメタンなどの気化熱を利用したコールドスプレーが用い られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 106

    アイシングについて、冷却媒体の温度が低いほど効果が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 107

    アイシングについて、2 次的低酸素症の抑制効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 108

    アイシングについて、温度は凍傷の発生要因の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    アイシングについて、アイシングの有無は組織損傷の拡大と関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 110

    アイシングについて、炎症反応を抑制する効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    肩鎖関節・肩関節のテーピングについて、肩鎖関節捻挫に対して、鎖骨を押し下げないように注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 112

    肩鎖関節・肩関節のテーピングについて、肩鎖関節捻挫に対して、上腕部を引き上げる目的で行うサポートテープは、基本的に肩 関節前方で交差させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 113

    肩鎖関節・肩関節のテーピングについて、肩関節反復性前方脱臼に対して、外転制限の度合いをスパイラルテープを行う際の上腕部の外転角度および肩関節前面を通るテープの位置で調整する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    肩鎖関節・肩関節のテーピングについて、肩関節反復性前方脱臼に対しての肢位は、肩関節外転・外旋位で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 115

    肩鎖関節・肩関節のテーピングについて、肩関節反復性前方脱臼に対して、スパイラルテープは 2~4 本行い、このうち最低 1 本は肩関節前面を通るようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    代表的な外傷発生機転と動作について、運動時の骨配列変化と筋の機能的変化を理解することが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 117

    代表的な外傷発生機転と動作について、動作時におけるアライメントを動的アライメントという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 118

    代表的な外傷発生機転と動作について、knee-in & toe-out による代表的な下肢疾患は腸脛靭帯炎である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 119

    代表的な外傷発生機転と動作について、knee-out & toe-in による代表的な下肢疾患は膝内側側副靭帯損傷である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 120

    代表的な外傷発生機転と動作について、ニュートラルアライメントで発生する下肢疾患の代表例はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 121

    乳酸性作業閾値(LT)について、LT 以下の運動強度では、主に糖質分解によるエネルギー供給がなされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 122

    乳酸性作業閾値(LT)について、LT 以下の運動強度では、主に無酸素的エネルギー供給機構が働く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 123

    乳酸性作業閾値(LT)について、LT は運動中の血中ヘモグロビン濃度を測定することで評価することがてきる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 124

    乳酸性作業閾値(LT)について、LT 強度を超える運動強度では、水素イオンが増えることによる酸性化を防くため、血中二酸化炭素濃度が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 125

    乳酸性作業閾値(LT)について、LT は血中乳酸値が 4mmol に達する強度を意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 126

    DIPS-1 はオーバートレーニングや精神的コンディションにおける心因的因子の評価に用いられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    SAID はオーバートレーニングや精神的コンディションにおける心因的因子の評価に用いられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 128

    LSD はオーバートレーニングや精神的コンディションにおける心因的因子の評価に用いられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 129

    PCL はオーバートレーニングや精神的コンディションにおける心因的因子の評価に用いられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 130

    POMS はオーバートレーニングや精神的コンディションにおける心因的因子の評価に用いられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 131

    サッカーの外傷発生について、外傷部位としては下肢が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    サッカーの外傷発生について、ゲーム中における外傷発生の種類として多いのは打撲と骨折である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 133

    サッカーの外傷発生について、練習中における外傷発生の種類として多いのは捻挫と肉ばなれである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 134

    サッカーの外傷発生について、足関節内反捻挫の発生頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 135

    サッカーの外傷発生について、インステップキックにより大腿直筋の肉ばなれが発生することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 136

    日常生活レベルの負荷をかけ、その強度に耐えられるようになることを過負荷の原則という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 137

    トレーニング量や強度を段階的に増加させたり、技術を難易度の高いものに移行させたりすることを漸進性の原則という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 138

    トレーニング効果を効率的に獲得するために、目的や方法を十分理解して実施する必要 があることを意識性の原則という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 139

    トレーニングにより得られた効果は、トレーニングを中断するとトレーニング前の状態に向かって変化することを継続性の原則という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 140

    トレーニングは年齢・性差・体力・経験などを考慮し、個々の状態に応じたプログラム を作成しなければならないことを個別性の原則という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 141

    ラグビーで復帰期以降の再受傷を避けるための留意事項について、サーフェイスの状況や受傷からの期間に応じてスパイクシューズやランニングシューズ を使い分ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 142

    ラグビーで復帰期以降の再受傷を避けるための留意事項について、コンタクトフィットネスの獲得は復帰後から徹底的に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 143

    ラグビーで復帰期以降の再受傷を避けるための留意事項について、患部外のエクササイズは復帰期から行うことが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 144

    ラグビーで復帰期以降の再受傷を避けるための留意事項について、体重の極端な増加がみられる際には復帰時期を十分に検討する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 145

    ラグビーで復帰期以降の再受傷を避けるための留意事項について、フィールドでのリハビリテーションやエクササイズは何度も反復して行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 146

    心肺蘇生法を開始する前に行うべき行動について、周囲の安全の確認

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 147

    心肺蘇生法を開始する前に行うべき行動について、出血の有無の確認

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 148

    心肺蘇生法を開始する前に行うべき行動について、呼吸の確認

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 149

    心肺蘇生法を開始する前に行うべき行動について、意識状態の確認

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 150

    心肺蘇生法を開始する前に行うべき行動について、姓名の確認

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 151

    筋線維の特徴について、TypeIIb 線維は筋収縮スピードが速く、アデノシン三リン酸(ATP)分解酵素の活性か高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 152

    筋線維の特徴について、TypeI線維は力発揮が低く、嫌気性酵素の活性が低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 153

    筋線維の特徴について、TypeIIa 線維は筋収縮スピードが速く、ミオグロビン含有量が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 154

    筋線維の特徴について、TypeIIb 線維は筋線維直径が大きく、毛細血管密度が低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 155

    筋線維の特徴について、TypeI線維は、ミトコンドリア密度が高く、持久力が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 156

    救急体制の計画について、救急体制に関わるスタッフは当日を想定したシミュレーションを行う必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 157

    救急体制の計画について、大会規模や競技種目が異なっても準備する必要物品や個数は同じである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 158

    救急体制の計画について、最寄りの病院の場所と連絡先、休診日を把握しておくべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    救急体制の計画について、救護室は、搬送しやすく、スタッフと連携が取れやすい場所を選択する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 160

    救急体制の計画について、救命・救急処置が迅速かつ的確に行える体制を考えることが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 161

    外傷性肘内側側副靱帯(MCL)損傷について、アクシデントによる損傷と、繰り返し負荷による損傷を含む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 162

    外傷性肘内側側副靱帯(MCL)損傷について、投球障害肘の中には MCL 損傷も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 163

    外傷性肘内側側副靱帯(MCL)損傷について、MCL は内反方向への安定性に関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 164

    外傷性肘内側側副靱帯(MCL)損傷について、リハビリテーションでは肩や手など隣接する関節の影響も考慮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 165

    外傷性肘内側側副靱帯(MCL)損傷について、試合復帰時には、サポーターやテーピングの使用も必要となることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 166

    ストップ・方向転換動作について、クロスオーバーステップよりもサイドステップの方が、歩幅の広いダッシュに移行しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 167

    ストップ・方向転換動作について、クロスオーバーステップはサイドステップよりも反応時間は遅くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 168

    ストップ・方向転換動作について、方向転換の角度変化が小さいほど、身体に加わる外力は大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 169

    ストップ・方向転換動作について、股関節外転筋の機能不全があると遊脚側の骨盤が下降する肢位をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 170

    ストップ・方向転換動作について、前方へのランニングからのストップ動作では、体幹部に加わる前方への慣性を制御するため腹筋群の働きが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 171

    浮力 はアクアコンディショニングに関わる水の物理的特性である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 172

    水圧 はアクアコンディショニングに関わる水の物理的特性である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 173

    水温 はアクアコンディショニングに関わる水の物理的特性である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 174

    抵抗 はアクアコンディショニングに関わる水の物理的特性である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 175

    熱伝導 はアクアコンディショニングに関わる水の物理的特性である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 176

    神経筋協調性回復・向上エクササイズについて、体幹の立ち直り動作がうまく遂行できない状態で荷重位バランスエクササイズを行うこ とにより、代償動作を助長する可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 177

    神経筋協調性回復・向上エクササイズについて、下肢の外傷・障害で荷重が制限されている時期は、特に足部の固有受容器へのエクササ イズは禁忌となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 178

    神経筋協調性回復・向上エクササイズについて、特殊マットやスイスボールを利用したトレーニングは、全身調整力の向上を目的として用いることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 179

    神経筋協調性回復・向上エクササイズについて、代償動作は疼痛や関節可動域制限から生じることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 180

    神経筋協調性回復・向上エクササイズについて、全身バランスコントロールにおける上肢の役割は、頭部と協調した空間での位置取りや体幹動作の固定である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 181

    テーピングの効果について、関節の特定の動きを任意に制限することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 182

    テーピングの効果について、特定の部位に対して部分的に圧迫を加えることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 183

    テーピングの効果について、痛みを和らげる効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 184

    テーピングの効果について、外傷・障害の直接的な治療効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 185

    テーピングの効果について、精神的な助けとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 186

    緊急対応計画について、競技種目や緊急時対応に関係するチームスタッフなどを考慮して作成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 187

    緊急対応計画について、緊急時に混乱を生じさせないために、トレーナーのみが把握していることが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 188

    緊急対応計画について、医療機関の電話番号は情報保護のため掲載しない。 緊急時の混乱を防ぐため役割は想定しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 189

    緊急対応計画について、緊急時の混乱を防ぐため役割は想定しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 190

    緊急対応計画について、計画に基づき定期的に訓練を実施することが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 191

    投球障害肩について、投球再開については医師との協議が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 192

    投球障害肩について、肩関節前部の痛みは、上腕二頭筋長頭腱、関節唇に関係する障害が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 193

    投球障害肩について、ワインドアップ期や早期コッキング期での投球動作の問題が発生要因に関係することも ある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 194

    投球障害肩について、投手の投球側肩関節外旋可動域は標準可動域より制限されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 195

    投球障害肩について、投球動作の問題は股関節など他の関節の機能低下によって誘発されることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 196

    アップライトロウの方法について、開始姿勢では、バーベルを肩幅で握る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 197

    アップライトロウの方法について、上げる動作では、顎下に向かいバーベルを引き上げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 198

    アップライトロウの方法について、バーベルを最も高く引き上げたとき、肘は肩の高さよりやや低い位置にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 199

    アップライトロウの方法について、上げる動作では、足関節を底屈させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 200

    アップライトロウの方法について、動員される筋は、三角筋、僧帽筋、肘屈曲筋群である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 201

    肩関節前方脱臼について、肩関節水平伸展位を強制された場合は発生しにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 202

    肩関節前方脱臼について、術後リハビリテーションでは、関節前方構成体へのストレスを最小限にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 203

    肩関節前方脱臼について、初回脱臼の直後には可能な限り保存療法が好ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 204

    肩関節前方脱臼について、鏡視下 Bankart 法の術後 12 週までは、運動療法でも外旋、外転、伸展は禁止する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 205

    肩関節前方脱臼について、スポーツ動作では過度の外旋を強制されないように動作指導も重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 206

    意識 は傷病者に対して観察すべき生命の徴候である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 207

    上肢のしびれ は傷病者に対して観察すべき生命の徴候である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 208

    脈拍 は傷病者に対して観察すべき生命の徴候である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 209

    顔色・皮膚の色 は傷病者に対して観察すべき生命の徴候である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 210

    呼吸 は傷病者に対して観察すべき生命の徴候である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 211

    ピリオダイゼーションについて、マクロサイクル、メゾサイクル、ミクロサイクル、準備期の4つのサイクルに分けることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 212

    ピリオダイゼーションについて、準備期の前半は、軽量から中程度の負荷を用いたレジスタンストレーニングが用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 213

    ピリオダイゼーションについて、第 2 移行期は、専門的な競技以外のスポーツや身体活動などを実施し、積極的な疲労回復を行なう時期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 214

    ピリオダイゼーションについて、試合期は、トレーニング量、強度ともに低下させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 215

    ピリオダイゼーションを競技におけるシーズンに対応させると、一般的にオフシースン、プレシーズン、インシーズンとポストシーズンに区別されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 216

    走動作について、大殿筋はフットディセントの間に筋活動が増大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 217

    走動作について、フットディセント時の大殿筋の働きは大腿部の加速である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 218

    走動作について、中殿筋と大腿筋膜腸筋の活動は、フットストライクに先がけて、大腿と骨盤の安定化に関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 219

    走動作について、長内転筋は、テイクオフで活動し始め、フォロースルーからフォワードスイングまでの間に活動している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 220

    走動作について、ハムストリングスは、フォワードスイングとフットディセントで活動し、サポート期にも活動している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 221

    膝内側側副靭帯(MCL)損傷のアスリハについて、関節可動域エクササイズは、固定期間後に可及的早期から実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 222

    膝内側側副靭帯(MCL)損傷のアスリハについて、急性期における患部の筋力トレーニングは、等張性運動が中心となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 223

    膝内側側副靭帯(MCL)損傷のアスリハについて、等張性筋力トレーニングの開始当初は、下腿内旋位を意識して行わせるとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 224

    膝内側側副靭帯(MCL)損傷のアスリハについて、膝関節屈曲可動域が 90°以上になると、自転車エルゴメーター駆動が可能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 225

    膝内側側副靭帯(MCL)損傷のアスリハについて、ハーフスクワットなどの荷重トレーニングでは、膝内反が生じないよう注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 226

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、頭頚部外傷が疑われる選手では、最初に下肢の動きをみる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 227

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、スパインボードへの移動は、原則として 2 人で行なう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 228

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、明確な反応がない場合には、揺さぶって意識を確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 229

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、アメリカンフットボールでは、ヘルメットとショルダーパッドを装着したままスハイン ボードに固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 230

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、うつ伏せで倒れていた場合、意識の確認はそのままの肢位で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 231

    クーリングダウンについて、軽運動により二酸化炭素や水素を再利用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 232

    クーリングダウンについて、継続的な軽運動は、間欠的なものより乳酸の除去が速い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 233

    クーリングダウンについて、安静よりも、軽運動をした場合のほうが乳酸の除去が速い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 234

    クーリングダウンについて、1 日で複数の試合がある場合の試合間においても通常通り十分な時間をかけて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 235

    クーリングダウンについて、マッサージ、アイシングなどパッシブなものを主に取り入れるのがよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 236

    超音波療法について、浅層組織を刺激する場合には 3MHz、深層組織を刺激する場合には 1MHz が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 237

    超音波療法について、パルス波と連続波の 2 種類の刺激モードが用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 238

    超音波療法について、パルス波は、創傷治癒、腫脹の軽減などを目的として急性期の症状に対して適用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 239

    超音波療法について、足関節など凹凸のある部分には、水中法が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 240

    超音波療法について、大腿部前面全体など対象とする部位が広い場合には、トランスデューサーを大きく動かしながら刺激する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 241

    胸骨圧迫と人工呼吸について、胸骨圧迫のテンポは1分間に少なくとも100回である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 242

    胸骨圧迫と人工呼吸について、人工呼吸で上手く胸が上がらない場合でも、2 回吹き込む努力をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 243

    胸骨圧迫と人工呼吸について、感染予防用人口呼吸用器具を用意しておくことが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 244

    胸骨圧迫と人工呼吸について、下顎挙上法は医療従事者のみ行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 245

    胸骨圧迫と人工呼吸について、胸骨圧迫を 30 回続けたら、人工呼吸を 2 回行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 246

    関節可動域測定について、開始肢位はすべて解剖学的肢位を 0°とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 247

    関節可動域測定について、測定の際には、角度計を皮膚に密着させ基本軸、移動軸がずれないように注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 248

    関節可動域測定について、制限因子には関節構築学的因子、軟部組織性因子、疼痛性因子、神経学的因子などがあ る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 249

    関節可動域測定について、最終域感(end feel)は骨性、結合組織性の 2 つに分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 250

    関節可動域測定について、足部の回内・外転・背屈の複合運動を外がえし、回外・内転・底屈を内がえしとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56560

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ