zuknow learn together

新しい教材を作成

基礎法学4day

カード 20枚 作成者: noriaki (作成日: 2014/01/14)

  • 仲裁とは、紛争当 事者が争いの解決のために第三 者を選び、その判断によって紛争を解決することであり、仲裁においては、第三者の仲裁判断に当事者が拘束される 。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    仲裁とは、紛争当 事者が争いの解決のために第三 者を選び、その判断によって紛争を解決することであり、仲裁においては、第三者の仲裁判断に当事者が拘束される 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○仲 裁とは、紛争当 事者が争いの解決のために第三者 (仲裁人 を選び、その判断によって紛争を解決す ることです。 この仲裁においては、第三者の仲裁判断に当事者が拘束されます 。

    解説

  • 2

    日 本人が日本国外において犯罪を行った場合、 日本の刑法が適用されることがあるが、外国人が日本国外において犯罪を行 っ た場合、 日 本の刑法が適用されることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×日本人が日本国外において殺人罪などの重大犯罪を行った場合、日本の刑法が適用されます (属人主義 : 刑法 3 条) 。 また、外国人が日本国外において内乱罪や通貨偽造罪などの日本の国益を害する犯罪を行 っ た場合、日本の刑法が適用されます (保護主義:刑法 2 条) 。

    解説

  • 3

    コンビュータウイルスとは電子メールやホームぺ一ジの閲覧などを通じてコンビュータに侵入する特殊なプログラムであり 、 自らを複製しながら僧殖する性質を持つものが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○コンビュータウイルス は、第三者のプログラムや データベ ー スに対して意図的に何らかの被害を及ぼすようにつくられた プ ログラムであり、 自己伝染機能、潜伏機能、 発病機能を 一 つ以上有するものをいう 。

    解説

  • 4

    法は人間の外面的な行為に関係する規範であるのに対し、道徳は人間の内心に関係する規範である 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○法も道徳も 、 社会生活における 「-しなければならない」、「-してはならない」 といった一定のル ー ル ( 社会規範) です。 しかし、法は人間の外面的な行為 に関係する規範であるのに対し、道徳は人間の 内心 に関係する規範であるという違いがあります。

    解説

  • 5

    電子透かしとは、 画像、 映像、音声などのデジタル データに、人間の知覚では判別できない特定の情報を埋め込む技術であ っ て、 著作権保護技術として用いられることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○電子透かしとは、デジタル データに特定の情報 を埋め込み、 不正コヒ ー や データの改ざん を発見する技術である 。

    解説

  • 6

    衆議院議員選挙では、 小選挙区 比例代表並立制がとられ、重複立候補が認められているが、小選挙区での得票順位と当落が逆転するなどの問題点があ っ たため、 重複立候補の場合の比例区での当選の要件を厳しく し た。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○2000 年 ( 平成 1 2年) 5 月の 公職選挙法 改正で、 0重複立候補の場合に、 小選挙区で供託金没収点未満の得票 だった候補者が比例代表で当選となる 復活当選 は認められなくなった ( 同法 95 条の 2 第 6項)。

    解説

  • 7

    生活保護の受給者については 、 生活保護による給付があるため、介護保険の被保険者にならない制度がとられている 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×生活保護の受給者についても、介護保険の被保険者 となる 。

    解説

  • 8

    行政機関個人情報備法における[行政側」とは、 個人情報データベース等を行政運営に用いる国の行政機関であって、独立行政法人等を除いたものをいう 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×この法律における行政機関が用いるのは個人情報データベース等ではなく、一定の 事務 の目的を達成するために体系的に溝成された個人情報の集合体である 個人情報フ ァ イル である 。

    解説

  • 9

    議院内閣制の母国とされる イギリス では、国民の政治的意思を忠実に反映させる選挙制度としての比例代表制が採用されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×イギリスでは、 小選挙区 制がとられており、 比例 代表制はとられていない。

    解説

  • 10

    ワシントン条約は、水鳥の生息地である湿地と、そこに生息生育する動植物の保全を促進するため、国際的に重要な湿地の指定登録と、その適切な利用を求めている 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×本問は、 特に水鳥の生息地として国際的に重要な温地に関する 条約 ( ラムサ ール条約) についての記述である。 なお、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約 ( ワシントン条約)は、絶滅のおそれのある野生動植物の保護を目的と し て、野生動植物の輸出入や持込みなどの規制を定めている。

    解説

  • 11

    個人情報取扱事業者とは、個人情報データベース等を事業の用に供している者をいうが、その事業の用に供する個人情報データベース等を構成する個人情報によって識別される特定の個人情報の合計が過去6ヶ月以内のいずれの日においても3000名を超えないものは除外するとされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×除外されるのは 、 その事 業 の周に供する個人情 報データベース等を構成する個人情報によ っ て 識別さ れ る特定の個人情報の合計が過去 6 か月以内のいずれの日においても 5,000 名を超えない者とされる (個人情報の保護に閲する法律施行令 2 条) 。

    解説

  • 12

    行政機関個人情報保護法上、行政機関の長は、利用自的の達成に必要な範囲内で、 保有個人情報を過去または現在の事実と合致させるよう努めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○行政機関の長は、 利用自的 の達成に必要な範囲内 で、保有個人情報を 過去または現在の事実 と合致させるよう努めなければならないとされる ( 行政機関個人情報保護法 5 条) 。

    解説

  • 13

    法的義務にも道徳上の義務 にも 、 原則として相手方が存在する 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×法的義務には、原則として相手方が存在します。 例えば、借主は、貸主に対して目的物返還義務を負っています 。 これに対して、道徳上の義務には相手方が存在しません。 例えば、 「人には親切にすべきである」 という道徳上の義務があったとしても、誰か具体的な相手方に対して義務を負 っ ているわけではありません 。

    解説

  • 14

    日本では 、 民事裁判 においても刑事裁 判においても 、当 事者主義が採用されている 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○日本では、民事裁判においても刑事裁判においても、 当事者主義 ( 主張 ・ 立証の主導 権を裁判の当事者に委ね、 裁判官は審判の立場からその過程を整理して、最 終的に優 劣を判断するにとどめる原則) が採用されています。

    解説

  • 15

    支出負担行為がありながら年度内に支出を終らなか った歳出予算経費は、翌年度に繰り越して使用することができる 。 ただし、そのためには国会の承認が必要である 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×本問の場合、 国会 の承認ではなく 、 財務大臣 の承認を経て実施さ れる (財政法 42 条但書、 43条 1 項) 。

    解説

  • 16

    刑事裁判において、簡易裁判所が第一 審裁判所であった場合、 地方裁判所が控訴審裁判所となる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×刑事裁判において、簡 易裁判所が第一審裁判所であ っ た場合、高等裁判所 が控訴審裁判所となります。 なお、民事裁判において、簡易裁判所が第一審裁判所であった場合、 地方裁判所が控訴審裁判所となります。

    解説

  • 17

    e-文書通則法は、法令の規定により民間事業者等が行う書面の保存等に関し、電磁的方法により行うことを義務付けるに際しての共通事項を定めるものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×この法律は、 書面の保存等に関し 電磁的方法 を義務づけるものではなく、文書の 電子保存 を 一括して認めるための法律であり、その目的や用語の定義等共通事項を定めたものである 。

    解説

  • 18

    裁判外紛争解決手続とは、裁判によらないで紛争を解決しようとする手続のことであり、 ADR とも呼ばれる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○裁判外紛争解決手続とは、 裁判に よ らないで紛争を解決しようとする手続のこと であ り、 ADR(Alternative Dispute Resolution)とも呼ばれます。

    解説

  • 19

    京都議定書は、発展途上国から排出される温室効果ガスの具体的な削減数値目標や、その達成方法などを定めた合意のことをいう 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×京都議定書は、 先進国 から排出される 温室効果ガスの具体的な 削減数値 目 標 や、その 達成方法 な どを定めた合意のことをいう 。

    解説

  • 20

    情報公開法及び行政機関個人情報保護法との関連で、開示決定等に関する不服申立てを調査審議する機関として、情報公開 ・ 個人情報保護審査会が設置されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○情報公開・個人情報保護審査会は、情報公開法や行政機関個人情報保護法等の規定による諮問に応じ不服申し立てについて調査審議するため、内閣府におかれる(情報公開・個人情報保護審査会設置法2条、情報公開法18条、行政機関個人情報保護法42条)。

    解説

57039

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ