zuknow learn together

新しい教材を作成

民法15day

カード 20枚 作成者: noriaki (作成日: 2014/01/14)

  • 離婚に際して、夫婦の共有財産は、離婚の時から 3 年以内に分割しなければならない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    離婚に際して、夫婦の共有財産は、離婚の時から 3 年以内に分割しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×このような制限はなく 、 いつ で も 共有物の 分割 を請求することができる 。

    解説

  • 2

    寄託契約において、当事者が寄託物の返還の時期を定めていないときは、受容者は、いつでも寄託物を返還することができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○返還時期 の定めのない寄託契約では、受容者は いつでも 寄託物を返還することができる ( 663 条1 項)。

    解説

  • 3

    保証人は、主たる債務者の委託を受けたか否かにかかわらず、債務が弁済期にあれば、あらかじめ求償権を行使することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×保証人は、 主たる債務者の委託を受けて保証をした場合には 慣務が弁済期に あれば、 あらかじめ求償権を行使することができま す ( 460条 2 号)。

    解説

  • 4

    相手方に対する 意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行っ た場合においては、 得手方かその草 案を知っていたとき に限り 、 その意思表示を取り消すことができ ま す ( 96条 2 項) 。

    解説

  • 5

    成年被後見人の法律行為は、日用品の購入その他日常生活に関する行為を除き、取り消すこと が できる が、成年後見人の同意を得た場合は、取り消すことができなくなる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×成年被後見人の法律行為は、日用品の購入その他日常生活に関する行為を除き 、 取り消すことができます (9 条) 。 これは 、成年後見人の同意を得た場合であ っても同様です。

    解説

  • 6

    物の使用の対価として受けるべき金銭その他の物を法定果実といい、 これを収取する権利の存続期間に応じて、日割計算により取得することとなる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○物の使用の対価として受けるべき金銭その他の物を 法定果実 といい (88条 2 項)、これを収取する権利の存続期間に応じて、日割計算 により取得することとなります ( 89条 2 項 )。

    解説

  • 7

    債権の目的が、数個の給付のうちから選択によ っ て決まる場合は、その選択権は債務者に属する 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○特に選択権者をどちらにするかの特約がなければ、 選択権は債務者に属する (406 条)。

    解説

  • 8

    抵当権は 、 債務者及び抵当権設定者に対しては、その担保する債権と同時でなければ、時効によって消滅しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○抵当権は、 債務者及び抵当権設定者 に対しては 、そ の担保する債権と同時でなければ、時効によって消滅しません (396条)。

    解説

  • 9

    遺産分割協議は、詐害行為取消権の対象となるが、相続の放棄は、詐害行為取消権の対象とならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○遺産分割協議は、詐害行為取消権の対象と なります ( 最判平11 .6. 1) 。 これに対して、 相続の放棄は、詐害行為取消権の対象と なりません ( 最判昭49.9.20)。

    解説

  • 10

    土地を所有する者が、 一定期間その土地を占有していなか っ た場合には 、 その 土地の所有権は時効により消滅する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×所有権は、 消滅時効の対象とはならない。 ただし、所有者の土地を第三者が時効取得 することにより反射的に所有権を失うことはあるが、それは 時効により消滅したわけではないため、注意すること。

    解説

  • 11

    使用貸借契約における借主は、必要費を 支 出した場合、 貸主に対して償還請求をす るこ とができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×使用貸借契約における借主は、 通常 の 必要貨 を負担しますから595条 1 項 ) 、通常の必要費を支出し たとしても、貸主に対して償還 請求をすることはできません。 なお、通常の必要費以外の費用については、貸主に対して償還請求することができます ( 595条2 項、 583条 2 項、 1 96条)。

    解説

  • 12

    取得時効に関して、 所有の意思 も っ て平穏かつ公然に他人の 土地 を占有している A が、 2 年間ここに居住した後、それを B に賃貸し、 引き続き 、 賃借人 B が 18年問、賃借し続けた場合であ っ ても、 A が当該土地を時効取得することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×占有権は、 代理人 によっても取得することができるので ( 181 条) 、 A はBを介して 18 年間土地の占有を 継続したことになり、その間占有を失 っ たことにはならず、当該土地を 時効取得することができる 。

    解説

  • 13

    地上権が建物所有目的で設定された場合、借地借家法が適用される 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○地上権が建物所有目的で設定された場合、借地借家法が適用されます (借地借家法 1 条、 2 条 1 号)。

    解説

  • 14

    動機の錯誤も、動機が表示されて意思表示の内容となっ た場合には 、 法律行為の要素の錯誤となり得る 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○動機の錯誤も 、 動機が表示されて意思表示の内容となった場合には、法律行為の要素の錯誤となり得ます ( 大判大3.12.15、最判昭29.11 .26) 。

    解説

  • 15

    双務契約において、同時履行の抗弁権を有する当事者は、自己の債務を履行しなくても、履行遅滞 と ならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○同時履行の抗弁権 は、 公平の観点から 、 相手方が 履 行の 義務を果たす ま では、 自らも 履 行 義務を果たさないでよいとするものである (533 条) 。

    解説

  • 16

    A は、 B 村建物を賃借し、その建物内に電気製品等を備え付けている 。 A がその所有物である電気製品を Cに売 っ た場合に、 A の取得する売買代金について、 B は、C の支払い前に差押えをすれば、先取特権を行使することができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○先取特権には 、 物上代位 が認 められる が、 そのた めには、先取特権者が、 金銭の支払い前 に 差押 えをしなければならない (304 条 1項) 。

    解説

  • 17

    債務が存在しないことを知っていたにもかかわらず強制執行を避けるためやむを得ずに弁済をした者は、給付したものの返還を請求することができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○債務が存在 しないことを知っていたにもかかわらず強制執行を避けるためやむを得ずに弁済をした者は、給付したものの返還を請求することが できます ( 大判大6. 1 2. 1 1) 。

    解説

  • 18

    内縁の成立の 日 から 200 日を経過した日に生まれた子は、婚姻の成立の 日 から 200 日以内に生まれていたとしても 、 嫡出の推定を受ける 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×内縁の成立の 日 から 200 日 を経過した 日 に生 まれた子 であっても、婚姻の成立の 日 から 200 日 以内に生まれた子は、嫡出の推定 を 受けません (最判昭41.2. 15) 。

    解説

  • 19

    賭博の用に供されることを知 っ てする金銭消費貸借契約は、無効である 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○賭博行為が公序良俗 ( 90 条)違反であるというこ とは、当然、その賭博の資金と知って金銭を貸し付ける行為も 公序良俗違反とな り無効 である 。

    解説

  • 20

    A が死亡し 、その死亡時には配偶 者 B,B との間の子 C および A の母 D がいる場合に、 A にさらに養子 Eがいる場合には 、 A を相続するのは B 、 C および E であり、 E の相続分は C の相続分に等しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○実子 も 養子 も子に変わりなく 、 相続人として平等 であるから 、 相続分は同じである。

    解説

56661

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ