zuknow learn together

新しい教材を作成

商法10day

カード 20枚 作成者: noriaki (作成日: 2014/01/14)

  • 公開会社においては、取締役は、株主総会の日の 1 週間前までに、株主に対して 、 株主総会の招集通知を書面又は電磁的方法により発しなければならない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    公開会社においては、取締役は、株主総会の日の 1 週間前までに、株主に対して 、 株主総会の招集通知を書面又は電磁的方法により発しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×公開会社においては、取締役は、株主総会の日の 2 週間前 までに、株主に対して、株主総会の招集通知を書面又は電磁的方法( 株主の承諾がある場合)により発しなければなりません ( 299条1 項 -3 項 )。

    解説

  • 2

    子会社と親会社が株式交換をする湯合には、子会社は親会社の株式を取得することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○子会社 は親会社の株式を取得できないのが原則で あるが、 株式交換 の際には 、 子会社 は親会社の株式を取得することができる ( 会社法 1 35 条 2 項 5 号、会社法施行規則23 条 2 号) 。

    解説

  • 3

    全部議決権制限株式 lま、剰余金配当 に関して優先的な内容を有する株式としてのみ発行することができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×本問のような制限はなく、株式会社は 、 定款 で定めることにより、 全部議決権制限株式 を発行することができる 。

    解説

  • 4

    株主は、 代理人によって議決権を行使することができるが、代理権の授与は、株主総会ごとにしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○株主は、 代理人 によ っ て議決権を行使することができます(3 1 0条 1 項 ) 。 そして、代理権の授与は、 株主総会ごと にしなければなりません ( 3 10条 2 項 )。

    解説

  • 5

    個人が物を全面的に支配する権利(所有権)は、不可侵のものとして尊重されるので、その所有権の内容を制限するような法律はすべて無効となる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×憲法では、所有権も 公共の福祉 によって制約されうるとされており(憲法 29 条 2 項)、所有権の内容を制限する法律がすべて 無効 となるわけではない。

    解説

  • 6

    地方裁判所や家庭裁判所の裁判は、事実の性質に応じて、三人の裁判官による合繊制で行われる場合を除き、原則として一人の裁判官によって行われるが、高等裁判所の裁判は 、 法律に特別の定めがある場合を除き、複数の裁判官による合強制で行わ れる ことになっている 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○地方裁判所や 家庭裁判所の裁判は、 原則と し て単 独 で行われる ( 裁判所法 26 条 1項 、 31 条の 4 第項) のに対して、 高 等裁判所の裁判は 、 原則と して複数の裁判官による 合議制 で 行 われる ( 裁判所法 1 8 条) 。

    解説

  • 7

    法律は、その法律または他の法令に定められた日から施行されるが、施行期日の定めがない場合には、公布の日から 20 日を経過した日から施行される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○法律は、 施行期日 が定められていればそれによる が、 定めがなければ、 公布の白から 20 日 を経過 した日から施行される ( 法の適用に関する通則法 2条) 。

    解説

  • 8

    株式会社は、 輸入業者 B との間でコーヒー豆の売買契約を締結した。 A の仕入れ担当者はコーヒー豆の 納入に立ち会い、数量の確認お よび品質の検査を行った。その際、 コ ー ヒー豆の品質の劣化を認識していたが、 に直ちには通知しなかった。 この場合に、 A は B に対して売買契約の解除、代金の減額または損害賠償を請求することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○A は、コーヒー豆の品質の劣化について、検査によ りこれを発見したが、 B にただちに通知 していないため、契約の解除、代金の減額または損害賠償を請求することができない (526 条 1項、 2 項前段) 。

    解説

  • 9

    議決権制限株式を発行する旨の定款変更決議に反対する株主は、株式買取請求権を行使することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×議決権制限株式 を発行する旨の定款変更決議に反対する株主に、 株式買取請求権は認められていない。

    解説

  • 10

    単元未満株主は、 株式会社に対し 、 自己の有する単元未満株式を買い取ることを請求することができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○単元未満株主は、株式会社に対し、 自己の有する単元未満株式を買い取ることを請求することができます ( 1 92条 1 項) 。

    解説

  • 11

    持分会社の社員は、株式会社の株主とは異なり 、 退社による持分の払戻しが認められているが、当該社員の責任を明確にするために 、 登記に よって退社の効力が生じる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×持分会社においては、持分の払い戻しが認められる(会社法611条1項本文)。この点が株式会社と異なる点である。退社する社員の氏名等が登記されている場合、退社による変更も登記しなければならないが(会社法915条1項)、退社の効力は、たとえば任意退社であれば予告のあった事業年度終了の時に生ずるのであり(会社法606条1項)、登記により生ずるわけではない。

    解説

  • 12

    純資産の額が300万円を下回る場合には、剰余金の配当をすることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○純資産の額が300万円 を 下 回る場合には 、剰余金の 配当をすることができません (4 58条) 。

    解説

  • 13

    剰余金の配当により株主に交付される金銭等の帳簿価額の総額は、剰余金の配当が効力を生ずる自における分配可能額を超えてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○会社財産を確保するため、 分配可能額 を 超 えて 剰 余金の配当を 行 う こ とはできない ( 会社法 46 1 条1項) 。

    解説

  • 14

    株式交換とは、 1 文は2以 上 の株式会社が、 その発行済株式の全部を、新たに設立する株式会社に取得させることである 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×株式交換 とは 、 株式会社が、その発行済株式の全部を 、 他の株式会社又は合同会社に取得させることです (2 条31 号) 。 なお、本問は株式移転の説明です (2 条32号)。

    解説

  • 15

    募集株式の引受人が出資の履行をしないときは、 当接出資の履行をすることにより募集株式の株主となる権利を当然に失う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○募集株式の引受人が出資の履行をしないときは、当該出資の履行をすることにより募集株式の株主となる権利を 当然に失います (208条 5 項)。

    解説

  • 16

    剰余金の配当により株主に交付される金銭等の帳簿価額の総額は、剰余金の配当が効力を生ずる自における分配可能額を超えではならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○剰余金の配当により株主に交付される金銭等の帳簿価額の総額は、剰余金の配当が効力を生ずる日における 分配可能額 を超えではならないとされています (46 1 条 1 項 8 号)。

    解説

  • 17

    譲渡制限株式の譲渡を承認するか否かの決定は 、 定款に別段の定めがない限り、取締役会設置会社では取締役会の決議を要し 、 それ以外の会社では株主総 会の 決議を要する 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○譲渡制限株式の譲渡を承認する機関は、取締役会 設置会社では 取締役会、それ以外の会社 では 株主総会 であるが、定款で別段の定めをすることもできる ( 会社法 139 条 1 項)。

    解説

  • 18

    単元株制度を廃止 する旨の定款変更は 、 株主総会決議によらないで行うことができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○単元株制度を廃止しても、既存の株主の利益を損なわないので、単元株制度を廃止する定款の変更は取締役の決定(取締役会設置会社では取締役会の決議)で行うことができる(会社法195条1項)。

    解説

  • 19

    株式会社がその事業の全部または重要な一部の譲渡を行う場合には、譲渡会社において株主総会の特別決議による示認を要するが、譲渡する資産の帳簿価格が譲渡会社の総資産の客員の五分の ー を超えないときは、株主総会の承認は不要である 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○株式会社がその事業 の重要な一部 を譲渡する場合、 原則として株主総会の特別決議 による承認が必要だが、本問のような規模の小さな事業譲渡については 、 株主総会の承認 は不要である(会社法 467条 1 項)。

    解説

  • 20

    発起 人 以外の設立時募集 株式の引受人が金銭以 外の財産を出資の目的とする場合には、その者の氏名または名称、 目的となる財産およびその価額等を定款に記載または記録しなければ、その効 力を生じない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×会社設立の際に 現物出資 を行うことができるのは 、発起人のみである 。 なお、会社成立後、 募集株式を発行する際は 、 現物出資を行うことができる者につき制限はない。

    解説

56706

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ