zuknow learn together

新しい教材を作成

民法10day

カード 20枚 作成者: noriaki (作成日: 2014/01/14)

  • 相続人が相続に関する被相続人の遺言容を破棄又は隠匿した場合において、相続人の当該行為が相続に関して不当な利益を目的とする も のでなかったときは、 当設相続人は、相続欠格者に当たらない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    相続人が相続に関する被相続人の遺言容を破棄又は隠匿した場合において、相続人の当該行為が相続に関して不当な利益を目的とする も のでなかったときは、 当設相続人は、相続欠格者に当たらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○相続人が相続に関 する被相続人の遺言書 を破棄又 は隠匿 した 場合において、相続人の当該行為が相続に関して不当な利益を目的とするもので なかった ときは、 当該相続人は、 相続欠格者に 当たりません ( 最判平9 . 1 .28) 。

    解説

  • 2

    債務者が第三者に金銭を贈与したことにより、自己の債権の満足が得られなくなっただけではなく、他の債権者の債権も害されるようになった場合には、取消債権者は自己の債権額を超えていても贈与された金銭の全部につき詐害行為として取り消すことができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×詐害行為取消権は、 自己の債権額 の範囲内でのみ行使することができる 。

    解説

  • 3

    占有改定により占有を始めたとしても 、即時取得は成立しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○192 条の「占有を始めた」とは 、現実の引渡し ・ 簡易の引渡し・指図による占有移転のいずれかの方法により占有を取得したことが必要であり、 占有改定 では足りません ( 最判昭35.2.11 )。したが って、 占有改定により占有を始めたとしても 、即時取得は成立しません。

    解説

  • 4

    書面によらない贈与は 、贈与者が撤回することはできるが、受贈者が撤回することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×書面によらない贈与は、 各当事者 が撤回することができます( 550条本文 ) 。

    解説

  • 5

    公正証書によっ て遺言をするには、証人 一 人の立会いが必要である 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×公正証書遺言 の場合 には、 二 人以上の証人の立会 いが必要である ( 969 条 1 号)。

    解説

  • 6

    弁済は、原則として現実の提供をなすことを要するが、債権者があらかじめ受領を拒んでいるとき又は債権者の行為を要するときは、弁済の準備をしたことを債権者に通知し、受領を催告すれば、 弁済の提供となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○債権者があらかじめ受領を拒んでいる とき、また は 債務の履行に債権者の行為を要する ときは 、 弁済の準備をしたことを債権者に通知し、受領を催告すれば、 弁済の提供 となる (493 条ただし書) 。

    解説

  • 7

    失踪宣告の取消しは、失踪宣告後その取消し前に善意でした行為の効力には影響 を及ぼさない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○失踪宣告の取消しは、失踪宣告後その取消し前に 善意 でした行為の効力には影響を及ぼしません (32条 1 項後段)。

    解説

  • 8

    A は B から 1 , 000 万円借り受け、 A の依頼によ っ て Cおよび D がこの債務について連帯保証人となった 。 この償務の弁済期到来後、 B が、 C に 1 , 000 万円弁済せよと請求してきた 場合、 C は 500 万円しか弁済する 義務はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×連帯保証人には分別の利益が認められないため、1000万円全額を支払う義務を負う。

    解説

  • 9

    差押えを受けた債権の債務者は、差押えの後に取得した債権を自動債権として相殺をしても、それをも っ て差押債権者に対抗することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○支払いの差止めを受けた後 に取得した債権を自働 債権とする 相殺 は、 差押債権者に対抗することができない (511 条)。

    解説

  • 10

    利害関係のない第三 者は、債務者の意思に反して弁済をすることができ る 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×利害関係のない第三者は、 債務者の意思に 反 して弁済をすることが できません ( 474条 2 項)。

    解説

  • 11

    婚姻の届出 自体について当事者間に意思の合致があれぱ、それが単に他の 目 的を達する た めの便法として仮託されたものにすぎないとしても、婚姻は効力を生ずる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×婚姻の届出自体については当事者聞に意思の合致があったとしても、それが単に他の目的を達するための便法として仮託されたものにすぎないときは、婚姻は効力を生じません ( 最判昭4.10.3 1 ) 。

    解説

  • 12

    共 同不法行為者 は、自 己の過失の割合に応じた負担部分を超えない額を賠償した場合でも、他の共同不法行為者に対して求償することができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×共同不法行為者は、 自己の過失の割合に応した負担部分を超えて賠償した場合には、他の共同不法行為者に対して求償することができます。

    解説

  • 13

    強迫による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することが できな い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×強迫による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができます ( 96条 3 項反対解釈) 。

    解説

  • 14

    契約の解除は、法律行為に当たる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○契約の解除 ( 540条 1 項 ) は、 法律行為のうちの単独行為に当たります。

    解説

  • 15

    動産を占有する者が、 その動産の所有権を取得すると 、占有権は混同により消滅する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×占有権は、占有の事実を保護する権利であるから、他のすべての権利に対して独自の存在意義をもつ。よ っ て、混同で消滅することはない。

    解説

  • 16

    無効な行為は、追認をしても効力が生じないが、当事者が無効であることを知って追認をしたときは、新たな行為をしたものとみなされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○無効な行為は、追認をしても効力が生しません ( 119条本文 )。も っ とも、当事者が無効であることを知 って追認を したときは、 新たな行為 をしたものとみなされます ( 11 9条但書)。

    解説

  • 17

    A がB から土地を買い受けたが、その土地には C の抵当権が設定されており、抵当権の実行により A が所有権を失 っ た。 この場合、 A は悪意であ っ ても B に対して損害賠償を求めることができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○抵当権の設定された不動産を買い受けた者は、抵 当権の実行により 所有権 を失った場合、 善意悪意を問わず、損害賠償の請求や契約の 解除 をすることができる ( 567 条)。

    解説

  • 18

    債権者又は 憤務者のいずれか 一方が複数である債権 債務関係については、平等の割合で分割される分割債権又は分割債務が原則 とされ て い る 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○債権者又は債務者のいずれか一方 が複数である債権 ・ 債務関係については 、 平等の割合 で分割される 分割債権又は 分割債務 が原則とされています ( 427条)。

    解説

  • 19

    物の所有者が、 その物の常用に供するため、自己の所有に属する他の物をこれに附属させた場合、その附属させた物を従物といい、この従物は、主物の処分に従うものとされている 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○物の所有者が、その物の常用に供するため、自己の所有に属する他の物をこれに附属させた場合、その 附属させた物を 従物 といい、 本体となる物を 主物 といいます ( 87条 1 項) 。 そして、従物は 、 主物の処分に従う ものとされています ( 87条 2 項)。

    解説

  • 20

    土地の売買において買戻しの特約をする場合は、契約締結時に し なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○買戻し の特約は、 売買契約と同時 にしなければな らない ( 579 条)。

    解説

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ