zuknow learn together

新しい教材を作成

民法3day

カード 20枚 作成者: noriaki (作成日: 2014/01/14)

  • B は、 A と離婚した後 250 日を経て C を出産したが、A は、離婚の 1 年以上前から刑務所に収容されていた場合において、 A は、 C との父子関係を争うためには嫡出否認の訴えによらなければならない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    B は、 A と離婚した後 250 日を経て C を出産したが、A は、離婚の 1 年以上前から刑務所に収容されていた場合において、 A は、 C との父子関係を争うためには嫡出否認の訴えによらなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×夫による懐胎が不可能な場合には、嫡出の推定ははたらかず、推定されない嫡出子として、嫡出否認の訴え(775条)によらなくても、親子関係不存在確認の訴えにより母子関係を否定できる。

    解説

  • 2

    債務不履行による損害賠償の対象となるのは、債務不履行によって通常生ずべき損害であり、特別の事情によって生じた損害は対象とならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×特別の事情によって生じた損害 も 、 当事者がその事情を予見し、 または 予見することができたときは、損害賠償の対象となる (416 条 2 項)。

    解説

  • 3

    無権代理の相手方は本人の追認の後であ っ ても、無権代理による契約を取り消すことができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×無権代理の相手方は、 本人が追認 をしない間は、無権代理による契約を 取り消す ことができるが(11 5 条本文) 、 本人が追認すると相手方の取消権は消滅する 。

    解説

  • 4

    根抵当権の被担保債権は、債務者との特定の継続的取引契約から生ずる債権に限られる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×根抵当権の被担保債権 一定の種類によ っ て生ずるものや特定の原因 に基づき債務者との間に継続して生ずる債権等も含まれる ( 398 条の 2 第 2 項、3 項)。

    解説

  • 5

    銀行から 500 万円を借り入れた企業が、返済の期限が到来したにもかかわらず 、 返済をしない場合は、直接強制の方法によって債務者の債務の強制的実現を図ることができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○直接強制 は、債務者の意思に関係なく直後に債権 内容を実現させる方法で、物の引渡しを目的とする「与える債務」で行うことができる 。 金銭債務は「与える 債務」にあ た るため、 直後強制 を行うことがで き る 。

    解説

  • 6

    他の土地に囲まれて公道に通じない土地を取得した者は、所有権移転登記をしなくても、公道に至るため、その土地を囲んでいる他の土地を通行することができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○他の土地に固まれて公道に通じない土地を取得した者は、所有権移転登記をしなくても、公道に至るため、その土地を囲んでいる他の土地を通行することがてきます ( 最判昭47.4. 1 4) 。

    解説

  • 7

    A 所有の甲地がBに譲渡さ れたが甲地 には賃借人 C がいた場合には、 B は登記なくして C に対抗することができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×土地の賃借人は 1 77 条の第三者 に該当し、Bは登記なくして C に対抗することができない。

    解説

  • 8

    付合した動産について主従の区別をする こと ができないときは、各動産の所有者は、その付合の時における価額の割合に応じてその合成物を共有する 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○付合した動産について主従の区別をすることができないときは 、 各動産の所有者は 、 その 付合の時における価額の割合 に応じてその合成物を共有します ( 244条 )。

    解説

  • 9

    A が死亡し、その死亡時には、配偶者 B, B との間の子 C および A の母 D がいる場合に、 A が自己に対する虐待を理 由に家庭裁判所に C の廃除を請求して 、 家庭裁判所がこれを認めた場合には、たとえ C に子 F がいたとしても、 F は C を代襲して A の相続人となることはできず、 A を相続するのはBおよび D である 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×相続の廃除 は、代襲相続の原因と なる ので (887条 2 項)、 A を相続するのは B および F である 。

    解説

  • 10

    A が B に、 1 年後に返還することを約して、利息付きで 1 00 万円 を融資した場合、たとえ期限までの利息分相当額を支払うことにしても、 B は期限前に弁済することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×債務者 B は 、期限の利益を放棄 ( 136 条 2 項本文)して弁済することは可能である ( 591 条 2 項) 。 ただし、そのことによ っ て、債権者 A の権利を 害 することは で きないため ( 1 36 条 2 項ただし書)、 期限までの利息分相 当 額は支払 わ なけ れ ばならない。

    解説

  • 11

    債権者に よる債権者代位権の行使に対して、 第三債務者は債務者に対するすべての抗弁を主張することができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○第三債務者 たる相手方は 、 債務者自身が権利を行 使するのとまったく同じ地位に立つため 、 債務者に対して有する一切の抗弁権 を代位債権者に対抗することができる 。

    解説

  • 12

    夫婦が遺言を する場合、同ーの証書ですることがきる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×遺言 は 、 二人以上の者が同ー の証書ですることは できず ( 975 条)、 たとえ夫婦であ っ ても例外ではない。

    解説

  • 13

    賃借入が賃借建物に付加 した増改築部分が賃貸借終了前に滅失した場合、 特段の事情のない限り 、賃 貸人の有益費償還義務は消滅する 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○賃借入が賃借建物に付加した増改 築部分が賃貸借終了前に滅失した場合、特段の事情のない限り、賃貸人の有益費償還義務は消滅します (最判昭48.7. 17 ) 。

    解説

  • 14

    条件成就によって不利益を受けるべき当事者が、 故意または過失によりその条件の成就を妨げた場合には、相手方はその条件が成就したものとみなすことができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×故意 による場合のみ 条件 が成就したものとみなされ ( 130 条)、 過失の場合には条件は成就 し たものとみなされない。

    解説

  • 15

    相殺は当事者の一方から相手方に対してする意思表示によって効力を生じ、相手方の承諾を必要としない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○相殺は、 単独行為 であり、相手方の承諾 を必要 と しない (506 条 1 項前段)。

    解説

  • 16

    委任契約は、委任者が後見開始の審判を受けたときは終了 する 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×委任契約は、 受任者 が後見開始の審判を受けたときは終了しますが ( 653 条 3 号 )、 委任者 が後見開始の審判を受けたとしても終了しません。

    解説

  • 17

    不動産の登記が真の所有者以外のところにあるにもかかわらず、真の所有者がこの不実登記を放置していた場合、 94条2項が類推適用される 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○不動産の登記が真の所有者以外のところにあるにもかかわらず、真の所有者がこの不実登記を放置していた場合、 94条 2項が類推適用されます ( 最判昭45.9.22) 。

    解説

  • 18

    売買契約に関する費用は、当事者双方が等しい割合で負担する 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○売買契約に関する費用は 、公平の観点から、 当事者双方か等しい割合 で負担します (558条)。

    解説

  • 19

    隣地の竹木の絞および根が境界線を越えた場合、隣地の所有者の承諾を得ずに自らその竹木の枝および根を切り取ることができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×境界線を越えた隣地の竹木の線 については切り取ることができるが、竹木の 枝 は、竹木の所有者に切除 を求めることができるにすぎない (233 条)。

    解説

  • 20

    根抵当権の元本が確定した場合、 債務者は確定した債務を弁済すれば根抵当権を消滅させることができるし、債権者は償権を根抵当権付で譲渡することができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○根抵当権の元本が確定した場合、 債務者は確定した債務を弁済すれば根抵当権を消滅させることができますし 、 債権者は 債権を根抵当権付で譲渡することができます。

    解説

56988

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ