zuknow learn together

新しい教材を作成

行政法38day

カード 10枚 作成者: noriaki (作成日: 2014/01/14)

  • 行政不服審査法は、不服申立ての対象となる行政庁の処分については、 いわゆる一般概括主 義を採用しており、不服申立てをすることができない処分を列挙してはいない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    行政不服審査法は、不服申立ての対象となる行政庁の処分については、 いわゆる一般概括主 義を採用しており、不服申立てをすることができない処分を列挙してはいない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×行政不服審査法は 不服申立て の対象となる「行 政庁の処分」につき 、 不服申立て をすることができない処分を具体的に 列挙 している (4 条 1 項) 。

    解説

  • 2

    内閣総理大臣は、執行停止の 申立て があ っ た場合のみなら ず、執行停止の決定があ った後において も 、裁判所に対して異議を述べ ることができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○内閣総理大臣は、 執行停止の 申立て があった場合のみならず、執行停止の 決定 があった後においても、裁判所に対して異議を述べることができます (27条 1 項後段)。

    解説

  • 3

    地方公共団体の議会の議員の任期は、条例で自由に定めることができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×地方自治法上、議会の議員の任期は、 4 年 とされており (93条 1項)、 条例で自由に定めることはできません 。

    解説

  • 4

    住民訴訟においては、執行機関等に対し、長・職員・当該行為又は怠る事実に係る相手方への損害賠償請求又は不当利得返還請求を義務付けることを求める請求をすることができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○住民訴訟においては、 執行機関等に対し、長・職員・当該行為又は怠る事実に係る相手方への損害賠償請求又は不当利得返還請求を義務付ける ことを求める請求をすることができます (242条の 2 第 1 項 4 号) 。

    解説

  • 5

    出訴期間については取消訴訟の規定が準用されていないので、不作為状態が継続している間は、いつでも不作為の違法確認訴訟を提起 することがで きる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○出訴期間 ( 14条) については取消訴訟の規定が準 用されていません ので、 不作為状態が継続 している間は、 いつでも不作為の違法確認訴訟を提起することができます。

    解説

  • 6

    教育委員会、選挙管理委員会、監査委員は、 都道府県・市町村ともに設置しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○教育委員会、 選望書管理委員会、 監査委員 は 、 都道府県 ・市町村ともに設置しなければなりません ( 1 80 条の 5 第 1 項 )。

    解説

  • 7

    土地利用を制限する用途地減などの都市計画の決定についても、侵害留保説によれば法律の根拠が必要である 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○法律の留保 に関する侵害留保説によれば、 国民に 対して土地利用を制限する都市計画の決定については、 法律の根拠が必要である 。

    解説

  • 8

    行政庁は、申請により求められた許可処分をする場合は、申請者に対し、同時に、当該処分の理由を示さなければならないのが原則である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×行政庁は、申請により求められた 許認可等を拒否する処分をする場合は、申請者に対し、同時に、当該処分の理由を示さなければならないのが原則です (8条1項本文)。

    解説

  • 9

    国又は公共団体は、公務員の選任及びその公務の監督について相当の注意をしていたときは、 国家賠償法 1 条 1 項に基づく損害賠償責任を負わない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×国又は公共団体は、公務員の選任及びその公務の監督について相当の注意をしていたとしても、国家賠償法 1 条 1 項に基づく損害賠償責任を 負います 。

    解説

  • 10

    意見公募手続の対象となる命令等は、 外部に対し て法的拘束力を有するものに限られるから、行政処分の基準は含まれるが、行政指導の指針は含まれない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×意見公募手続の対象となる命令等には、 処分基準のほか、 行政指導指針 も含まれる (2 条 8 号)。

    解説

56990

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ