zuknow learn together

新しい教材を作成

行政法37day

カード 20枚 作成者: noriaki (作成日: 2014/01/14)

  • 普通地方公共団体は、その区域外において、公の施設を設けることはできない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    普通地方公共団体は、その区域外において、公の施設を設けることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×普通地方公共 団体は、その区域外においても、関 係普通地方公共 団体との協議 により 、 公の施設 を設けることができる ( 244 条の 3 第 1 項)。

    解説

  • 2

    執行罰は行政上の義務履行確保の手法であるが、処罰としての実質を有するため、二重処罰禁止の法理から、刑事罰との併用ができないことが、その活用の障害となっている 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×執行罰は、刑事罰とは性質を異にするため、刑事罰と併用しても二重処罰の禁止 に触れない。

    解説

  • 3

    行政庁がなすべき教示をしなかったときは、当該処分に不服がある者は、当該処分庁に不服申立書を提出することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○行政庁がなすべき教示をしなかったときは、 当該処分に不服がある者は 、 当該処分庁に 不服 申立書 を提出することができます(58条1項)。

    解説

  • 4

    授権代理をなすには 、 法律の根拠は不要とされているのに対 し 、法定代理をなすには、法律の根拠が必要とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○授権代理をなすには、法律の根拠は 不要 とされているのに対し、法定代理をなすには 、 法律の根拠が必要 とされています。

    解説

  • 5

    法定受託事務については、 特にその地方公共団体の自己資任を認めるとともに自主性を尊重すべきであることから 、 国は、地方公共団体が地域の特性に応じて当該事務を処理することができるよう特に配慮しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×自治事務については、特にその地方公共団体の自己責任を認める と ともに自主性を厳重すべきであることから、国は 、 地方公共団体が地域の特性に応じて当設事務を処理することができるよう特に配慮しなければなりません (2 条 1 3項) 。 これ に対して、法廷受託事務については、このような規定はありません。

    解説

  • 6

    裁判所は、処分の取消訴訟が提起され、その処分により生ずる重大な損害を避けるため緊急の必要があるときは処分の効力を停止できるが、当骸損害が生ずるか否かを判断する場合に、その損害の性質や程度を勘案する必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×裁判所 は、重大な損害が生ずるか否かを判 断 する場合に、損害の回復の困難の程度のみならず、その損害 の性質 や程度 を勘案するとされて い る ( 25条 3 項) 。

    解説

  • 7

    消費者庁は 、総 務省の外局である 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×消賢者庁は、 内閣府の外局です(内閣府設置法64条)。

    解説

  • 8

    法務大臣による在留期間の更新事由の有無の判断については、行政裁量が認め られ て いない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×法務大臣による在留期間の更新事由の有無の判断については、行政裁量 が認められています (最大判昭53 .1 0.4) 。

    解説

  • 9

    普通地方公共団体の議会において長の不信任の議決がなされた場合には、長は議会を解散することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○議長 からその旨の通知を受けた日から 1 0 日以内に 議会を解散することができる ( 1 78 条 1 項後段)

    解説

  • 10

    通達は、国民の権利義務・法律上の地位に直接具体的に法律上の影響 を及ぼすような行政処分に当たらないことから 、 通達に対する取消訴訟は認められない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○通達は、国民の権利義務 ・ 法律上の地位に直接具体的に法律上の影響 を友ぼすような行政処分に当たらないことから 、 通達に対する取消訴訟は 認められません (最判昭43. 1 2.24 ) 。

    解説

  • 11

    都道府県議会は、自治事務に関しては、国の法令に違反しなければ条例を制定できるが、法定受託事務については、固の法令の特別の委任がなければ条例を制定できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×自治事務 も法定受託事務 も、どちらも地方公共団 体の事務であるから、国の法令に違反しなければ、条例 を制定 することが できる (14 条 1 項)。

    解説

  • 12

    行政庁は、聴聞を行うに当た っ ては、 聴聞を行うべき期日までに相当な期間をおいて、不利益処分の名あて人となるべき者に対し、所定の事項を 書面により通知しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○行政庁は、聴聞を行うに当たっては、聴聞を行うべき期日までに相当な期間をおいて、 不利益処分の名あて人となるべき者に対し、所定の事項を 書面により通知 しなければなりません (15条1項)。

    解説

  • 13

    仮の義務付け・仮の差止めの申立てがなされた場合、内閣総理大臣 は、 裁判所に対して異議 を述べ ることができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○仮の義務付け・仮の差止めの申立てがなされた場合、 内閣総理大臣 は 、 裁判所に対して異議を述べることができます (37条の 5 第 4 項、 2 7条 1 項前段)。

    解説

  • 14

    当事者又は参加入は、聴聞の期日への出頭に代えて、主宰者に対し 、 聴聞の期日までに陳述普 及び証拠書 類等を提出することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○当事者又は参加人は、聴聞の期日への出頭に代えて、主宰者に対し、聴聞の期固までに陳述書及ひ証拠書類等 を提出することができます (21条1項)。

    解説

  • 15

    議会は、法定受託事務に係るものについては、条例で議決事項を追加することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×議会は、法定受託事務に係るものであって国の安全に関することその他の事由により議会の議決すべきものとすることが適当でないものとして政令で定めるものを除き 、 条例で議決事 項を追加することができます( 96条 2 項)。

    解説

  • 16

    特定の保育所を廃止する条例の制定については、処分性が認められない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×特定の保育所を廃止する条例の制定については、処分性が認められます(最判平21.11.26)。

    解説

  • 17

    都道府県、指定都市、中核市は、 個別外部監査制度を導入しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×都道府県、指定都市、 中核市は、 包括外部監査制度 を導入しなければなりません 。 なお、 個別外部監査制度 は、条例により任意に導入する ことが できます。

    解説

  • 18

    当事者及び当該不利益処分がされた場合に自己の利益を害されることとなる参加人は、聴聞の通知があった時から不利益処分がなされる時までの間、行政庁に対し、当該事実についでし た調査の結果に係る調書 その他の当該不利益処分の原因となる事実を証する資料の閲覧 を求めることができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×当 事者及び当該不利益処分がされた場合に自己の利益を害されることとなる参加人は 、 聴聞の通知があった時 から 聴聞か終結する時 までの問、行政庁に対し 、 当該事案についで した調査の結果に係る調書その他の当該不利益処分の原因となる事実を証する資料の閲覧を求める ことがで きます(18条1項前段)。したがって、不利益処分がなされる時まで閲覧請求ができるわけではありません 。

    解説

  • 19

    不作為の違法確認訴訟は、処分の相手方以外の者でも、不作為の違法の確認を求めるにつき法律上の利益を有する者であれば、提起することができる 。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×処分の相手方以外のれ不作為の違法の確認を求めるにつき 法律上の利益 を有する者は、 第三者として訴訟に 参加 することはできるが、 不作為の違法確認訴訟を 提起することはできない。

    解説

  • 20

    私法上の契約の締結は精力的行為であるので普通地方公共団体の契約締結は議会の議決事件には属さない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×私法上の 契約 の締結は、非権力的行為であるが、 普通地方公共団体の契約締結は 議会の 議決事件 である (96 条 1 項 5 号) 。

    解説

56687

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ