zuknow learn together

新しい教材を作成

生薬学

カード 108枚 作成者: ya kunitatsu (作成日: 2015/05/23)

  • 四大文明とよばれる文明地域にはそれぞれ特徴ある医学が発達し,インダス文明において発達した医学は [         ] 医学といわれる.

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    四大文明とよばれる文明地域にはそれぞれ特徴ある医学が発達し,インダス文明において発達した医学は [         ] 医学といわれる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アーユルヴェーダ

    解説

  • 2

    古代エジプト文明で使用されたアヘン(ケシ) など700種以上の生薬と811処方が記載された資料 (記録) に,[         ] がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エーベルス・パピルス

    解説

  • 3

    [         ](人物) は,古代ギリシア・ローマ医学で用いた薬草について,マテリア・メディカ (ギリシア本草) に著した.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディオスコリデス

    解説

  • 4

    [         ](人物) は,チンキ剤などの生薬複合製剤を創案した.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガレヌス

    解説

  • 5

    [         ](人物) は,アヘンからモルヒネを初めて単離した.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゼルチュルナー

    解説

  • 6

    [         ](人物) とカヴァントゥは,キナからキニーネを初めて単離した.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペレティエ

    解説

  • 7

    [         ]は上薬,中薬,下薬と365種の生薬が分類された薬物書である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神農本草経

    解説

  • 8

    神農本草経で,上薬に挙げられる生薬には[         ]がある.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陳皮

    解説

    陳皮,白朮など

  • 9

    神農本草経で,中薬に挙げられる生薬には[         ]がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 芍薬

    解説

    芍薬,麻黄など

  • 10

    神農本草経で,下薬に挙げられる生薬には[         ]がある.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半夏

    解説

    附子,半夏など

  • 11

    [         ]は素問と霊枢から構成されている基礎医学書である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黄帝内経

    解説

  • 12

    [          ]は張仲景の著作で,生薬処方を用いた治療書である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 傷寒雑病論

    解説

  • 13

    傷寒雑病論のうち,急性熱病の治療は[         ]に記載されている.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 傷寒論

    解説

  • 14

    [         ]は12世紀に出版された中国国定の処方集である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太平恵民和剤局方

    解説

  • 15

    [         ]は丹波康頼の編纂による日本最古の医学書である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医心方

    解説

  • 16

    [         ]は阿部真直,出雲広貞による編纂による日本最初の公定薬局方である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大同類聚方

    解説

  • 17

    古方派の医師である[         ]は生薬の適応症候を薬徴にまとめた.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吉益東洞

    解説

  • 18

    後世方派の医師である[         ]は自身の医学を啓廸集にまとめた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 曲直瀬道三

    解説

  • 19

    [         ]はマオウ(麻黄)からエフェドリンを初めて単離した.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長井長義

    解説

  • 20

    [         ]は通仙散を開発し,世界初の全身麻酔手術に成功させた.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 華岡青洲

    解説

  • 21

    正倉院に納められている薬物のうち,マメ科植物の種子であるものに[         ]がある.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケツメイシ

    解説

  • 22

    正倉院に納められている薬物のうち,タデ科植物の根茎であるものに[         ]がある.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダイオウ

    解説

  • 23

    正倉院に納められている薬物のうち,モクレン科植物の樹皮であるものに[         ]がある.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コウボク

    解説

  • 24

    正倉院に納められている薬物のうち,アカネ科植物の果実であるものに[         ]がある.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サンシシ

    解説

  • 25

    日本薬局方は,通則,[   ],製剤総則,一般試験法,医薬品各条などから構成される.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生薬総則

    解説

  • 26

    生薬総則第1項 個々の生薬や漢方方剤の性状,確認試験,純度試験などに関しては,[   ]に規定されている.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医薬品各条

    解説

  • 27

    生薬総則第1項 医薬品各条の生薬は動植物の薬用とする部分,細胞内容物,分泌物,抽出物又は[   ]などである.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉱物

    解説

  • 28

    生薬総則第3項 生薬は,別に規定するもののほか [   ] を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乾燥品

    解説

  • 29

    生薬総則第5項  生薬の [   ] の項は,その生薬の代表的な原植物又は原動物に基づく生薬について,通例,その判定基準となる特徴的な要素を記載したものである.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 性状

    解説

  • 30

    生薬総則第6項  粉末生薬のうち別に規定するものについては[   ]を加え,含量又は力価を調節することができる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賦形剤

    解説

  • 31

    生薬総則第9項  生薬は虫害を防ぐため,適当な [   ] を加えて保存することができる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くん蒸剤

    解説

  • 32

    生薬総則第10項  生薬に用いる容器は,別に規定するもののほか,[   ]とする.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 密閉容器

    解説

  • 33

    鏡検には[   ]を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光学顕微鏡

    解説

  • 34

    分析用試料の質量を量り,105℃で乾燥し,恒量になったときの減量(%)を[   ]とする.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乾燥減量

    解説

  • 35

    分析用試料の質量を量り,500~550℃で4時間以上強熱して,恒量となるまで灰化し,[   ]の量 (%) とする.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 灰分

    解説

  • 36

    生薬の純度試験として,有機塩素系殺虫剤である[   ]についての残留基準が定められている.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総BHC及び総DDT

    解説

  • 37

    精油定量法において,精油定量器の目盛管には,あらかじめ水を基準線まで入れ,更に [   ]2mLを加えておく.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キシレン

    解説

  • 38

    確認試験は,医薬品又は医薬品中に含有されている[   ]などを,その特性に基づいて確認するための試験である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主成分

    解説

  • 39

    [   ]反応は生薬の抽出物を無水酢酸に溶解させ,その溶液に濃硫酸を静かに加えて検出するもので,トリテルペン,ステロイドの配糖体であるサポニンなどの検出に用いられる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リーベルマン-ブルヒャード

    解説

  • 40

    アントラキノンなどのキノン類,キサントン類は[   ]を加えることによる色調の変化から検出でき,センナ,ケツメイシ,シコンの確認試験で規定されている.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルカリ

    解説

  • 41

    [   ]試薬はアルカロイドの検出に用いられ,ゴシュユ,センコツ,チョウトウコウ,ボウイの確認試験で規定されている.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドラーゲンドルフ

    解説

  • 42

    4-ジメチルアミノベンズアルデヒドは[   ]アルカロイドの検出に用いられ,ゴシュユの確認試験で規定されている.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インドール

    解説

  • 43

    起泡試験は[   ]の検出で用いられ,イレイセン,オンジ,キキョウ,ゴシツ,サイコ,セネガ,チモ,モクツウで規定されている.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サポニン

    解説

  • 44

    [   ]試液は フェノール性ヒドロキシ基を有する化合物に広く呈色する.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塩化鉄(Ⅲ)

    解説

  • 45

    日本薬局方のウイキョウは精油含量の試験で,粉末50.0gから得られる精油の量は[   ]mL以上である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.7

    解説

  • 46

    メントールなどの精油成分を含み,精油含量の規定がされている生薬に[   ]がある.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハッカ

    解説

  • 47

    アトラクチロンなどの精油成分を含み,精油含量の規定がされている生薬に[   ]がある.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビャクジュツ

    解説

  • 48

    シンナムアルデヒドなどの精油成分を含み,精油含量の規定がされている生薬に[   ]がある.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケイヒ

    解説

  • 49

    [   ]反応はトロパンアルカロイドの検出に用いられ,ロートコン,ベラドンナコンで規定されている.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタリ-フリーマン

    解説

  • 50

    [   ]による反応は メチレンジオキシ基の検出に用いられ,ベルベリンを含有するオウレン,オウバクで規定されている.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過酸化水素水-塩酸

    解説

  • 51

    [    ] の検出はケツメイシ,ゲンチアナ,アンソッコウ,シコンで規定されている.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昇華性成分

    解説

  • 52

    ビャクジュツに含まれるアトラクチロンは[   ]試液により,呈色する.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バニリン・塩酸

    解説

  • 53

    オウレンの粉末に水を加えてかき混ぜるとき,ゲル状を[   ].

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呈しない

    解説

  • 54

    純度試験は,医薬品中の[   ] を試験するために行う.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 混在物

    解説

  • 55

    オウレン,オウバクのTLCによる確認試験において,標準物質として [   ]を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベルベリン

    解説

  • 56

    カンゾウのTLCによる確認試験において,標準物質として [   ]を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリチルリチン

    解説

  • 57

    サイコのTLCによる確認試験において,標準物質として [   ]を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイコサポニンa

    解説

  • 58

    オウゴンのTLCによる確認試験において,標準物質として [   ]を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バイカリン

    解説

  • 59

    カッコンのTLCによる確認試験において,標準物質として [   ]を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プエラリン

    解説

  • 60

    センナ,ダイオウのTLCによる確認試験において,標準物質として [   ]を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • センノシドA

    解説

  • 61

    リュウタン,ゲンチアナのTLCによる確認試験において,標準物質として [   ]を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゲンチオピクロシド

    解説

  • 62

    センブリのTLCによる確認試験において,標準物質として [   ]を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スウェルチアマリン

    解説

  • 63

    トウニン,キョウニンのTLCによる確認試験において,標準物質として [   ]を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミグダリン

    解説

  • 64

    シャクヤクのTLCによる確認試験において,標準物質として [   ]を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペオニフロリン

    解説

  • 65

    ボタンピのTLCによる確認試験において,標準物質として [   ]を用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペオノール

    解説

  • 66

    センソのTLCによる確認試験において,標準物質として [   ]を用いる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レジブフォゲニン

    解説

  • 67

    桂皮は[   ]性の薬性をもつ生薬である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    薄荷は[   ]性の薬性をもつ生薬である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    甘草は[   ]性の薬性をもつ生薬である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    芒硝は[   ]性の薬性をもつ生薬である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    黄連は[   ]性の薬性をもつ生薬である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    乾姜は[   ]性の薬性をもつ生薬である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    五味子は[   ]味の生薬である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 74

    黄連は[   ]味の生薬である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    生姜は[   ]味の生薬である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    甘草は[   ]味の生薬である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    芒硝は[   ]味の生薬である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    半夏は[   ]味の生薬である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    気血水の異常において,血が鬱滞,鬱血している状態は[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瘀血

    解説

  • 80

    漢方処方において,君薬の作用を補助し,強める生薬を[   ]薬という.

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    西洋医学的に同じ疾患でも,患者によって異なる処方が適用されることがあり,[   ]という.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同病異治

    解説

  • 82

    証と方剤の関係は相互に対の関係であることを[   ]という.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 方証相対

    解説

  • 83

    四診のうち,患者の訴えは[   ] である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問診

    解説

  • 84

    四診のうち,脈診や腹診は[   ] である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 切診

    解説

  • 85

    四診のうち,舌診は[   ] である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 望診

    解説

  • 86

    四診のうち,患者の音声や匂いを参考にすることは[   ] である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聞診

    解説

  • 87

    陰陽,虚実,表裏,寒熱の8種の概念を統合して証を決定することを[   ]という.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 八綱弁証

    解説

  • 88

    気血水の概念から証を決定することを[   ]という.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気血水弁証

    解説

  • 89

    表裏と寒熱の組み合わせにおいて,腹が冷えて下痢などの状態は[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裏寒

    解説

  • 90

    表裏と寒熱の組み合わせにおいて,腸炎で下痢などの状態は[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裏熱

    解説

  • 91

    気血水の異常において,気が局所に集まりすぎている状態は[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気うつ

    解説

  • 92

    気血水の異常において,下から上に向かって一方的に気が上衝 (逆上) している状態は[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気逆

    解説

  • 93

    気血水の異常において,全身的または局所的に気が不足している状態は[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気虚

    解説

  • 94

    気血水の異常において,体内での水の偏りは[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水毒

    解説

  • 95

    気血水の異常において,血が十分に補給されず,栄養不足に陥り,局所では組織の損傷が生 じている状態は[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血虚

    解説

  • 96

    気血水の異常において,血が鬱滞,鬱血している状態は[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瘀血

    解説

  • 97

    六病位において,病気になった初期でまだ体力が十分にある時期を[   ]という.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太陽病

    解説

  • 98

    六病位において,太陽病期に病気が治らず病邪が半表半裏に侵入した時期を[   ]という.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 少陽病

    解説

  • 99

    六病位において,陽病期で病邪が裏に達した時期を[   ]という.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陽明病

    解説

  • 100

    六病位において,陰病気の初期を[   ]という.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太陰病

    解説

  • 101

    六病位において,陰病期の中期を[   ]という.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 少陰病

    解説

  • 102

    六病位において,陰病期の後期を[   ]という.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厥陰病

    解説

  • 103

    漢方処方の剤型において,生薬の水から煎出によって得られたものは[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 煎剤

    解説

  • 104

    漢方処方の剤型において,生薬末を蜂蜜で固めたものは[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 丸剤

    解説

  • 105

    漢方処方の剤型において,生薬を胡麻油などで抽出し, 蜜蝋などで固めたものは[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軟膏

    解説

  • 106

    漢方処方の剤型において,煎剤を凍結乾燥または噴霧乾燥したものは[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エキス剤

    解説

  • 107

    漢方処方の剤型において,生薬を粉末にしたものは[   ]である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 散剤

    解説

  • 108

    炙甘草や熟地黄などで行われている生薬の二次的な加工処理を[   ]という.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 修治

    解説

56892

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ