zuknow learn together

新しい教材を作成

『秘書検定』10

カード 20枚 作成者: minori (作成日: 2014/01/14)

  • アビリティー

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アビリティー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 能力、技量

    解説

  • 2

    「秘」扱いの資料を送ったあと、念のためF社のT部長に資料を郵送した旨を電話で報告した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○「秘」扱い資料は、発送後すぐ相手に電話をし、「秘」扱い資料を送ったことを伝える必要がある。

    解説

  • 3

    「秘」扱い文書をコピーする時は1部余分にコピーして、控えを残して置くようにしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×「秘」扱い文書は、関係者以外に漏れては困るものなので、作成するときもコピーをとるときも、必要以上は作らない。

    解説

  • 4

    割印

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 契約書と覚書にまたがって押す。

    解説

  • 5

    秘書は上司が加入している生命保険、上司の社外からの収入、過去にあった上司の社内のうわさについても知っておく必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×どれも知る必要はない。とくに仕事と関係のない上司の個人的なことは、秘書が立ち入らないようにする。

    解説

  • 6

    「アドバイザー」とは、助言者のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○他にもユーザー(使用者)、プランナー(計画者)、クライアント(依頼者)なども覚えておく。

    解説

  • 7

    上司の出張中に、急ぎの稟議書が回ってきたので、預かっておいた印鑑を押してコピーをとり、次の人に回しておいた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×印を押すことはその仕事の責任をとるということ。たとえ秘書が押したとしても、すべて上司の責任になってしまうので、勝手な押印は絶対にしてはならない。

    解説

  • 8

    プレミアム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商品につける景品。手数料や割増金の意味も。

    解説

  • 9

    ドアの開閉時の音を消すために、ドアチェックをつけた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ドアの開閉音以外にも、外がうるさい場合は厚手のカーテンを用いたり、電話の呼び出し音の音量を調節するなどして、防音に配慮する。

    解説

  • 10

    開封した手紙に封筒の発信者名、住所などのデータを書き写したら、封筒は捨ててもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×宣伝文書など明らかに扶養なもの以外は、上司宛に来た手紙はすべて上司に渡す。封筒も捨ててはならない。

    解説

  • 11

    祝い事があり、世話になった人に渡す心づけの上書きは「寸志」とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×「寸志」は目下の人への心づけに使う上書き。世話になった人は目上の立場の人だから「御礼」「薄謝」「謝礼」とする。

    解説

  • 12

    「キャパシティー」とは、性格のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×キャパシティーは、能力、容量のこと。性格のことは、パーソナリティー。

    解説

  • 13

    彼岸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 春分の日、秋分の日を彼岸の中日といい、その前後3日間(計7日間)のこと。

    解説

  • 14

    出張しようとしている上司に不意の来客が来た場合の、丁寧な断り方

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誠に申し訳ございません。山田は間もなく出張いたします関係で慌しくしておりまして、お目にかかれません。わざわざお越しいただきましたのに、大変申し訳ないと申しております。

    解説

  • 15

    エグゼクティブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営幹部、重役

    解説

  • 16

    「トップマネジメント」とは、企業の基本方針の意思決定と、総括的な経営管理を行う最高経営者層のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○会長、社長、副社長、専務、常務などの常務会のメンバーが「トップマネジメント」に該当する。

    解説

  • 17

    上司のところに回ってきた回覧資料に、作成者のミスと思われる誤字があった。明らかな間違いなので、黙って直して上司に渡した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○明らかな間違いは、黙って修正して上司に渡すようにする。上司が作成した文書で固有名詞などの明らかなミスを見つけた場合も、黙って修正して構わない。

    解説

  • 18

    社外文書も社内文書も、発信日には文書を作成した日付を書く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×正しくは、文書を発信した当日の日付である。その際、元号も略さずに入れる。元号の方が西暦よりも一般的である。

    解説

  • 19

    M&A

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の合併・買収

    解説

  • 20

    上司不在時に上役からの回覧文書を受け取ったら?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.上役の秘書に、回覧を最後にしてもらうよう依頼する。2.回覧文書をコピーしておき、回答は上司から直接上役にする、と上役の秘書に伝える。

    解説

56960

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ