zuknow learn together

新しい教材を作成

商法条文15

カード 46枚 作成者: shunji (作成日: 2014/01/14)

  • 第七百八十八条  

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第七百八十八条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船長か船舶及ひ積荷をして共同の危険を免れしむる為め船舶又は積荷に付き為したる処分に因りて生したる損害及ひ費用は之を共同海損とす

    解説

  • 2

    第七百八十八条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第七百八十八条第1項の規定は危険か過失に因りて生したる場合に於て利害関係人の過失者に対する求償を妨けす

    解説

  • 3

    第七百八十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共同海損は之に因りて保存することを得たる船舶又は積荷の価格と運送賃の半額と共同海損たる損害の額との割合に応して各利害関係人之を分担す

    解説

  • 4

    第七百九十条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共同海損の分担額に付ては船舶の価格は到達の地及ひ時に於ける価格とし積荷の価格は陸揚の地及ひ時に於ける価格とす但積荷に付ては其価格中より滅失の場合に於て支払ふことを要せさる運送賃其他の費用を控除することを要す

    解説

  • 5

    第七百九十一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第七百八十九条,第七百九十条の規定に依り共同海損を分担すへき者は船舶の到達又は積荷の引渡の時に於て現存する価額の限度に於てのみ其責に任す

    解説

  • 6

    第七百九十二条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船舶に備附けたる武器、船員の給料、船員及ひ旅客の食料並に衣類は共同海損の分担に付き其価額を算入せす但此等の物に加へたる損害は他の利害関係人之を分担す

    解説

  • 7

    第七百九十三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船荷証券其他積荷の価格を評定するに足るへき書類なくして船積したる荷物又は属具目録に記載せさる属具に加へたる損害は利害関係人に於て之を分担することを要せす

    解説

  • 8

    第七百九十三条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 甲板に積込みたる荷物に加へたる損害亦同し但沿岸の小航海に在りては此限に在らす

    解説

  • 9

    第七百九十三条第3項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第七百九十三条第1・2に掲けたる積荷の利害関係人と雖も共同海損を分担する責を免るることを得す

    解説

  • 10

    第七百九十四条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共同海損たる損害の額は到達の地及ひ時に於ける船舶の価格又は陸揚の地及ひ時に於ける積荷の価格に依りて之を定む但積荷に付ては其滅失又は毀損の為め支払ふことを要せさりし一切の費用を控除することを要す

    解説

  • 11

    第七百九十四条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第五百七十八条の規定は共同海損の場合に之を準用す

    解説

  • 12

    第七百九十五条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船荷証券其他積荷の価格を評定するに足るへき書類に積荷の実価より低き価額を記載したるときは其積荷に加へたる損害の額は其記載したる価額に依りて之を定む

    解説

  • 13

    第七百九十五条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 積荷の実価より高き価額を記載したるときは其積荷の利害関係人は其記載したる価額に応して共同海損を分担す

    解説

  • 14

    第七百九十五条第3項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第七百九十五条第1・2項の規定は積荷の価格に影響を及ほすへき事項に付き虚偽の記載を為したる場合に之を準用す

    解説

  • 15

    第七百九十六条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第七百八十九条の規定に依りて利害関係人か共同海損を分担したる後船舶、其属具若くは積荷の全部又は一部か其所有者に復したるときは其所有者は償金中より救助料及ひ一部滅失又は毀損に因りて生したる損害の額を控除したるものを返還することを要す

    解説

  • 16

    第七百九十七条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船舶か双方の船員の過失に因りて衝突したる場合に於て双方の過失の軽重を判定すること能はさるときは其衝突に因りて生したる損害は各船舶の所有者平分して之を負担す

    解説

  • 17

    第七百九十八条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共同海損又は船舶の衝突に因りて生したる債権は1年を経過したるときは時効に因りて消滅す

    解説

  • 18

    第七百九十八条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第七百九十八条第1項の期間は共同海損に付ては其計算終了の時より之を起算す

    解説

  • 19

    第七百九十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本章の規定は船舶か不可抗力に因り発航港又は航海の途中に於て碇泊を為す為めに要する費用に之を準用す

    解説

  • 20

    第八百条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船舶又は積荷の全部又は一部か海難に遭遇せる場合に於て義務なくして之を救助したる者は其結果に対して相当の救助料を請求することを得

    解説

  • 21

    第八百一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 救助料に付き特約なき場合に於て其額に付き争あるときは危険の程度、救助の結果、救助の為めに要したる労力及ひ費用其他一切の事情を斟酌して裁判所之を定む

    解説

  • 22

    第八百二条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海難に際し契約を以て救助料を定めたる場合に於て其額か著しく不相当なるときは当事者は其増加又は減少を請求することを得此場合に於ては前条の規定を準用す

    解説

  • 23

    第八百三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 救助料の額は特約なきときは救助せられたる物の価額に超ゆることを得す

    解説

  • 24

    第八百三条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 先順位の先取特権あるときは救助料の額は先取特権者の債権額を控除したる残額に超ゆることを得す

    解説

  • 25

    第八百四条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 数人か共同して救助を為したる場合に於て救助料分配の割合に付ては第801条の規定を準用す

    解説

  • 26

    第八百四条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人命の救助に従事したる者も亦前項の規定に従ひて救助料の分配を受くることを得

    解説

  • 27

    第八百五条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 救助に従事したる船舶か汽船なるときは救助料の3分の2,帆船なるときは其2分の1を船舶所有者に支払ひ其残額は折半して之を船長及ひ海員に支払ふことを要す

    解説

  • 28

    第八百五条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第八百五条第1項の規定に依りて海員に支払ふへき金額の分配は船長之を行ふ此場合に於ては前条の規定を準用す

    解説

  • 29

    第八百五条第3項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第八百五条第1・2項の規定に反する契約は無効とす

    解説

  • 30

    第八百六条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船長か第八百五条第2項の規定に依り救助料の分配を為すには航海を終はるまてに分配案を作り之を海員に告示することを要す

    解説

  • 31

    第八百七条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海員か前条の分配案に対して異議の申立を為さんとするときは其告示ありたる後異議の申立を為すことを得る最初の港の管海官庁に之を為すことを要す

    解説

  • 32

    第八百七条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 管海官庁は異議を理由ありとするときは分配案を更正することを得

    解説

  • 33

    第八百七条第3項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船長は異議の落著前には救助料の支払を為すことを得す

    解説

  • 34

    第八百八条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船長か分配案の作成を怠りたるときは管海官庁は海員の請求に因り船長に対して分配案の作成を命することを得

    解説

  • 35

    第八百八条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船長か第八百八条第2項の命令に従はさるときは管海官庁は分配案を作ることを得

    解説

  • 36

    第八百九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左の場合に於ては救助者は救助料を請求することを得す

    解説

  • 37

    第八百九条第1項第一号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 故意又は過失に因りて海難を惹起したるとき

    解説

  • 38

    第八百九条第1項第二号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正当の事由に因りて救助を拒まれたるに拘はらす強ひて之に従事したるとき

    解説

  • 39

    第八百九条第1項第三号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 救助したる物品を隠匿し又は濫に之を処分したるとき

    解説

  • 40

    第八百十条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 救助者は其債権に付き救助したる積荷の上に先取特権を有す

    解説

  • 41

    第八百十条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第八百十条第2項の先取特権には船舶債権者の先取特権に関する規定を準用す

    解説

  • 42

    第八百十一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船長は救助料の債務者に代はりて其支払に関する一切の裁判上又は裁判外の行為を為す権限を有す

    解説

  • 43

    第八百十一条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 救助料に関する訴に於ては船長は自ら原告又は被告と為ることを得但其訴に付き言渡したる判決は救助料の債務者に対しても其効力を有す

    解説

  • 44

    第八百十二条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 積荷の所有者は救助せられたる物を以て救助料を支払ふ義務を負ふ

    解説

  • 45

    第八百十三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 積荷の上に存する先取特権は債務者か其積荷を第三取得者に引渡したる後は其積荷に付き之を行ふことを得す

    解説

  • 46

    第八百十四条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 救助料の請求権は救助を為したる時より1年を経過したるときは時効に因りて消滅す

    解説

56989

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ