zuknow learn together

新しい教材を作成

家族法①

カード 25枚 作成者: ちえ (作成日: 2014/01/14)

  • 養親とは( )による親のことである。主にに規定がある。父母に対応させて、養父母とも呼ばれ、養父と養母に分けて呼ばれることもある。養親は実父母と同様の法律的地位を有している

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

家族法の虫食い問題①

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    養親とは( )による親のことである。主にに規定がある。父母に対応させて、養父母とも呼ばれ、養父と養母に分けて呼ばれることもある。養親は実父母と同様の法律的地位を有している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 養子縁組

    解説

  • 2

    財産分与とは、( )の財産的効果として、一方の者の請求により婚姻中に協力して蓄積した財産を清算するため財産を、に基づき分与することである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 離婚

    解説

  • 3

    後見人とは、財産に関するすべての事項で、( )あるいは成年被後見人の法定代理人となる者をいう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 未成年者

    解説

  • 4

    夫婦創姓論とは、( )によって夫・妻とも新しい氏を名乗る制度を主張したもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 婚姻

    解説

  • 5

    民法772条は1項で「妻が( )中に懐胎した子は、夫の子と推定する」ことを規定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 婚姻

    解説

  • 6

    監護は、親が( )として自らの保護する子女の福利、厚生を考えて保護、監督することであり、その権利を監護権という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 親権者

    解説

  • 7

    嫡出とは「( )関係にある男女から生まれた」の意

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 婚姻

    解説

  • 8

    共同親権とは、( )してもなお、子の親権について双方が分担し権利と義務を有する考えのことである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 離婚

    解説

  • 9

    戸主は男性であることが原則であるが、女性であっても家督相続ができた。女性の( )、私生児などが一家を創立することもあり、女戸主もあり得た。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 庶子

    解説

  • 10

    血族とは血縁関係にある者をいい、姻族とは配偶者の血族及び血族の配偶者とその子孫、直系尊属の再婚相手とその血族をいう。また、養子縁組により親族となった者は()という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法定血族

    解説

  • 11

    離婚とは、婚姻関係にある生存中の( )もしくは同性同士が、有効に成立した婚姻を、婚姻後に生じた事情を理由として将来に向かって解消することをいう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夫婦

    解説

  • 12

    国際養子とは、国籍の異なる( )と養子の間で養子縁組を行うことをいう。当事者の一方の国における手続き上の面からは、渉外養子とも呼ばれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 養親

    解説

  • 13

    監護権とは、( )の本質である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 親権

    解説

  • 14

    通常、子と配偶者は推定相続人であるが、相続欠格・( )により相続人としての資格を失うことがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相続廃除

    解説

  • 15

    ()とは、離婚後に子供を育てる仕組みの一つであり、二人の生物学的な親が子供の育児を共同で平等に行うものである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共同育児

    解説

  • 16

    ()とは、婚姻と同時に夫が妻の親と養子縁組すること、又はその場合に養子になった夫のことをいう。本稿では主に日本の民法における規定を説明する。歴史的な事柄は入婿参照のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 婿養子

    解説

  • 17

    面接交渉は、離婚後に子どもを養育・監護していない方の親によって行われる子どもとの( )等のことである。これを実施する権利を面接交渉権という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 面会

    解説

  • 18

    1871年に制定されて以来、度々改正された。第二次世界大戦後の民法改正による家制度廃止に伴い、従来のものを全面改正し、現行戸籍法が制定された。12月22日に( )され、翌年1月1日に施行された

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公布

    解説

  • 19

    死後懐胎子とは、男性の死亡後に、当該男性の保存( )を用いて行われた人工生殖により女性が懐胎し、出産した子。提供者が法律上の父となるか否かにつき、争いがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精子

    解説

  • 20

    重婚とは、既に( )がいるのに、他の異性と結婚をすること。多くの国で禁止されており、日本でもによって不適法な婚姻とされている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 配偶者

    解説

  • 21

    相続の放棄をしようとする者は、その旨を被相続人の最後の住所を受け持つ家庭裁判所に申述しなければならない。( )と違い、それ以上の手続は必要ない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 限定承認

    解説

  • 22

    身分とは、人の社会的状態の中で外形的なもののことである。身分の例としては、( )・職業などがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地位

    解説

  • 23

    事実婚とは、婚姻届を出してはいないが、事実上( )状態にある関係。内縁と同義。特に法律上は内縁とされることが多く、実際に法的意義は内縁と同一である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 婚姻

    解説

  • 24

    未成年後見については、( )を参照。*成年後見については、後見開始の審判があったときである。審判をするときには、家庭裁判所は職権で成年後見人を選任する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 未成年後見人

    解説

  • 25

    親権とは、一般的に、「子」を持つ「親」に対して法的に与えられている社会的かつ経済的な権利及び( )の総称のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 義務

    解説

56900

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ