zuknow learn together

新しい教材を作成

商法条文2

カード 30枚 作成者: shunji (作成日: 2014/01/14)

  • 第十八条  

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第十八条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 譲受人が譲渡人の商号を引き続き使用しない場合においても、譲渡人の営業によって生じた債務を引き受ける旨の広告をしたときは、譲渡人の債権者は、その譲受人に対して弁済の請求をすることができる。

    解説

  • 2

    第十八条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 譲受人が第十八条第1項の規定により譲渡人の債務を弁済する責任を負う場合には、譲渡人の責任は、同項の広告があった日後2年以内に請求又は請求の予告をしない債権者に対しては、その期間を経過した時に消滅する。

    解説

  • 3

    第十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商人の会計は、一般に公正妥当と認められる会計の慣行に従うものとする。

    解説

  • 4

    第十九条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商人は、その営業のために使用する財産について、法務省令で定めるところにより、適時に、正確な商業帳簿(会計帳簿及び貸借対照表をいう。以下この条において同じ。)を作成しなければならない。

    解説

  • 5

    第十九条第3項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商人は、帳簿閉鎖の時から十年間、その商業帳簿及びその営業に関する重要な資料を保存しなければならない。

    解説

  • 6

    第十九条第4項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判所は、申立てにより又は職権で、訴訟の当事者に対し、商業帳簿の全部又は一部の提出を命ずることができる。

    解説

  • 7

    第二十条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商人は、支配人を選任し、その営業所において、その営業を行わせることができる。

    解説

  • 8

    第二十一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支配人は、商人に代わってその営業に関する一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有する。

    解説

  • 9

    第二十一条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支配人は、他の使用人を選任し、又は解任することができる。

    解説

  • 10

    第二十一条第3項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支配人の代理権に加えた制限は、善意の第三者に対抗することができない。

    解説

  • 11

    第二十二条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商人が支配人を選任したときは、その登記をしなければならない。支配人の代理権の消滅についても、同様とする。

    解説

  • 12

    第二十三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支配人は、商人の許可を受けなければ、次に掲げる行為をしてはならない。

    解説

  • 13

    第二十三条第1項第一号

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自ら営業を行うこと。

    解説

  • 14

    第二十三条第1項第二号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己又は第三者のためにその商人の営業の部類に属する取引をすること。

    解説

  • 15

    第二十三条第1項第三号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他の商人又は会社若しくは外国会社の使用人となること。

    解説

  • 16

    第二十三条第1項第四号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社の取締役、執行役又は業務を執行する社員となること。

    解説

  • 17

    第二十三条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支配人が前項の規定に違反して同項第二号に掲げる行為をしたときは、当該行為によって支配人又は第三者が得た利益の額は、商人に生じた損害の額と推定する。

    解説

  • 18

    第二十四条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商人の営業所の営業の主任者であることを示す名称を付した使用人は、当該営業所の営業に関し、一切の裁判外の行為をする権限を有するものとみなす。ただし、相手方が悪意であったときは、この限りでない。

    解説

  • 19

    第二十五条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商人の営業に関するある種類又は特定の事項の委任を受けた使用人は、当該事項に関する一切の裁判外の行為をする権限を有する。

    解説

  • 20

    第二十五条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二十五条第1項の使用人の代理権に加えた制限は、善意の第三者に対抗することができない。

    解説

  • 21

    第二十六条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物品の販売等(販売、賃貸その他これらに類する行為をいう。以下この条において同じ。)を目的とする店舗の使用人は、その店舗に在る物品の販売等をする権限を有するものとみなす。ただし、相手方が悪意であったときは、この限りでない。

    解説

  • 22

    第二十七条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代理商(商人のためにその平常の営業の部類に属する取引の代理又は媒介をする者で、その商人の使用人でないものをいう。以下この章において同じ。)は、取引の代理又は媒介をしたときは、遅滞なく、商人に対して、その旨の通知を発しなければならない。

    解説

  • 23

    第二十八条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代理商は、商人の許可を受けなければ、次に掲げる行為をしてはならない。

    解説

  • 24

    第二十八条第1項第一号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己又は第三者のためにその商人の営業の部類に属する取引をすること。

    解説

  • 25

    第二十八条第1項第二号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その商人の営業と同種の事業を行う会社の取締役、執行役又は業務を執行する社員となること。

    解説

  • 26

    第二十八条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代理商が第二十八条第1項の規定に違反して同項第一号に掲げる行為をしたときは、当該行為によって代理商又は第三者が得た利益の額は、商人に生じた損害の額と推定する。

    解説

  • 27

    第二十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物品の販売又はその媒介の委託を受けた代理商は、第五百二十六条第2項の通知その他売買に関する通知を受ける権限を有する。

    解説

  • 28

    第三十条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商人及び代理商は、契約の期間を定めなかったときは、二箇月前までに予告し、その契約を解除することができる。

    解説

  • 29

    第三十条第2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第三十条第2項の規定にかかわらず、やむを得ない事由があるときは、商人及び代理商は、いつでもその契約を解除することができる。

    解説

  • 30

    第三十一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代理商は、取引の代理又は媒介をしたことによって生じた債権の弁済期が到来しているときは、その弁済を受けるまでは、商人のために当該代理商が占有する物又は有価証券を留置することができる。ただし、当事者が別段の意思表示をしたときは、この限りでない。

    解説

57055

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ