zuknow learn together

新しい教材を作成

高1 家庭科

カード 20枚 作成者: erierin2 (作成日: 2015/05/21)

  • 学校を卒業したら、働いて生活に必要なものや自分の欲しいものは自分で買えるようになりたい。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

てすとたいさーく。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    学校を卒業したら、働いて生活に必要なものや自分の欲しいものは自分で買えるようになりたい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会的・経済的自立

    解説

  • 2

    料理、洗濯、掃除ぐらいは一通りできないとこれからは男もだめだと思う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生活的自立

    解説

  • 3

    自分に性的欲求はもちろんあるけど彼女の気持ちを無視してそれを押し付けたら最低な男になってしまう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 性的自立

    解説

  • 4

    自分の進路ややりたいこと、人の意見やアトバイスに耳は傾けるけど、最終的に決めるのは当然、自分。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神的自立

    解説

  • 5

    ライフステージとは? ()期()期()期()期高齢期といった変化のそれぞれの段階。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳幼児,児童,青年,成人

    解説

  • 6

    性的自立とはまず自分がどのような性を生きるのかという()を確立することである。ジェンダーとは、 ()的()的に規定された()のこと。体や心の性的な成長を()的にとらえて、社会における安全と信頼に基づく()の一環として誰といつどのような形で性的な関係を持つのかどうかを()できるようになることである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジェンダー・アイデンティティー 社会,文化,性差,肯定,人間関係 自己決定

    解説

  • 7

    青年期には性的関心もデート経験なども、増加する時期となっているためより確かな()を学ぶことが必要である。それにより、()な行動を促し、相互の()な関係にもつながる。 しかし、()の性情報に影響された危険な行動は()のもととなり自分だけでなく相手の生活や()にも大きく悪影響を与える。だからこそ性的自己決定には相互の安全や安心という()に配慮した行動選択が求められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 性知,慎重,幸せ,興味本意,トラブル 将来,人権

    解説

  • 8

    (あ)生物学的性差 (い)社会的・文化的性差 ・学校の制服は、男はズボン、女はスカートを履く→() ・社会の役割は男は仕事女は家庭 →() ・身体のしくみ、女は妊娠の可能性あり、男はなし。→() ・生徒会の会長は男、副会長は女→()

    補足(例文と訳など)

    答え

    • い,い,あ,い

    解説

  • 9

    自立とは一人で生きられることではなく、人間としてふさわしい()の尊重と()の基盤があってこそ、達成できる。青年期における性的自立も深く()や()と関わり、性を()としてとらえてこそ実現できる保障が広がる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人権,生活,社会,人間関係 人権

    解説

  • 10

    性的な場面での関係が()でないと相手に()をしづらく、予期せぬ()やさらに()も起きやすく、DV(デートDV)やセクシュアルハラスメントなどの()に陥りやすくなる。 DV()とは家庭内・夫婦間・恋人間における暴力をさす。そのなかでデートDVは()をしていない恋人やそれに近い間柄で起こるすべての暴力の総称として、使われる。これらの暴力は単独ではなく複雑に()して起こることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対等,自己主張,妊娠,性感染症,性暴力 ドメスティック・バイオレンス 結婚,複合

    解説

  • 11

    生活的,社会的・経済的に必要なこと→ 一人で生きられる力をつけるためにはまず衣食住、消費生活などの()の習得が求められる。これは人生の選択肢の幅を広げ生活を()にするために身につけたい生活()のことであり、人間らしい生活を実現するために必要な()のことである。また獲得した知恵や知識・情報を使いこなす()・()を持つことが社会を構成する一員として()を得ながら生活することにつながる。そのためにも日頃から多様な()を知る中で物事を見定める力をつけたい。また、()な社会の実現のためには、生活をとりまく()に目を向けながら、主体的で責任ある()をとれる力を受けることも求められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生活スキル,豊か,技術,考える力 思考力,判断力,収入,考え,持続可能 社会問題,消費行動

    解説

  • 12

    社会のなかでの自立→ 自分の生活を自分の力で営むことを()という。そのためにはさまざまな()が個人に求められる。それは()との関わりのなかで身に付けるものである。しかし私たちは社会のなかで多くの人たちに支えられて生きている。 ()の人々や友人企業やNPOなどの()の支援を受けることを()という 家族の()な機能が落ちてきている現在では自分一人の責任で生活を成り立たせようとせずボランティアやNPOなど身近な()を利用してよりよい生活の実現を目指す人が増えている。 また現在の日本社会のなかで人間の尊厳が守られ一人一人が生きがいを持って位かられるためには、()や()の支援も必要不可欠である。このことを()という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自助,能力,人,地域,ボランティア団体 共助,互助的,ネットワーク,国 自治体,公助

    解説

  • 13

    ア 将来の生活についての計画を立て,必要な知識や技術を学ぶ。 イ 生活文化や豊富な経験を伝承する。 ウ 言語や情緒、空想力などが発達する エ 家庭・職場・社会において重要な役割を果たし、責任のある立場に立つ。 オ 基本的生活習慣が形成される。 カ 生活面の自立の基礎を習得する。 キ 身体的・精神的・性的な成長が著しく自我が形成される。 ク 行動範囲や自己概念が形成される。 ケ 人との関わりのなかで信頼感を獲得する。 コ 健康問題や親の介護などについての対応が必要となる。 サ 人間関係のなかで自己評価を築く。 シ 加齢による変化を受け入れこれまでの生活を見直し新たな活動や役割を見出す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳幼児期→ウ,オ,ケ 児童期→サ,ク,カ 青年期→キ,ア 成人期→コ,エ 高齢期→イ,シ

    解説

  • 14

    近代社会では法の上では個々の人間は独立した存在であるとされているが自立が難しい人々を()する役割は家族に求められ家族に関する法()が整備された。 さらに家族間の()を公平に解決する基準としての役割も与えられた。 明治民法の元では()が家族法の中心にあった。家族の長である()が強い権限を持って家族を()し他の家族はみな戸主の()・()に服した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 扶助,家族法,紛争,戸主 統率,命令,監督

    解説

  • 15

    仕事と生活の両立が難しい状況は残業を受け入れて長時間働く()と家事や育児、介護などの合間に短時間働く()の二極化も招いている。非正社員とは(),()ともいい、パート・アルバイトだけでなく数ヶ月や一年などの契約ではたらく()や派遣会社に登録して派遣先の会社が必要な時だけ働く()なども含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正社員,非正社員,非正規労働者 非正規雇用者,契約社員 派遣社員

    解説

  • 16

    非正社員は働き手の3人に1人、15〜24歳の4〜5割、働く女性の過半数にまで増えている。非正社員はフルタイムで働いても経済的に自立できないワーキングプア()の温床とも言われる。 特に若い世代では収入が低くて()ができない短期雇用で()を取れないといった例も多く()の一因としてきされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 働く貧困者,結婚,少子化

    解説

  • 17

    少子化が進む中()の労働力も必要とされている。そのための仕組みへ向け()や()などの制度を充実させる仕事と生活の調和()のための政策が急務になっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 女性,労働時間短縮,育児・介護休業法 ワークライフバランス

    解説

  • 18

    働き方の二極化・劣悪化のなかで()を国際労働機関ILOが提唱している。その実現のために不可欠なのが,さまざまな()働く規則である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディーセント・ワーク ワークルール

    解説

  • 19

    ()性と生殖に関する健康/権利 生殖に関するすべての側面において、身体的,精神的,社会的に良好であること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リプロダクティブ・ヘルス/ライツ ↑生殖 健康 権利↑

    解説

  • 20

    職場・家庭・地域においてともに等しく参画し、責任を果たしていく社会実現を目指す。 →()

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 男女共同参加社会基本法

    解説

57027

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ