zuknow learn together

新しい教材を作成

用語

カード 18枚 作成者: ジュンペイ (作成日: 2014/01/14)

  • NSObject

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    NSObject

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSObjectクラスは全てのクラスのスーパークラスで、どのクラスでも必要となるメソッドが定義されています。

    解説

  • 2

    NSMutableString

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSMutableStringクラスは、可変文字列としたい場合に使用します。NSMutableStringはNSStringを継承していますので、NSStringのメソッドはそのまま使用できます。

    解説

  • 3

    NSNotification

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSNotificationクラスは、通知の仕組みを使用する時の通知する内容を保持するクラスです。

    解説

  • 4

    NSArray

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSArrayクラスは、オブジェクトをリスト形式で管理するコレクションクラスです。変更可能なクラスとしたい場合は、NSMutableArrayクラスを使用します。

    解説

  • 5

    NSDate

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSDateクラスは日付と時間を管理するクラスです。

    解説

  • 6

    NSUserDefaults

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アプリケーションの設定値など、アプリを停止させてもずっと保持しておきたい情報などはよくありますが、NSUserDefaultsを使うとそうしたデータを簡単に保持できます。

    解説

  • 7

    NSLog

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSLogはコンソールにログを出力します。プログラム開発中に変数の中身を出力したいとか、ロジックが実行されているか確認するためにログを出力したいなどの時に使います。

    解説

  • 8

    NSBundle

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSBundleはアプリケーションのリソース(クラス、Xib、画像などのファイル)をまとめて管理してくれる仕組みを提供するクラスです。

    解説

  • 9

    NSMutableArray

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSMutableArrayクラスは、NSArrayを可変としたい場合に使用します。NSMutableArrayはNSArrayを継承していますので、NSArrayのメソッドはそのまま使用できます。

    解説

  • 10

    NSMutableDictionary

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSMutableDictionaryクラスは、NSDictionaryを可変としたい場合に使用します。NSMutableDictionaryはNSDictionaryを継承していますので、NSDictionaryのメソッドはそのまま使用できます。

    解説

  • 11

    NSData

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSDataはバイト列のデータ(バイナリデータ)を扱うときに使用します。

    解説

  • 12

    NSSet

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSSetクラスは、要素の重複を許さないコレクションクラスです。また要素の変更はできません。変更可能なクラスとしたい場合は、NSMutableSetクラスを使用します。

    解説

  • 13

    NSTimer

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSTimerクラスはタイマーを管理するクラスです。一定間隔で何かを実行させたい場合や、指定した時間に実行させたい場合などに使用します。

    解説

  • 14

    NSNumber

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSNumber型はプリミティブ型(int型,float型,BOOL型など)をオブジェクトとして扱いたい場合に使用します。一般的にラッパークラスと呼ばれます。

    解説

  • 15

    NSString

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSStringクラスは、Objective-Cで文字列を扱うクラスです。NSStringは変更不可なので、可変の文字列を扱いたい場合はNSMutalbeStringクラスを使用します。

    解説

  • 16

    NSNotificationCenter

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSNotificationCenterクラスを使用すると、通知という仕組みを使用することができます。たとえば、あるイベントが発生した時に、同じアプリ内の別クラスでそのイベントを拾いたいといった時に使用できます。

    解説

  • 17

    NSValue

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CGRectやNSRangeなど、NSObjectを継承していない構造体をオブジェクトとして扱いたい場合に使用します。例えば、CGRectなどの構造体はNSObjectを継承していないため、そのままではNSArrayなどに追加できませんが、NSValue型に変換すれば追加することができるようになります。

    解説

  • 18

    NSDictionary

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NSDictionaryはオブジェクトをキー値と要素を対として保持する配列クラスです。変更可能なクラスとしたい場合は、NSMutableDictionaryクラスを使用します。

    解説

56988

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ