zuknow learn together

新しい教材を作成

NS(Mutable)Data,Date

カード 8枚 作成者: ジュンペイ (作成日: 2014/01/14)

    • (NSUInteger)length

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    - (NSUInteger)length

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイズを取得する (例)int i = [d length];

    解説

  • 2

    -(void)setData:(NSData *)data

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データを置き換える (例)[md setData:dt];※dtはNSData型オブジェクト

    解説

  • 3

    -(NSString*)description

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日付を文字列にして返す (例)NSDate型をNSString型で取得する NSString *str = [date description];

    解説

  • 4

    -(NSDate*)earlierDate:(NSDate *)anotherDate

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日付を比較して過去の日付を返す (例)date1とdate2を比較し過去の方を取得する NSDate *d = [date1 earlierDate:date2];

    解説

  • 5

    -(BOOL)isEqualToDate:(NSDate*)anotherDate

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じ日付かどうかの判定 (例)date1とdate2が同じであるかどうかを比較する BOOL b = [date1 isEqualToDate:date2];

    解説

  • 6

    -(void)appendData:(NSData *)other

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データを追加する (例)[md appendData:dt];※dtはNSData型オブジェクト

    解説

  • 7

    +(id)dateWithTimeIntervalSinceNow:(NSTimeInterval)seconds

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現在時刻から指定した秒数だけ前後した時刻を取得する (例)現在時刻の7日後を取得する NSDate *d =[NSDate dateWithTimeIntervalSinceNow:86400*7];

    解説

  • 8

    -(void)setLength:(NSUInteger)length

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データを指定したサイズに変更する (例)サイズを50に変更する [md setLength:50];

    解説

57027

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ