zuknow learn together

新しい教材を作成

刑事訴訟法(27)第2編第3章-3

カード 34枚 作成者: tadashi (作成日: 2014/01/14)

  • 第二百九十一条の二  

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

パソコンで見ることをお勧めします。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第二百九十一条の二  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 被告人が、第二百九十一条第3項の手続に際し、起訴状に記載された訴因について有罪である旨を陳述したときは、裁判所は、検察官、被告人及び弁護人の意見を聴き、有罪である旨の陳述のあつた訴因に限り、簡易公判手続によつて審判をする旨の決定をすることができる。ただし、死刑又は無期若しくは短期一年以上の懲役若しくは禁錮に当たる事件については、この限りでない。

    解説

  • 2

    第二百九十一条の三  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判所は、第二百九十一条の二の決定があつた事件が簡易公判手続によることができないものであり、又はこれによることが相当でないものであると認めるときは、その決定を取り消さなければならない。

    解説

  • 3

    第二百九十二条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 証拠調べは、第二百九十一条の手続が終つた後、これを行う。ただし、次節第一款に定める公判前整理手続において争点及び証拠の整理のために行う手続については、この限りでない。

    解説

  • 4

    第二百九十二条の二  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判所は、被害者等又は当該被害者の法定代理人から、被害に関する心情その他の被告事件に関する意見の陳述の申出があるときは、公判期日において、その意見を陳述させるものとする。

    解説

  • 5

    第二百九十二条の二第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二百九十二条の二第1項の規定による意見の陳述の申出は、あらかじめ、検察官にしなければならない。この場合において、検察官は、意見を付して、これを裁判所に通知するものとする。

    解説

  • 6

    第二百九十二条の二第3項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判長又は陪席の裁判官は、被害者等又は当該被害者の法定代理人が意見を陳述した後、その趣旨を明確にするため、これらの者に質問することができる。

    解説

  • 7

    第二百九十二条の二第4項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 訴訟関係人は、被害者等又は当該被害者の法定代理人が意見を陳述した後、その趣旨を明確にするため、裁判長に告げて、これらの者に質問することができる。

    解説

  • 8

    第二百九十二条の二第5項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判長は、被害者等若しくは当該被害者の法定代理人の意見の陳述又は訴訟関係人の被害者等若しくは当該被害者の法定代理人に対する質問が既にした陳述若しくは質問と重複するとき、又は事件に関係のない事項にわたるときその他相当でないときは、これを制限することができる。

    解説

  • 9

    第二百九十二条の二第6項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第百五十七条の二、第百五十七条の三及び第百五十七条の四第1項の規定は、第1項の規定による意見の陳述について準用する。

    解説

  • 10

    第二百九十二条の二第7項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判所は、審理の状況その他の事情を考慮して、相当でないと認めるときは、意見の陳述に代え意見を記載した書面を提出させ、又は意見の陳述をさせないことができる。

    解説

  • 11

    第二百九十二条の二第8項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二百九十二条の二第7項の規定により書面が提出された場合には、裁判長は、公判期日において、その旨を明らかにしなければならない。この場合において、裁判長は、相当と認めるときは、その書面を朗読し、又はその要旨を告げることができる。

    解説

  • 12

    第二百九十二条の二第9項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第1項の規定による陳述又は第7項の規定による書面は、犯罪事実の認定のための証拠とすることができない。

    解説

  • 13

    第二百九十三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 証拠調が終つた後、検察官は、事実及び法律の適用について意見を陳述しなければならない。

    解説

  • 14

    第二百九十三条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 被告人及び弁護人は、意見を陳述することができる。

    解説

  • 15

    第二百九十四条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公判期日における訴訟の指揮は、裁判長がこれを行う。

    解説

  • 16

    第二百九十五条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判長は、訴訟関係人のする尋問又は陳述が既にした尋問若しくは陳述と重複するとき、又は事件に関係のない事項にわたるときその他相当でないときは、訴訟関係人の本質的な権利を害しない限り、これを制限することができる。訴訟関係人の被告人に対する供述を求める行為についても同様である。

    解説

  • 17

    第二百九十五条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判長は、証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人を尋問する場合において、証人、鑑定人、通訳人若しくは翻訳人若しくはこれらの親族の身体若しくは財産に害を加え又はこれらの者を畏怖させ若しくは困惑させる行為がなされるおそれがあり、これらの者の住居、勤務先その他その通常所在する場所が特定される事項が明らかにされたならば証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人が十分な供述をすることができないと認めるときは、当該事項についての尋問を制限することができる。ただし、検察官のする尋問を制限することにより犯罪の証明に重大な支障を生ずるおそれがあるとき、又は被告人若しくは弁護人のする尋問を制限することにより被告人の防御に実質的な不利益を生ずるおそれがあるときは、この限りでない。

    解説

  • 18

    第二百九十五条第3項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判長は、第二百九十条の二第1項又は第3項の決定があつた場合において、訴訟関係人のする尋問又は陳述が被害者特定事項にわたるときは、これを制限することにより、犯罪の証明に重大な支障を生ずるおそれがある場合又は被告人の防御に実質的な不利益を生ずるおそれがある場合を除き、当該尋問又は陳述を制限することができる。訴訟関係人の被告人に対する供述を求める行為についても、同様とする。

    解説

  • 19

    第二百九十五条第4項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判所は、第二百九十五条第1-3項の規定による命令を受けた検察官又は弁護士である弁護人がこれに従わなかつた場合には、検察官については当該検察官を指揮監督する権限を有する者に、弁護士である弁護人については当該弁護士の所属する弁護士会又は日本弁護士連合会に通知し、適当な処置をとるべきことを請求することができる。

    解説

  • 20

    第二百九十五条第5項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二百九十五条第4項の規定による請求を受けた者は、そのとつた処置を裁判所に通知しなければならない。

    解説

  • 21

    第二百九十六条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 証拠調のはじめに、検察官は、証拠により証明すべき事実を明らかにしなければならない。但し、証拠とすることができず、又は証拠としてその取調を請求する意思のない資料に基いて、裁判所に事件について偏見又は予断を生ぜしめる虞のある事項を述べることはできない。

    解説

  • 22

    第二百九十七条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判所は、検察官及び被告人又は弁護人の意見を聴き、証拠調の範囲、順序及び方法を定めることができる。

    解説

  • 23

    第二百九十七条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二百九十七条第1項の手続は、合議体の構成員にこれをさせることができる。

    解説

  • 24

    第二百九十七条第3項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判所は、適当と認めるときは、何時でも、検察官及び被告人又は弁護人の意見を聴き、第1項の規定により定めた証拠調の範囲、順序又は方法を変更することができる。

    解説

  • 25

    第二百九十八条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検察官、被告人又は弁護人は、証拠調を請求することができる。

    解説

  • 26

    第二百九十八条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判所は、必要と認めるときは、職権で証拠調をすることができる。

    解説

  • 27

    第二百九十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検察官、被告人又は弁護人が証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人の尋問を請求するについては、あらかじめ、相手方に対し、その氏名及び住居を知る機会を与えなければならない。証拠書類又は証拠物の取調を請求するについては、あらかじめ、相手方にこれを閲覧する機会を与えなければならない。但し、相手方に異議のないときは、この限りでない。

    解説

  • 28

    第二百九十九条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検察官又は弁護人は、第二百九十八条第1項の規定により証人、鑑定人、通訳人若しくは翻訳人の氏名及び住居を知る機会を与え又は証拠書類若しくは証拠物を閲覧する機会を与えるに当たり、証人、鑑定人、通訳人若しくは翻訳人若しくは証拠書類若しくは証拠物にその氏名が記載されている者若しくはこれらの親族の身体若しくは財産に害を加え又はこれらの者を畏怖させ若しくは困惑させる行為がなされるおそれがあると認めるときは、相手方に対し、その旨を告げ、これらの者の住居、勤務先その他その通常所在する場所が特定される事項が、犯罪の証明若しくは犯罪の捜査又は被告人の防御に関し必要がある場合を除き、関係者(被告人を含む。)に知られないようにすることその他これらの者の安全が脅かされることがないように配慮することを求めることができる。

    解説

  • 29

    第二百九十九条の二  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判所が職権で証拠調の決定をするについては、検察官及び被告人又は弁護人の意見を聴かなければならない。

    解説

  • 30

    第二百九十九条の三

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検察官は、第二百九十九条第1項の規定により証人の氏名及び住居を知る機会を与え又は証拠書類若しくは証拠物を閲覧する機会を与えるに当たり、被害者特定事項が明らかにされることにより、被害者等の名誉若しくは社会生活の平穏が著しく害されるおそれがあると認めるとき、又は被害者若しくはその親族の身体若しくは財産に害を加え若しくはこれらの者を畏怖させ若しくは困惑させる行為がなされるおそれがあると認めるときは、弁護人に対し、その旨を告げ、被害者特定事項が、被告人の防御に関し必要がある場合を除き、被告人その他の者に知られないようにすることを求めることができる。ただし、被告人に知られないようにすることを求めることについては、被害者特定事項のうち起訴状に記載された事項以外のものに限る。

    解説

  • 31

    第三百条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第三百二十一条第1項第二号後段の規定により証拠とすることができる書面については、検察官は、必ずその取調を請求しなければならない。

    解説

  • 32

    第三百一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第三百二十二条及び第三百二十四条第1項の規定により証拠とすることができる被告人の供述が自白である場合には、犯罪事実に関する他の証拠が取り調べられた後でなければ、その取調を請求することはできない。

    解説

  • 33

    第三百二条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第三百二十一条乃至第三百二十三条又は第三百二十六条の規定により証拠とすることができる書面が捜査記録の一部であるときは、検察官は、できる限り他の部分と分離してその取調を請求しなければならない。

    解説

  • 34

    第三百三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公判準備においてした証人その他の者の尋問、検証、押収及び捜索の結果を記載した書面並びに押収した物については、裁判所は、公判期日において証拠書類又は証拠物としてこれを取り調べなければならない。

    解説

56869

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ