zuknow learn together

新しい教材を作成

刑事訴訟法(16)第1編第14章

カード 5枚 作成者: tadashi (作成日: 2014/01/14)

  • 第百七十九条  

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第百七十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 被告人、被疑者又は弁護人は、あらかじめ証拠を保全しておかなければその証拠を使用することが困難な事情があるときは、第一回の公判期日前に限り、裁判官に押収、捜索、検証、証人の尋問又は鑑定の処分を請求することができる。

    解説

  • 2

    第百七十九条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第百七十九条第1項の請求を受けた裁判官は、その処分に関し、裁判所又は裁判長と同一の権限を有する。

    解説

  • 3

    第百八十条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検察官及び弁護人は、裁判所において、第百七十九条第1項の処分に関する書類及び証拠物を閲覧し、且つ謄写することができる。但し、弁護人が証拠物の謄写をするについては、裁判官の許可を受けなければならない。

    解説

  • 4

    第百八十条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第百八十条第1項の規定にかかわらず、第百五十七条の四第3項に規定する記録媒体は、謄写することができない。

    解説

  • 5

    第百八十条第3項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 被告人又は被疑者は、裁判官の許可を受け、裁判所において、第1項の書類及び証拠物を閲覧することができる。ただし、被告人又は被疑者に弁護人があるときは、この限りでない。

    解説

56637

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ