zuknow learn together

新しい教材を作成

刑事訴訟法(13)第1編第11章-1

カード 29枚 作成者: tadashi (作成日: 2014/01/14)

  • 第百四十三条  

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

パソコンで見ることをお勧めします。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第百四十三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判所は、この法律に特別の定のある場合を除いては、何人でも証人としてこれを尋問することができる。

    解説

  • 2

    第百四十四条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公務員又は公務員であつた者が知り得た事実について、本人又は当該公務所から職務上の秘密に関するものであることを申し立てたときは、当該監督官庁の承諾がなければ証人としてこれを尋問することはできない。但し、当該監督官庁は、国の重大な利益を害する場合を除いては、承諾を拒むことができない。

    解説

  • 3

    第百四十五条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左に掲げる者が前条の申立をしたときは、第一号に掲げる者についてはその院、第二号に掲げる者については内閣の承諾がなければ、証人としてこれを尋問することはできない。

    解説

  • 4

    第百四十五条第1項第一号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 衆議院若しくは参議院の議員又はその職に在つた者

    解説

  • 5

    第百四十五条第1項第二号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内閣総理大臣その他の国務大臣又はその職に在つた者

    解説

  • 6

    第百四十五条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第百四十五条第1項の場合において、衆議院、参議院又は内閣は、国の重大な利益を害する場合を除いては、承諾を拒むことができない。

    解説

  • 7

    第百四十六条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何人も、自己が刑事訴追を受け、又は有罪判決を受ける虞のある証言を拒むことができる。

    解説

  • 8

    第百四十七条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何人も、左に掲げる者が刑事訴追を受け、又は有罪判決を受ける虞のある証言を拒むことができる。

    解説

  • 9

    第百四十七条第1項第一号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己の配偶者、三親等内の血族若しくは二親等内の姻族又は自己とこれらの親族関係があつた者

    解説

  • 10

    第百四十七条第1項第二号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己の後見人、後見監督人又は保佐人

    解説

  • 11

    第百四十七条第1項第三号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己を後見人、後見監督人又は保佐人とする者

    解説

  • 12

    第百四十八条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共犯又は共同被告人の一人又は数人に対し前条の関係がある者でも、他の共犯又は共同被告人のみに関する事項については、証言を拒むことはできない。

    解説

  • 13

    第百四十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医師、歯科医師、助産師、看護師、弁護士(外国法事務弁護士を含む。)、弁理士、公証人、宗教の職に在る者又はこれらの職に在つた者は、業務上委託を受けたため知り得た事実で他人の秘密に関するものについては、証言を拒むことができる。但し、本人が承諾した場合、証言の拒絶が被告人のためのみにする権利の濫用と認められる場合(被告人が本人である場合を除く。)その他裁判所の規則で定める事由がある場合は、この限りでない。

    解説

  • 14

    第百五十条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 召喚を受けた証人が正当な理由がなく出頭しないときは、決定で、10万円以下の過料に処し、かつ、出頭しないために生じた費用の賠償を命ずることができる。

    解説

  • 15

    第百五十条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第百五十条第1項の決定に対しては、即時抗告をすることができる。

    解説

  • 16

    第百五十一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 証人として召喚を受け正当な理由がなく出頭しない者は、10万円以下の罰金又は拘留に処する。

    解説

  • 17

    第百五十一条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第百五十一条第1項の罪を犯した者には、情状により、罰金及び拘留を併科することができる。

    解説

  • 18

    第百五十二条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 召喚に応じない証人に対しては、更にこれを召喚し、又はこれを勾引することができる。

    解説

  • 19

    第百五十三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第六十二条、第六十三条及び第六十五条の規定は、証人の召喚について、第六十二条、第六十四条、第六十六条、第六十七条、第七十条、第七十一条及び第七十三条第1項の規定は、証人の勾引についてこれを準用する。

    解説

  • 20

    第百五十三条の二  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 勾引状の執行を受けた証人を護送する場合又は引致した場合において必要があるときは、一時最寄の警察署その他の適当な場所にこれを留置することができる。

    解説

  • 21

    第百五十四条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 証人には、この法律に特別の定のある場合を除いて、宣誓をさせなければならない。

    解説

  • 22

    第百五十五条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宣誓の趣旨を理解することができない者は、宣誓をさせないで、これを尋問しなければならない。

    解説

  • 23

    第百五十五条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第百五十五条第1項に掲げる者が宣誓をしたときでも、その供述は、証言としての効力を妨げられない。

    解説

  • 24

    第百五十六条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 証人には、その実験した事実により推測した事項を供述させることができる。

    解説

  • 25

    第百五十六条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第百五十六条第1項の供述は、鑑定に属するものでも、証言としての効力を妨げられない。

    解説

  • 26

    第百五十七条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検察官、被告人又は弁護人は、証人の尋問に立ち会うことができる。

    解説

  • 27

    第百五十七条第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 証人尋問の日時及び場所は、あらかじめ、前項の規定により尋問に立ち会うことができる者にこれを通知しなければならない。但し、これらの者があらかじめ裁判所に立ち会わない意思を明示したときは、この限りでない。

    解説

  • 28

    第百五十七条第3項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第百五十七条第1項に規定する者は、証人の尋問に立ち会つたときは、裁判長に告げて、その証人を尋問することができる。

    解説

  • 29

    第百五十七条の二  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判所は、証人を尋問する場合において、証人の年齢、心身の状態その他の事情を考慮し、証人が著しく不安又は緊張を覚えるおそれがあると認めるときは、検察官及び被告人又は弁護人の意見を聴き、その不安又は緊張を緩和するのに適当であり、かつ、裁判官若しくは訴訟関係人の尋問若しくは証人の供述を妨げ、又はその供述の内容に不当な影響を与えるおそれがないと認める者を、その証人の供述中、証人に付き添わせることができる。

    解説

57049

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ