zuknow learn together

新しい教材を作成

薬理学 ①-2

カード 19枚 作成者: あまつぶ (作成日: 2015/05/18)

  • 生体に何らかの影響を与える
    化学物質すべてのこと

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

1年 中間テスト 逆ver

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    生体に何らかの影響を与える 化学物質すべてのこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬物

    解説

  • 2

    動物、植物の部分 または 分泌物 鉱物などを 簡単に加工したもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生薬

    解説

  • 3

    生薬から抽出した有効成分や 科学的合成品

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 科学的製剤

    解説

  • 4

    薬物の化学構造を明示する 名称

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 化学名

    解説

  • 5

    どこでと通用する薬物名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般名

    解説

  • 6

    薬局方に収載されている公定名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 局方名

    解説

  • 7

    製薬会社によって つけられている品名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商品名

    解説

  • 8

    薬物が生体に与える影響

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬理作用

    解説

  • 9

    生体に本来備わっている機能を量的に変化させる作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬力学的作用

    解説

  • 10

    体内や体表面の病原物に対する抑制 殺滅効果を主体とする薬理作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗感作用

    解説

  • 11

    薬物の作用が特定の器官・組織で特に強く現れる場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 選択的作用

    解説

  • 12

    特定の細胞に限ることなく どの細胞にも同じような作用が現れる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般的作用

    解説

  • 13

    薬物が実際に作用する部位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作用点

    解説

  • 14

    タンパク分子やタンパク分子の集合体からなり 特定の薬物と特異的に 結合することによって作用を発揮する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受容体

    解説

  • 15

    受容体に作用して受容体の本来の機能と同じ反応を引き起こす薬物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活性薬 または 作用薬

    解説

  • 16

    受容体と結合して 活性物質や 活性薬の作用を妨げる薬物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拮抗薬 または 遮断薬

    解説

  • 17

    酵素やトランスポーターなどの機能を 阻害する薬物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阻害薬

    解説

  • 18

    活性薬のうち いくら濃度を増しても最大効果が100%にならない薬物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 部分活性薬 部分アゴニスト

    解説

  • 19

    活性薬のうち濃度を増せば 最大効果が100%表れる物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 完全活性薬 完全アゴニスト

    解説

56726

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ