zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建問題(法令制③)

カード 22枚 作成者: ゆういちろう (作成日: 2014/01/11)

  • 市街化区域内における農業を営む者の住居の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行う1,500㎡の土地の区画形質の変更は開発許可を受ける必要が①

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

宅建のための問題集。法令制編。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    市街化区域内における農業を営む者の住居の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行う1,500㎡の土地の区画形質の変更は開発許可を受ける必要が①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要がある(1,000㎡以上)

    解説

  • 2

    建築物の建築を行わない青空駐車場の用に供する目的で行う規模が1ヘクタール以上の土地の区画形質の変更については開発許可を受ける必要が①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要ない 青空駐車場は建築物や特定工作物にあたらず、その用に供する目的で行う土地の区画形質の変更は開発行為にはあたらない。

    解説

  • 3

    建築物の建築の用に供することを目的とする土地の区画形質の変更で、非常災害のため必要な応急措置として行うものについても一定の場合には開発許可を受ける必要が①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要ない 非常災害のための必要な応急措置として行う開発行為は開発許可を受ける必要は無い。

    解説

  • 4

    都道府県知事は開発許可の申請があったときは地帯無く許可または不許可の処分をしなければならない。その処分は許可不許可にかかわらず、①で申請者に通知しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文書で

    解説

  • 5

    開発許可を受けた開発行為に関する工事により公共施設が設置されたときは、その公共施設は原則としてその公共施設の存する①の管理に属する。ただし、他の②に基づく管理者が別にあるとき、または協議により管理者について③をしたときはその者が管理する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①市町村 ②法律 ③別段の定め

    解説

  • 6

    図書館の建築を目的として行なう開発行為は都市計画法による開発許可を常に受ける必要が①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要ない 公益上必要な建築物の建築の用に供する目的での開発行為は常に開発許可を受ける必要はない

    解説

  • 7

    農業を営む者の住居の用に供する建築物の建築を目的として行われる開発行為について、開発許可が不要となるのは、開発行為が①以外の区域内において行われる場合である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①市街化区域以外

    解説

  • 8

    土地区画整理事業の施行として行う開発行為は常に①を受ける必要はない。しかし、土地区画整理事業が行われている区域内において行う開発行為であっても、土地区画整理事業の施行として行うものでなければ、原則として①を受ける必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①開発許可

    解説

  • 9

    学校教育法による学校は、大学を含めて公益上必要な建築物には当たらない。したがって、①を受ける必要がある場合がある。(受ける必要がないとはいえない)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開発許可

    解説

  • 10

    市街化区域内の既に造成された宅地において敷地面積が1,500㎡の共同住宅を建設する場合で当該宅地の①の変更を行わないときは「開発行為」にはあたらず、開発許可は不要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 区画形質の変更

    解説

  • 11

    市街化区域内の山林において土地区画整理事業(規模5ヘクタール)の施行として開発行為を行う場合は開発許可を受ける必要が①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要ない 土地区画整理事業の施行として行う開発行為は開発許可不要

    解説

  • 12

    区域区分が定められていない都市計画区域内の農地において、野球場を建設するため2ヘクタールの規模の開発行為を行う場合は原則として開発許可が①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要 野球場は規模が1ヘクタール以上の場合に第二種特定工作物にあたる。 区域区分が定められていない都市計画区域内で特定工作物を建設するための開発行為は原則として開発許可が必要である。

    解説

  • 13

    ①内で行なう開発行為は原則として開発許可が必要。しかし、①内において行う開発行為で、農業を営む者の住居用の住宅を建築することを目的とするものは開発許可は不要。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①市街化調整区域内

    解説

  • 14

    市街化調整区域における農産物の加工に必要な建築物の建築を目的とした500㎡の土地の区画形質の変更には開発許可が①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要である 農林漁業の用に供する一定の建築物・・・不要 加工に必要な建築物・・・必要

    解説

  • 15

    市街化区域における市街地再開発事業の施行として行う3,000㎡の土地の区画形質の変更は常に開発許可が①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不用

    解説

  • 16

    都市計画区域でも準都市計画区域でもない区域内における住宅団地の建設を目的とした6,000㎡の土地の区画形質の変更には常に開発許可が①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不用 1ヘクタール以上の場合に開発許可が必要

    解説

  • 17

    準都市計画区域における医療施設の建築を目的とした2,000㎡の土地の区画形質の変更には常に開発許可が

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不用(3,000㎡未満)

    解説

  • 18

    準都市計画区域内において行う開発行為は、その面積が①㎡以上の場合に開発許可を受ける必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3,000㎡以上

    解説

  • 19

    開発行為に関する設計に係る設計図書は、開発許可を受けようとする者が作成したものでなければならない。(〇×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×開発許可を受けようとする者が作成する必要はない

    解説

  • 20

    開発許可を受けようとする者が都道府県知事に提出する申請書には開発区域内において予定される建築物の用途を記載しなければならない。(〇×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    開発許可を受けた者は開発行為に関する工事を廃止した時にはその旨を都道府県知事に報告し同意を受けなければならない。(〇×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×届け出ればよく、同意は必要ない

    解説

  • 22

    開発許可を受けた開発区域内の土地においては開発行為に関する工事完了の公告があるまでの間であっても、都道府県知事の承認を受けて工事用の仮説建築物を建築することができる。(〇×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×工事用の仮説建築物については都道府県知事の承認がなくても建築できる

    解説

57055

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ