zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建問題(法令制②)

カード 20枚 作成者: ゆういちろう (作成日: 2014/01/11)

  • 市街化調整区域内の土地の区域について定められる地区計画の地区整備計画においては、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合の①限度及び建築物等の高さの①限度を定めることはできない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

宅建のための問題集。法令制編。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    市街化調整区域内の土地の区域について定められる地区計画の地区整備計画においては、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合の①限度及び建築物等の高さの①限度を定めることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①最低限度

    解説

  • 2

    都道府県はは、市または人口、就業者数その他の用件に該当する町村の中心の市街地を含み、かつ、自然的及び社会的条件並びに人口、土地利用、交通量その他の現況及び推移を勘案して、一体の都市として総合的に整備し、開発し、及び保全する必要がある区域を①として指定する。必要がある場合は当該市町村の区域外にわたり指定することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①都市計画区域

    解説

  • 3

    準都市計画区域については、都市計画に高度地区を定めることは①が、高度利用地区を定めることは②とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①できる ②できない

    解説

  • 4

    都市計画区域については、都市計画に用途地域及びその他の地域、地区または街区で必要なものを定める。また、①区域については原則として用途地域を定めない。(都市計画区域内の全ての区域に用途地域を定めるわけではない)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①市街化調整区域

    解説

  • 5

    都市計画区域について、無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため、必要があるときは、都市計画に①区域と②区域との区分を定めることができる。(定めなければならないわけではない)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①市街化区域 ②市街化調整区域

    解説

  • 6

    市街化区域については少なくとも①地域を定めるものとし、市街化調整区域については、原則として①地域を定めないものとされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①用途地域

    解説

  • 7

    ①区域は都市計画区域外の区域のうち、そのまま土地利用を整序し、または環境を保全するための措置を講ずることなく放置すれば、将来における一体の都市としての整備、開発および保全に支障が生じるおそれがあると認められる一定の区域に指定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①準都市計画区域

    解説

  • 8

    高度利用地区は、用途地域内の市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新とを図るため、建築物の①の最高限度および最低限度、建築物の②の最高限度、建築物の③の最低限度ならびに④の位置の制限を定める地区である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①容積率 ②建ぺい率 ③建築面積 ④壁面

    解説

  • 9

    地区計画は、建築物の建築形態、公共施設その他の施設の配置等から見て、一体としてそれぞれの区域の特性にふさわしい態様を備えた良好な環境の各街区を①し、②し、および③するための計画である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①整備 ②開発 ③保全

    解説

  • 10

    特定街区とは、市街地の整備改善を図るため街区の整備または造成が行われる地区について、その街区内における建築物の①ならびに建築物の高さの②および③の位置の制限を定める街区である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①容積率 ②最高限度 ③壁面

    解説

  • 11

    市街化区域内において、農業を営むものの住居の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行う開発行為(1,000㎡)は許可を①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 許可を受けなければならない 市街化区域内のおいては農業を営むものの住居の用に供する建築物の用に供する目的で行う開発行為は許可不要の例外にはあたらない。その規模が1,000㎡以上のものについては開発許可が必要。

    解説

  • 12

    市街化調整区域内において図書館法に規定する図書館の建築の用に供する目的で行う開発行為(1,000㎡)は許可を①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 許可を受ける必要なし

    解説

  • 13

    準都市計画区域内において専修学校の建築の用に供する目的で行う開発行為(1,000㎡)は許可を①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 許可を受ける必要なし 準都市計画区域内においては3,000㎡未満の開発行為は許可不要

    解説

  • 14

    都市計画区域および準都市計画区域外の区域内において、店舗の建築の用に供する目的で行う開発行為(1,000㎡)は許可を①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 許可を受ける必要なし 都市計画区域および準都市計画区域外の区域内においては1ヘクタール未満の開発行為については許可不用

    解説

  • 15

    市街化区域内において行う農業を営むものの住居の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行う開発行為は規模によって都市計画法の開発許可を①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 許可を受けなければならない 市街化区域内のおいては農業を営むものの住居の用に供する建築物の用に供する目的で行う開発行為は許可不要の例外にはあたらない。その規模が1,000㎡以上のものについては開発許可が必要。

    解説

  • 16

    都市再開発法第50条の2第3項の再開発会社が市街地再開発事業の施工として行う開発行為は常に開発許可が①である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不用

    解説

  • 17

    車庫、物置、その他これにら類する付属建築物の建築の用に供する目的で行う開発行為は常に開発許可が①である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不用

    解説

  • 18

    公民館の建築の用に供する目的で行う開発行為は常に開発許可が①である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不用

    解説

  • 19

    市街化調整区域内における庭球場の建設の用に供する目的で行う5,000㎡の土地の区画形質の変更は開発許可を受ける必要が①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要ない 庭球場は1ヘクタール(10,000㎡)以上のものでなければ第二種特定工作物にはあたらない。

    解説

  • 20

    市街化調整区域内における図書館の建築の用に供する目的で行う3,000㎡の土地の区画形質の変更は開発許可を受ける必要が①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要ない 図書館は公益上必要な建築物であり、図書館の建築の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更については開発許可は必要ない。

    解説

56988

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ