zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建問題(法令制①)

カード 20枚 作成者: ゆういちろう (作成日: 2014/01/11)

  • 都市計画区域は、一体の都市として総合的に整備し、開発し、および保全される必要がある区域であり、2以上の①にまたがって指定されてもよい。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

宅建のための問題集。法令制編。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    都市計画区域は、一体の都市として総合的に整備し、開発し、および保全される必要がある区域であり、2以上の①にまたがって指定されてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都府県

    解説

  • 2

    都市計画は、都市計画区域内において定められるものであるが、道路や公園などの①については特に必要があるときは当該都市計画区域外においても定めることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都市施設

    解説

  • 3

    市街化区域とは既に市街地を形成している区域およびおおむね①年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①10年

    解説

  • 4

    市街化調整区域は市街化を①すべき区域

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①抑制

    解説

  • 5

    無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を進めるため、都市計画区域を①と②に区別することができるが、すべての都市計画区域において区別する必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①市街化区域 ②市街化調整区域

    解説

  • 6

    地区計画は①が定められていない土地の区域でも一定の土地の区域には定められる。①が定められている土地の区域内のみ定められるわけではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 用途地域

    解説

  • 7

    都市計画事業の認可の告示があった後において、当該事業地域内で当該事業の施工の障害となる恐れがある土地の形質の変更を行おうとする者は、①の許可が必要である。事業の施工者の②は不要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①都道府県知事 ②許可

    解説

  • 8

    都市計画事業については土地収用法の規定による事業の認定は行わず、都市計画法の規定による事業の①又は②をもってこれに代えるものとする。また、都市計画法の規定による①の告示をもって土地収用法の規定による事業の認定の③とみなされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①認可 ②承認 ③告示

    解説

  • 9

    特別用途地区は、用途地域内の一定の地区における当該地区の特性にふさわしい土地利用の①、環境の②等の特別の目的の実現を図るため当該用途地域の指定を③して定める地区である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①増進 ②保護 ③補完

    解説

  • 10

    区域区分は、都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため必要があるときに都市計画に定める①と②との区分を言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①市街化区域 ②市街化調整区域

    解説

  • 11

    準都市計画区域は、①の区域のうち、相当数の建築物その他の工作物の建築若しくは建設又はこれらの敷地の造成が現に行われ、又は行われると見込まれる区域を含み、かつ、そのまま土地利用を整序し、又は環境を保全するための措置を講ずることなく放置すれば将来における一体の都市としての整備、開発及び保全に支障が生じるおそれがあると認められる一定の区域をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①都市計画区域外

    解説

  • 12

    再開発等促進区は、地区計画について土地の合理的かつ健全な①と②の増進とを図るため、一体的かつ総合的な市街地の再開発又は開発整備を実施すべき区域をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①高度利用 ②都市機能

    解説

  • 13

    高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途を適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するため、①、②、③、④又は⑤において定められる地区をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①第一種住居地域 ②第二種住居地域 ③準住居地域 ④近隣商業地域 ⑤準工業地域

    解説

  • 14

    高度地区は、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築物の①の最高限度または最低限度を定める地区である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高さ

    解説

  • 15

    特別用途地区は用途地域内の一定の地区における当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的を図るため当該用途地域の指定を①して定める地区である。②に定めることは出来ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①補完 ②用途地域外

    解説

  • 16

    地区計画は、当該地区の各街区における①、②、③等に関する機能が確保され、かつ、その良好な環境の形成又は保持のためその区域の特性に応じて合理的な土地利用が行われることを目途として定める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①防災 ②安全 ③衛生

    解説

  • 17

    準住居地域は①としての地域の特性にふさわしい業務の利便を増進しつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①道路の沿道

    解説

  • 18

    都市施設は、円滑な都市活動を確保し、良好な都市環境を保持するように都市計画に定めることとされており、市街化区域及び区域区分が定められていない都市計画区域については、少なくとも①、②、及び③を定めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①道路 ②公園 ③下水道

    解説

  • 19

    ①地域は中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するために定める地域である。(その都市計画には建築物の高さの最低限度又は最高限度を定める必要はない)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①第一種中高層住宅専用地域

    解説

  • 20

    ①地区は、当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るために定める地区であり、②内において定めることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①特別用途地区 ②用途地域内

    解説

56767

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ