zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建問題(業法②)

カード 23枚 作成者: ゆういちろう (作成日: 2014/01/11)

  • 専任媒介契約とは

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

宅建のための問題集。業法編。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    専任媒介契約とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般媒介契約と違い、依頼者が依頼先の宅建業者以外に重ねて売買や交換の媒介、代理を依頼することを許さない契約(依頼できるのは一つの宅建業者)

    解説

  • 2

    専任媒介契約は他業者への依頼が

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できない

    解説

  • 3

    専任媒介契約は自己発見取引が

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる

    解説

  • 4

    専任媒介契約の有効期間は①以内

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3ヶ月以内(3ヶ月を超える契約は無効となり、3ヶ月に短縮)

    解説

  • 5

    専任媒介契約の更新は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 依頼者の申し出がある時に限り更新が可能

    解説

  • 6

    専任媒介契約の依頼者への報告義務は①に1回以上

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2週間に1回以上

    解説

  • 7

    専任媒介契約の場合、指定流通機構への登録は①日以内に登録

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7日以内に登録

    解説

  • 8

    専属専任媒介契約は自己発見取引が

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できない

    解説

  • 9

    専属専任媒介契約の依頼者への報告義務は①に1回以上

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1週間に1回以上

    解説

  • 10

    専属専任媒介契約の場合、指定流通機構への登録は①日以内に登録

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5日以内に登録

    解説

  • 11

    重要事項説明は、契約が締結される①に、新たに権利を取得しようとする者に対して行わなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 締結される前

    解説

  • 12

    重要事項説明は必ず①が、重要事項説明書を相手方に交付して行い、重要事項説明書には①の②が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①取引主任者 ②記名押印

    解説

  • 13

    8種制限とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宅建業者が自ら売主となり、宅建業者でない買主と取引をする場合に宅建業者にかかってくる規制(宅建業者でない者を保護する規定)

    解説

  • 14

    8種制限の一つであるクーリングオフは、一定の場所以外で契約した場合、買主は無条件で契約を①または申し込みを②出来る制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①解除 ②撤回

    解説

  • 15

    クーリングオフは①によって行い、①を発した時に効力が生ずる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 書面

    解説

  • 16

    8種制限の一つである手付金等の保全措置は、宅建業者が自らを売主、宅建業者でない者を買主とする売買契約では、一定の保全措置(①や②)を講じた後でなければ手付金等を受領してはならない制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①保証(銀行などの金融機関等に保証人になってもらうこと) ②保険(保険をかけておくこと)

    解説

  • 17

    手付金等とは代金の全部または一部として授受される金銭及び手付金その他の名義をもって授受される金銭で①に充当されるものであり、契約の②以後、宅地または建物の③前に支払われるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①代金 ②締結日 ③引渡し

    解説

  • 18

    瑕疵担保責任履行法は、①住宅を供給する②に対して、瑕疵(欠陥)の補修等が確実に行われるよう、③や④を義務付けている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①新築住宅 ②事業者 ③保険 ④供託

    解説

  • 19

    瑕疵担保責任履行法の対象となる建物は平成①年10月1日以降に引き渡される新築住宅

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平成21年10月1日

    解説

  • 20

    瑕疵担保責任履行法の対象となる事業者は①と②

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①新築住宅の建設業者 ②売主(宅建業者)

    解説

  • 21

    瑕疵担保責任履行法の責任の範囲は住宅の瑕疵の中で特に重要な①部分及び②部分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①構造耐力上主要な部分 ②雨水の浸入を防止する部分

    解説

  • 22

    瑕疵担保責任履行法における責任期間は①年間の瑕疵担保責任

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10年間

    解説

  • 23

    瑕疵担保責任履行法における資力確保義務として①及び②の中から選択する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①保証金の供託 ②保険加入

    解説

56726

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ