zuknow learn together

新しい教材を作成

柔整 生理(血液)

カード 80枚 作成者: ryosuke (作成日: 2015/05/10)

  • ヘモグロビンは血中炭酸ガスの一部を運搬する

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ヘモグロビンは血中炭酸ガスの一部を運搬する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    ヘモグロビンは血液の緩衝作用に寄与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    ヘモグロビンは鉄とグロビンという蛋白質からなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    ビリルビンが分解されヘモグロビンとなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    赤血球の主な働きは酸素の運搬である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    赤血球の色はビリルビンに由来する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    赤血球はエリスロポエチンにより減少する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    赤血球は無核の球形細胞である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    インパルスは血液によって運搬される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    栄養素は血液によって運搬される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    体熱は血液によって運搬される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    造血は血漿蛋白質の機能である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    免疫機能は血漿蛋白質の機能である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    グルコースは血液の緩衝作用に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    重炭酸イオンは血液の緩衝作用に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    好中球には貪食作用がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    リンパ球には貪食作用がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    単球には貪食作用がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    血漿は細胞内液である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    血清からフィブリノーゲンを除いたものを血漿という

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    血漿には二酸化炭素運搬作用がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    抗A抗体には血清が含まれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    A抗原は血漿に含まれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    血小板は血清に含まれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    尿素は血漿に含まれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    フィブリノーゲンは血清に含まれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    ビリルビンはヘモグロビンの分解産物である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    ビリルビンはすべて排泄される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    ビリルビンは赤血球の酸素化を抑制する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    ビリルビンは胆汁成分の一種である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    血小板は血中で最も多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    赤血球は血中で最も多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    リンパ球は血中で最も少ない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    単球は血中で最も小さい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    血液幹細胞からすべての血球が産生される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    血小板には核がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    単球は組織中で肥満細胞に変化する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    肝臓では一生造血が行われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    白血球数には男女差がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    ヘマトクリット値には男女差がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    ヘマトクリット値は60%である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    白血球数7000/mm3は異常値である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    グロブリンは血漿膠質浸透圧への影響が最も多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    アルブミンは血漿膠質浸透圧への影響が最も多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    ナトリウムは血漿膠質浸透圧への影響が最も多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    IgMは肥満細胞と結合する免疫グロブリンである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    IgAはⅠ型アレルギーに関与する免疫グロブリンである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    IgGは最も多い免疫グロブリンである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    IgDは最も少ない免疫グロブリンである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    IgEは母乳に含まれる免疫グロブリンである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    フィブリノーゲンは血液凝固に関与しない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    トロンボプラスチンは血液凝固に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    プラスミノーゲンは血液凝固に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    ビタミンAは血液凝固に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    カルシウムイオンは血液凝固に関与しない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 56

    グロブリンは血液凝固に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    ヘモグロビンは血液凝固に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    アルブミンは血液凝固に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    ビタミンKは血液凝固因子の生成に必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    ビタミンCが不足すると血液凝固能が低下する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    プラスミンは抗擬固剤である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    プラスミンは止血には関与しない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    ハーゲマン因子は止血に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    フィブリノーゲンは繊維素を溶解する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    プラスミンは繊維素を溶解する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    γグロブリンは血液凝固に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    Rh因子は血液型に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    蛇毒は溶血を誘引する因子である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    アシドーシスは溶血を誘引する因子である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    高張液は溶血を誘引する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    花粉に対する抗体は遺伝性に存在している

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    α疑集素は遺伝性に存在している

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    B型血液は疑集原Bと疑集素βをもつ

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 74

    O型は疑集素を持たない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    AB型は疑集素を持たない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    疑集原Aと疑集素αは疑集反応を起こさない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    Rh型には-(マイナス)が多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    Rh型の違いは新生児重症黄疸の原因となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    寿命を終えた赤血球は膵臓で破壊される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    寿命を終えた赤血球は脾臓で破壊される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56642

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ