zuknow learn together

新しい教材を作成

【1日50個】ことわざ74

カード 50枚 作成者: masatoshi (作成日: 2014/01/11)

  • いつも柳の下に泥鰌(どじょう)はいない

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    いつも柳の下に泥鰌(どじょう)はいない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一度うまくいったからといってもう一度同じことがあるとは限らないということ

    解説

  • 2

    八面六臂

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時の過ぎ去ることが早いことのたとえ

    解説

  • 3

    鳥なき里の蝙蝠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 死ぬ間際の鳥の鳴き声には、なんとも言えない悲しい趣があるということ

    解説

  • 4

    情けに刃向かう刃無し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気持ちだけでは何もならないということ

    解説

  • 5

    万事休す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほとんど死にかかってる状態のこと

    解説

  • 6

    七重の膝を八重に折る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何回失敗してもくじけないで頑張るということ

    解説

  • 7

    有為転変の世の習い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世の中は激しく移り変わるもので、そのはかなさを嘆くもの

    解説

  • 8

    目が飛び出る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • めまいがする様子、また、非常に忙しい様子のこと

    解説

  • 9

    夕焼けに鎌を研げ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気長にゆったりとしている様子

    解説

  • 10

    協力同心

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仲間が協力して一丸となって問題解決にあたること

    解説

  • 11

    同気相求む

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 俗世間からかけ離れた理想郷のこと

    解説

  • 12

    なくて七癖あって四十八癖

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 親が死んで悲しみながらも形見は良いものを取ろうとすることから、欲は常にあるものだということのたとえ

    解説

  • 13

    蠡をもって海を測る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不可能なことのたとえ

    解説

  • 14

    酔いどれ怪我をせず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発生が終わっても余韻が絶えずに長く続く様子のこと

    解説

  • 15

    耳を貴び目を賤しむ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顔が美しいことがしあわせの基になるということ

    解説

  • 16

    奥歯に衣着せる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 思っていることをはっきり言わない嫌味な言い方

    解説

  • 17

    客の朝起き

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 客は主人が対応するのに困らないように、ゆっくり起きるのが良いということ

    解説

  • 18

    稼ぐに追い抜く貧乏神

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いくら働いても豊かにならないことを示したもの。「稼ぐに追い付く貧乏なし」のもじり

    解説

  • 19

    鬼の空念仏

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冷酷な人間が表面だけ慈悲深そうにふるまうこと

    解説

  • 20

    先入主となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 善人が極楽往生を遂げるのであるならば、仏の目で見ればそれよりかわいそうな悪人が往生を遂げられるのは言うまでもないということ

    解説

  • 21

    相対のことはこちゃ知らぬ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第三者には相対で決めた取り決めについては分からないということ。この言葉を使ってごまかすことが続き「いかさま」がインチキの意。

    解説

  • 22

    飼い犬に手を噛まれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かわいがっていた部下などに裏切られたり、ひどい目に合わされるということ

    解説

  • 23

    斬新奇抜

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事の発想がこれまでにない自由な様子

    解説

  • 24

    針ほどのことを棒ほどに言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 春は晩飯を食べた後に三里歩けるほど日が長いということ

    解説

  • 25

    空樽は音が高い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 空の樽は叩くと高い音がするように、中身がない人間ほどよく喋るということ。普段から不義理しておいて苦しい時に頼ろうとする人のこと。

    解説

  • 26

    人跡未踏

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人がまだ踏み入ったことがない土地のこと

    解説

  • 27

    仲人は宵の口

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手のこと思ってやったことがかえって良くない結果になること

    解説

  • 28

    吐いた唾を呑む

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 疑い始めるとなんでもない事まで気になりだすことのたとえ

    解説

  • 29

    勧学院の雀は蒙求を囀る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 普段聞いている言葉は自然と身につくということ

    解説

  • 30

    滄海の一粟

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世の中の変化が大きく激しいことのたとえ

    解説

  • 31

    升で量って箕でこぼす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気にして待っている日はなかなかこないが、気にしないでいるといつの間にか月日が過ぎ去ってしまうということ

    解説

  • 32

    烏(う)鷺(ろ)を戦わす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 囲碁を打つこと。烏(からす)は黒、鷺(さぎ)は白いことから

    解説

  • 33

    早いが勝ち

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕事を手早く処理するのも芸の内だということ

    解説

  • 34

    ローマは一日にして成らず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学問や技術が最高の水準に達すること

    解説

  • 35

    習わぬ経は読めぬ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生計を立てる方法は草の種ほど多種多様であるということ

    解説

  • 36

    下手がかえって上手

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何回もやれば偶然も起こるということ

    解説

  • 37

    烏賊のきんたま

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そうはいかないというのをしゃれたことば 「そうはいかのきんたま」

    解説

  • 38

    狂爛を既倒に廻らす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 傾いていた形勢を押し戻して、もとに戻すたとえ

    解説

  • 39

    日常坐臥

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毎日頻繁にあること

    解説

  • 40

    過ちを観て仁を知る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間違った行為を観察して、それが誠実のために行ったものであるのならば、仁者であることがわかるということ

    解説

  • 41

    月夜に提灯も外聞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無駄のようなことでもしないよりはましだということのたとえ

    解説

  • 42

    盗人にも仁義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悪人にも上には上があるということ

    解説

  • 43

    寝る子は育つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 災いのもとを断つことのたとえ

    解説

  • 44

    大賢は愚なるが如し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大事業を行うものは細かいことにこだわらないで積極的に実行するものだということ

    解説

  • 45

    渋柿の長持ち

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何も取り柄のない人のほうが長生きするということのたとえ

    解説

  • 46

    人の将に死なんとする、その言や善し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どんなにい素晴らしいものでも他人の物ならば、みすぼらしくても自分のもののほうが良いということ

    解説

  • 47

    臍下丹田に力を入れる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 晴れでも雨でも素晴らしい景色であるということ

    解説

  • 48

    見微知著

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小さな手がかりで本質を見ぬくこと

    解説

  • 49

    鷹の前の雀

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どんなに貧窮していても不正なことはしないということ

    解説

  • 50

    おぶえば抱かりょう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一度親切にするとつけあがってさらにそれ以上のことを求めてくるということ

    解説

56989

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ