zuknow learn together

新しい教材を作成

【1日50個】ことわざ44

カード 50枚 作成者: masatoshi (作成日: 2014/01/11)

  • 牛首を懸けて馬肉を売る

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    牛首を懸けて馬肉を売る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 見かけと実質が違うこと

    解説

  • 2

    好事多魔

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上手く行きそうなときには何かと邪魔が入ること

    解説

  • 3

    天長地久

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 詩の与える感動は非常に大きいということのたとえ

    解説

  • 4

    安い物と化け物はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 値段が安いものはそれだけ品質は良くないものだということ

    解説

  • 5

    一寸の虫にも五分の魂

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どんなに弱そうでもそれなりの意地があるから侮ってはいけないということ

    解説

  • 6

    渡る世間に鬼はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一致協力して仕事をすること

    解説

  • 7

    女房の悪いは六十年の不作

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 女房が一家の中心であるということ

    解説

  • 8

    質実剛健

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飾り気がなく真面目で、精神的にも肉体的にも強くてたくましいこと

    解説

  • 9

    鱈汁と雪道は後がよい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子供は三人いるのがちょうどよいということ

    解説

  • 10

    無為徒食

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 為政者がなにか手段を講じなくても自然と世の中がよく収まっていること

    解説

  • 11

    生は難く死は易し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 明るい月夜で清らかな風が吹いている様子

    解説

  • 12

    南船北馬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何でも出来るという人には、その道の名人はいないということ

    解説

  • 13

    斧を掲げて淵に入る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 用途を間違えること。適材適所に扱わないことの例え

    解説

  • 14

    君子危うきに近寄らず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 君子は好んで危険なところに近づいたりしないということ

    解説

  • 15

    人生 意気に感ず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間は相手の心意気を感じて仕事をするもので、金銭や名誉のために働くものではないということ

    解説

  • 16

    腕に覚えがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昔に経験していて今でもその能力に自信があること

    解説

  • 17

    好大喜功

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 功績を挙げようとする様子。功を焦る様子。

    解説

  • 18

    杜撰

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事がいい加減であるということ

    解説

  • 19

    貧の盗みに恋の歌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貧乏や苦労はめぐり合わせだから悲観するようなことではないとうこと

    解説

  • 20

    喉元過ぎれば熱さを忘れる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ものごとをつくりあげるのには時間がかかるが、破壊するのには一瞬であるということ

    解説

  • 21

    和衷共済

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人の過ちや欠点を改めるのに柔和な態度でおこなうことのたとえ

    解説

  • 22

    四面楚歌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 敵の中に孤立して助けがない状況のたとえ

    解説

  • 23

    男心と秋の空

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 男性の気持ちの変わりやすさを表した言葉

    解説

  • 24

    虫が知らせる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なんとなく気に入らないということ

    解説

  • 25

    前人未踏

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 先生と呼ばれて良い気になってる者を嘲笑している言葉

    解説

  • 26

    生殺与奪

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じ行動をしても人によって結果が違うことのたとえ

    解説

  • 27

    教うるは学ぶの半ば

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人に教えることは、自分の知識の曖昧さを知ることになり自分の勉強にもなるということ

    解説

  • 28

    桂馬の高上がり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身分不相応の高い地位について失敗することのたとえ

    解説

  • 29

    春の雪とおばの杖は怖くない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 春はとにかく眠くなる季節だということ

    解説

  • 30

    どこの烏も黒さは変わらぬ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 土地が違うと言葉や習慣などみんな違うということ

    解説

  • 31

    娘を見るより母を見よ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知恵がなくて愚かな様子のこと

    解説

  • 32

    諦めは心の養生

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いつまでも後悔しているのは良くないことで、諦めも肝心であるということ

    解説

  • 33

    蛇の道は蛇

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同類のことは同類の人間が一番良く分かるということ、また、その道の人間が一番そのことについて精通しているということのたとえ

    解説

  • 34

    破れても小袖

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 余計なことをして思わぬ災いを受けるということ

    解説

  • 35

    足を知らずしてくつをつくる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じ種類のものは性質も共通しているということ

    解説

  • 36

    好事魔多し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上手く行きそうなときには何かと邪魔が入ること

    解説

  • 37

    尾を振る犬は叩かれず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従順にしていれば危害を加えられることはないということ

    解説

  • 38

    高閣に束ぬ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長い間使用せずに放置しておくこと

    解説

  • 39

    不偏不党

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 両親から受けた恩は何よりも大きいものだということ

    解説

  • 40

    行住坐臥

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日々の立ち振る舞いのこと。日常のこと

    解説

  • 41

    夫婦喧嘩は貧乏の種まき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貧しいとしないでもよい夫婦喧嘩もしてしまうということ

    解説

  • 42

    三度諌めて身退く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 苦労を重ねて経験を積んでこそ優れた人間になれるということ

    解説

  • 43

    仇花に実は生らぬ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 着実でない計画では成果は上がらないということ

    解説

  • 44

    孤城落日

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 助けがなく衰退していく様子のこと

    解説

  • 45

    能ある鷹は爪を隠す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腕の良い職人のこと

    解説

  • 46

    耳を揃える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遠くのものをありがたがり、近くのものを軽んじることのたとえ

    解説

  • 47

    問屋(といや)の只今

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 即座にその場にあった機転を利かせること

    解説

  • 48

    天地は万物の逆旅

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天地のように永遠に続くこと

    解説

  • 49

    故きを温ねて新しきを知る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不運なことが連続することのたとえ

    解説

  • 50

    田の事すれば畑が荒れる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 楽しみも極限までくると悲しみがやってくるということ

    解説

56549

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ