zuknow learn together

新しい教材を作成

【1日50個】ことわざ43

カード 50枚 作成者: masatoshi (作成日: 2014/01/11)

  • 親方思いの主倒し

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    親方思いの主倒し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主人のためにしたことがかえって主人にとってマイナスな結果になること

    解説

  • 2

    無病息災

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何も面白みがないということ

    解説

  • 3

    楽髪苦爪

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 今楽をすれば将来は苦、今、苦を耐えればあとで楽ができるということ。

    解説

  • 4

    盗に食を齎(もたら)す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 技術が一定の水準まではあるが、まだ極めてはいないということのたとえ

    解説

  • 5

    鼎の軽重を問う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 権威者を軽く見て、その地位を奪おうとすること。また、人の実力を疑いその地位から追い落とそうとすること

    解説

  • 6

    小を捨てて大に就く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重要でないものを捨て、重要なものに力を入れるということ

    解説

  • 7

    人事(ひとごと)言わば筵(むしろ)敷け

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運が好調の時は、神でも止めることができないということ

    解説

  • 8

    立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昔から言われているたとえは真理を表していて嘘はないということ

    解説

  • 9

    五十にして四十九年の非を知る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何歳になっても修練を怠らない心がけが必要だということ、また、いくつになっても自らを反省する心がけが必要だということ

    解説

  • 10

    令狸執鼠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 礼も度が過ぎると、かえって乱れてくるということ

    解説

  • 11

    光明磊落

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公明正大である様子のこと

    解説

  • 12

    瓜(うり)二つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そっくりであるということのたとえ

    解説

  • 13

    三年飛ばず鳴かず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いつか活躍する日を待ってじっと機会をうかがっている様子

    解説

  • 14

    灰吹きから蛇が出る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心を改めて善人になることのたとえ

    解説

  • 15

    笑う門には福来る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どう過ごしても一生なのだから笑って過ごしたほうが良いということ

    解説

  • 16

    怪我と弁当は自分持ち

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分で怪我した責任は自分にあるということ

    解説

  • 17

    一つ余って大津へ戻る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言い方を変えてみても、示しているのは同じことだということ

    解説

  • 18

    歯滅びて舌存す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 早いことが良いことで優先されるということ

    解説

  • 19

    上げ膳据え膳

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他人が全て世話をしてくれること

    解説

  • 20

    出家の念仏嫌い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最も大切な事が嫌いということ

    解説

  • 21

    袖触れ合うも他生の縁

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 普段からいざというときに備えて準備しておけば、万が一のことが起こっても心配する必要がないということ

    解説

  • 22

    冬至十日経てば阿呆でも知る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冬至から本当に寒くなり冬が始まるかのように感じられるということ

    解説

  • 23

    見風使舵

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情勢を見て態度をどうするか決めること

    解説

  • 24

    裏の裏を行く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手が裏をかくつもりなのを見抜いてその逆を突くこと

    解説

  • 25

    生酔い本性違わず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言葉の訛りは育った国を表すものだということ

    解説

  • 26

    鍬をかたげた乞食は来ない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 働くものは貧乏しないということ

    解説

  • 27

    琴柱に膠す(ことじにかわす)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 規則にこだわって融通が利かないたとえ

    解説

  • 28

    金科玉条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人が絶対守るべき法律や規則のこと

    解説

  • 29

    悪は一旦の事なり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不正をしてうまくいっても、長くは続かないということ

    解説

  • 30

    左袒

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 味方をすること

    解説

  • 31

    驕奢淫逸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 思うがままに贅沢をして、遊興にふけること

    解説

  • 32

    小男の腕立て

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腕力のなさそうな男が力自慢をしたがること、また、抵抗しても力が弱くて問題にならないことのたとえ

    解説

  • 33

    孟母断機

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 専門家に任せるのが一番であるということのたとえ

    解説

  • 34

    一日千秋

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一日あわないと長い間会っていないかのように思うような感情のたとえ

    解説

  • 35

    針で掘って鍬で埋める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ものごとの変化が非常に激しいことのたとえ

    解説

  • 36

    生兵法は大怪我のもと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酒に酔っていても本性は変わらないということ

    解説

  • 37

    君子の交わりは淡きこと水の若し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 君子と人との付き合いは淡白であるからこそ、末永く友情が保たれるということ

    解説

  • 38

    溜飲が下がる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 根拠のない噂話は知者は聞いても人に話さないので、そこで止まるということ

    解説

  • 39

    端倪(たんげい)すべからず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 隠し事は見逃しがちなことから露見するということ

    解説

  • 40

    半畳を入れる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半分は信じているが半分は疑っている状態のこと

    解説

  • 41

    腹の立つように家蔵建たぬ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腹八分目の程度で食べていれば健康でいられるということ

    解説

  • 42

    近朱必赤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交際相手によって人は変わるということ

    解説

  • 43

    掲斧入淵

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 配置が間違っていて実力を発揮できないことのたとえ

    解説

  • 44

    盗人の昼寝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 盗人も自分のものが盗まれないように戸締りをするということ

    解説

  • 45

    不足奉公は双方の損

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 値打ちの分からないものに貴重なものをやっても無意味なことだということ

    解説

  • 46

    物言う花

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 余計なことを言うと災いを招くということ

    解説

  • 47

    葵花向日

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ひまわりが太陽の方向を追っかけるように、一つのことに集中するということ

    解説

  • 48

    人を怨むより身を怨め

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人を思いやるのは自分のためで、人を苦しめるのは自分を苦しめることになるということ

    解説

  • 49

    彫心鏤骨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • つりあわず比較にならないことのたとえ

    解説

  • 50

    交頭接耳

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ひそひそ話、内緒話のこと

    解説

56638

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ