zuknow learn together

新しい教材を作成

【1日50個】ことわざ40

カード 50枚 作成者: masatoshi (作成日: 2014/01/11)

  • 面従腹背

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    面従腹背

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 妻が権勢を振るうような家はいずれ滅んでしまうということ

    解説

  • 2

    驕兵必敗

    補足(例文と訳など)

    答え

    • おごりたかぶっている兵は必ず敗れるということ

    解説

  • 3

    知らぬが仏

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腹の立つことを知らなければ、仏のような安らかな気持ちでいられるということ

    解説

  • 4

    三日見ぬ間の桜かな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • とても危険なことのたとえ

    解説

  • 5

    薬も過ぎれば毒となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬も使いすぎれば毒になるということ。ほどほどにしなければいけないということ

    解説

  • 6

    盗みをする子は憎からで縄かくる人が恨めしい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • とてもやりにくいことのたとえ

    解説

  • 7

    開けて口惜しき玉手箱

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すばらしい玉手箱の中のものが価値を感じられないものでありがっかりする様子

    解説

  • 8

    秋風索莫

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秋風が吹いてさびしいさま

    解説

  • 9

    水に絵を描く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水が低い方へ流れるように、自然と物事が進んでいくということ

    解説

  • 10

    宝の持ち腐れ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 好機が訪れても何も得れずに無駄にすること

    解説

  • 11

    有って地獄無うて極楽

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金や子供はないほうが悩みがなく気楽にすごせるということ

    解説

  • 12

    過ちてはすなわちあらたむるにはばかることなかれ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過失があったと気づいたらすぐさまに改めなければいけないということ

    解説

  • 13

    寵愛昂じて尼になす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目先の違いに気をとられて、同じことに気がつかないこと

    解説

  • 14

    雌鳥勧めて雄鶏時を作る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長い間努力を続けることのたとえ

    解説

  • 15

    箕山(きざん)の節

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 節操を守って官職につかないことのたとえ

    解説

  • 16

    軽挙妄動

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軽はずみに行動すること

    解説

  • 17

    厚顔無恥

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厚かましくて恥知らずな様子のこと

    解説

  • 18

    堅貞不屈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貞操を守って、いろいろな誘惑などにも惑わない様子のこと

    解説

  • 19

    絵に描いた餅

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実際には役に立たないことのたとえ。本物でなければ価値がないことのたとえ

    解説

  • 20

    自慢 高慢 馬鹿の内

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分のことを自慢したり他人を蔑むのは人に嫌われることになるので、そういったことをおこなうのは愚かということ

    解説

  • 21

    琴棋詩酒

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風流人の楽しみのこと

    解説

  • 22

    胸襟担白

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気持ちが率直で表裏がないということ

    解説

  • 23

    布施ない経に袈裟を落とす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二つのものの関係が近づきすぎず離れすぎない状態のこと

    解説

  • 24

    引っ越し貧乏

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 力の弱いものが大将になって強兵を統率させようとすることのたとえ

    解説

  • 25

    衆人環視

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大勢の人が取り囲むようにしてみていること

    解説

  • 26

    死にたいと麦飯食いたいほど大きな嘘はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人は時には心にもないことを言うということ

    解説

  • 27

    伊勢へ七度熊野へ三度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 信仰心がとても厚いこと

    解説

  • 28

    雲煙過眼(うんえんかがん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事に執着しないこと

    解説

  • 29

    尺も短き所あり寸も長き所あり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 使い道によってはどんなものが役に立つか分からないということ

    解説

  • 30

    旨い物は宵に食え

    補足(例文と訳など)

    答え

    • よいことは早くしたほうがよいということ。うまいものも一晩おくと味が落ちてしまうことから

    解説

  • 31

    鶏口牛後

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大きな集団で人の後ろにいるよりも、小さな集団で頭になる方が良いということ

    解説

  • 32

    うかうか三十 きょろきょろ四十

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特に目立ったことをしないうちに一生を過ごしてしまった様子のこと

    解説

  • 33

    言わねば腹ふくる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言いたいことを言わないと不満がたまるということ

    解説

  • 34

    勇将の下に弱卒なし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最後までやり遂げて立派な実績を残すこと

    解説

  • 35

    痩せ腕にも骨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 力量に合わない大任を負わせること

    解説

  • 36

    物も言いようで角が立つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何事にもそれなりの年数がかかるものだということ

    解説

  • 37

    狐群狗党

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ろくでもない人間の集まりのこと

    解説

  • 38

    糞土の牆はぬるべからず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文章はその人柄を表すものだということ

    解説

  • 39

    井蛙はもって海を語るべからず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 立派な人物になろうとしたりや立身出世しようとする心持ちのこと

    解説

  • 40

    親の光は七光り

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子どもはたいしたことなくてもその親の地位・栄誉で子どもが厚遇を受けるということ

    解説

  • 41

    自暴自棄

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 思うようにならず、やけくそになること

    解説

  • 42

    急功近利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目先の利益を追い求めること

    解説

  • 43

    顎振り三年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 簡単に見えても奥義に達するには相当な苦労が必要だということ

    解説

  • 44

    尻に敷く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 妻が夫を従えて思うままにすること

    解説

  • 45

    断じて行えば鬼神も之を避く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 男が口にした言葉は必ず守るということ

    解説

  • 46

    士魂商才

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 武士の魂と商人の才能を持っているということ

    解説

  • 47

    濫觴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人としての道を外れて悪事をはたらく者のこと

    解説

  • 48

    雨降って地固まる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言い争うことでかえってよい結果が生まれることがあるということ

    解説

  • 49

    我が事と下り坂に走らぬ者なし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分の考えが何よりも優れているものだと思い込むこと

    解説

  • 50

    人の心は九分十分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • よそのことよりも自分のことが大事であるということのたとえ

    解説

56610

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ