zuknow learn together

新しい教材を作成

臨床免疫学

カード 29枚 作成者: ya kunitatsu (作成日: 2015/05/05)

  • 免疫学的測定法を英語でいうと?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    免疫学的測定法を英語でいうと?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イムノアッセイ

    解説

  • 2

    抗原抗体反応は全て( )結合かつ( )的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非共有、可逆

    解説

  • 3

    各結合部位のもつ個々の親和力のことを何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アフィニティー

    解説

  • 4

    総合親和力(アフィニティー)がより集まった力)を何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アビディティー

    解説

  • 5

    抗原と抗体の結合の相対的強さについて、Fabを1とするとIgGは( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 100

    解説

  • 6

    抗原と抗体の結合の相対的強さについて、Fabを1とすると、IgMは( )~( )である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1万~10万

    解説

  • 7

    アフィニティーとアビディティーを比べると、結合力が強いのは( )で、ほとんどの抗原抗体反応は( )である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アビディティー、アビディティー

    解説

  • 8

    抗原抗体反応に関与する4種類の非共有結合は( )力、( )結合、( )結合、( )力である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静電気、水素、疎水、ファンデルワールス

    解説

  • 9

    イムノアッセイには( )法と( )法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標識、非標識

    解説

  • 10

    非標識法は、沈降した抗原抗体複合体を濁度、光散乱、( )線などにより検出する。簡便だが、( )感度で、多くの成分が共存する場合には適用でき( )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 沈降、低、ない

    解説

  • 11

    標識法は、( )物質や( )、( )元素などで標識された抗原抗体複合体、または標識体のみを測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蛍光、酵素、放射性同位

    解説

  • 12

    標識法は、さらに( )法と( )法に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 均一、不均一

    解説

  • 13

    均一法と不均一法とでは、BF分離が必要なのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不均一法

    解説

  • 14

    抗原抗体反応には、( )反応、( )反応、( )反応、( )反応、( )反応がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 沈降、凝集、中和、溶血、溶菌

    解説

  • 15

    沈降反応では、抗原は( )抗原であり、抗体との結合物が不溶性( )を形成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可溶性、沈殿物

    解説

  • 16

    凝集反応では、抗原には( )と( )があり、抗体の結合により細胞間が( )されることで凝集する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤血球、細菌、架橋

    解説

  • 17

    中和反応の抗原は( )と( )であり、抗体が結合することにより活性を( )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素、毒素、阻害

    解説

  • 18

    溶血反応、溶菌反応では、抗原は( )と( )で、抗原抗体複合体に( )成分が結合して起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤血球、細菌、補体

    解説

  • 19

    沈降物の形成が最大となるのは、抗原と抗体の濃度が( )の時である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最適な比率

    解説

  • 20

    沈降反応には、( )法、( )法、( )法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二重免疫拡散、免疫電気泳動、単純放射状免疫拡散

    解説

  • 21

    単純放射状免疫拡散法の別名は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一次免疫拡散法

    解説

  • 22

    二重免疫拡散法の別名は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オクタロニー法

    解説

  • 23

    オクタロニー法の沈降線のパターン3つは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 融合(fuse)、交差(cross)、スパー(spur)

    解説

  • 24

    沈降線が一旦形成されると、その地点から抗原と抗体は拡散しない。○か×か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    融合した沈降線が形成されると、抗原aとbは同じ( )を持つ( )分子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エピトープ、同一

    解説

  • 26

    交差した沈降線が形成されると、抗原aとbは( )分子。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    標識抗体法には( )蛍光抗体法、( )蛍光抗体法、( )測定法、( )法、( )法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直接、間接、酵素免疫、ウエスタンブロット、ラジオイムノアッセイ

    解説

  • 28

    ELISA法とも呼ばれるのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素免疫測定法

    解説

  • 29

    直接蛍光抗体法は、( )抗体(エピトープに直接結合している抗体)を蛍光標識する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一次

    解説

56661

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ