zuknow learn together

新しい教材を作成

発達心理 1 (第2回〜第3回まで)

カード 23枚 作成者: けい (作成日: 2015/05/02)

  • 発達とは…(1)と(2)との継続的な(3)を通して、さまざまな機能や行動が(4)し、さらに統合されて個体が(5)より有能に、また(6)より複雑な存在になっていく過程。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

サワークリームオニオン(゚д゚)ウマ-

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    発達とは...(1)と(2)との継続的な(3)を通して、さまざまな機能や行動が(4)し、さらに統合されて個体が(5)より有能に、また(6)より複雑な存在になっていく過程。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1) 個体 (2) 環境 (3) 相互作用 (4) 分化 (5) 構造上

    解説

  • 2

    生涯教育とは...個人の(1)にわたる教育機会と(2)の教育機会との統合。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1) 生涯 (2) 社会

    解説

  • 3

    生涯発達心理学...人間から死に至るまでの(1)の中で(2)に 理解しようとする心理学。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1) 時間軸 (2) 統一的

    解説

  • 4

    単一要員説...発達の規定因を「遺伝か環境か」の( ? )に求める考え方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いずれか一方

    解説

  • 5

    輻輳説...発達には「( ? )」関係しているという考え方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝も環境も

    解説

  • 6

    相互作用説...発達の過程において、遺伝と環境は(1)に関係しあっており、相互に影響を与えることによって(2)が生じるという考え方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1) 相互 (2) 発達的変化

    解説

  • 7

    ライフコース...(1)によって区別された、一障害を通じてのいくつかの(2)、すなわち人生上の出来事についての(3)、持続時間、配置、(4)に見られる(5)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1) 年齢 (2) 人生行路 (3) タイミング (4) 順序 (5) 社会パターン

    解説

  • 8

    行動遺伝子学...(1)の個人差と(2)の個人差がそれぞれどの程度、またどのように(3)しているのかを明らかにする学問。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1) 遺伝子学 (2) 環境 (3) 寄与

    解説

  • 9

    発達段階...発達する中でみられる(1)を基準にら、発達の過程をいくつかに(2)したもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1) 顕著な特徴 (2) 分類

    解説

  • 10

    発達課題...人の生涯の(1)に生じる課題で、それを(2)すれば、その人は幸福になり、次の発達段階の課題の達成も容易になるが、(3)した場合は、その人は不幸となり、(4)から承認されず、次の発達課題の課題を成し遂げるのも困難となる課題。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1) それぞれの時期 (2) 達成 (3) 失敗 (4) 社会

    解説

  • 11

    発達課題 ① ハヴィガーストの(?)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発達課題

    解説

  • 12

    発達課題 ② エリクソンの(?)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自我の漸成論

    解説

  • 13

    発達課題 ③ ニューマン&ニューマンの(?)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発達課題

    解説

  • 14

    発達課題 ④ ピアジェの(?)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 思考発達段階説

    解説

  • 15

    神経発達障害 ① (?)障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知的

    解説

  • 16

    神経発達障害 ② 自閉症(?)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スペクトラム

    解説

  • 17

    神経発達障害 ③ (?)欠如/多動障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 注意

    解説

  • 18

    神経発達障害 ④ 特異的(?)障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学習

    解説

  • 19

    横断的研究とは... 別々の(1)にある対象者を、(2)の調査時期に(3)する方法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1) 年齢段階 (2) 同一 (3) 測定

    解説

  • 20

    断続的研究とは...(1)の対象者を、一定期間に渡り、(2)に追跡し、いくつかの時点で(3)を行い、(4)を調べる方法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1) 同一 (2) 継続的 (3) 測定 (4) 変化

    解説

  • 21

    発達研究でよく用いる方法 ・観察法 ・実験法 ・(1)紙法 ・調査法 ・面接法 ・(2)検査法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1) 質問 (2) 心理

    解説

  • 22

    相関的方法とは...発達に関するいくつかの(?)を明らかにする事。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相関関係

    解説

  • 23

    実験的方法とは... 発達に関わる変数と変数の(?)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 因果関係

    解説

56916

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ