zuknow learn together

新しい教材を作成

行政学 new

カード 47枚 作成者: rei (作成日: 2015/05/02)

  • 社会的能率観
    行政の社会的有効性を基準として能率の高低を判断すべき
    能率と民主主義は親和的

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

行政学で出てくるワードと人の組み合わせ

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    社会的能率観 行政の社会的有効性を基準として能率の高低を判断すべき 能率と民主主義は親和的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディモック

    解説

  • 2

    機会費用の概念を導入。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイモン

    解説

  • 3

    行政学の父 一般臣民の生活の倫理的側面や経済活動に対する詳細な規制をポリツァイ学として確立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユスティ

    解説

  • 4

    19世紀 ドイツで 憲政と行政の二重の優位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュタイン

    解説

  • 5

    スポイルズシステム(猟官制)確立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジャクソン

    解説

  • 6

    アメリカ行政学創始者 政治行政二分論説いた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィルソン

    解説

  • 7

    『政治と行政』において 政治=国家意思の表現、 行政=その執行 とする二分論を説く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グッドナウ

    解説

  • 8

    科学的管理法 差別的出来高制度 機能別職長制度 熟練労働者の作業分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テイラー

    解説

  • 9

    初めての行政学の教科書を著し、優れた行政とは 能率的行政であるとした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホワイト

    解説

  • 10

    科学としての行政学を提唱 私企業の節約と能率を行政運営にも適用 五権分立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィロビー

    解説

  • 11

    命令の一元性を主張 組織全体の管理のあり方に注目 企業の管理活動を重視

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファイヨール

    解説

  • 12

    古典的組織論大成 命令系統の一元化 スパンオブコントロール 同質性による分業 POSDCoRB

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギューリック

    解説

  • 13

    総括管理機能が大規模組織で果たされるには執政長官を補佐するスタッフ機関が必要と提唱

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギューリック

    解説

  • 14

    ホーソン工場の実験で 人間の非合理的な感情や態度が作業能率や生産性に大きな影響を与える 自然発生的集団関係に注目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メイヨー レスリスバーガー

    解説

  • 15

    自我を集団我と個人我に分け、現代社会における人間の創造精神は集団の組織を通じてのち発揮される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォレット

    解説

  • 16

    権威を 最終権威と複性権威にわけ、後者の観点から組織における上下の観念を否定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォレット

    解説

  • 17

    行政とは政策形成であり 政治と行政の関係は 整合的で連続的であると主張

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アップルビー

    解説

  • 18

    従来の行政学を 科学的であろうと価値無関係的態度を装っていたにすぎず、人間の非合理的な要素を無視していると批判

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダール

    解説

  • 19

    社会的能率観 構成員の満足度や顧客満足といった、行政の社会的有効性を基準として能率を評価すべき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディモック

    解説

  • 20

    能率と民主主義は親和的で相互補完の関係

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディモック

    解説

  • 21

    二元的能率観 客観的能率と規範的能率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワルドー

    解説

  • 22

    能率それ自体は無価値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワルドー

    解説

  • 23

    官僚制を家産官僚制と近代官僚制に区別 近代官僚制の卓越性を、 非人格性、予測可能性に求める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェーバー

    解説

  • 24

    官僚制批判 訓練された無能力 目標の転位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マートン

    解説

  • 25

    官僚制批判 官僚は政治の侍女にすぎない 特権的な官僚集団かま一般市民の自由を侵害する政治形態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラスキ

    解説

  • 26

    官僚制批判 官僚制は誤りの自己修正の困難なシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロジェ

    解説

  • 27

    官僚制批判 官僚制には職務の量と無関係に組織、職位、人員を膨張させていく傾向がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーキンソン

    解説

  • 28

    19世紀イギリス イギリス政治の強みは議院内閣制にあり、官僚制の強化は中央集権的な政治行政を招き、有害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バジョット

    解説

  • 29

    支配の理念型を 権威、地位、権限 の3つによる支配に類型 権威による支配を理想

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェーバー

    解説

  • 30

    権威受容説 機能の権威 地位の権威 フィクションとして、上位権威

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーナード

    解説

  • 31

    現代組織論の祖 組織均衡理論 職員の動機に基づく誘因と貢献が均衡していることが組織存続の条件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーナード

    解説

  • 32

    X理論Y理論 性悪的なX理論 性善的なY理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マグレガー

    解説

  • 33

    欲求階層説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マズロー

    解説

  • 34

    集団参加組織の優位 集団的意思決定方式で個人のモチベーションをあげることにより生産性向上

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リカート

    解説

  • 35

    三人一人組論 三人1人組で仕事がなされ、その意思決定が、完結する、しくみをもつ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダンサイア

    解説

  • 36

    非決定の決定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バクラック バラッツ

    解説

  • 37

    満足モデル 逐次的な研究 満足基準 可変的な要求水準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイモン

    解説

  • 38

    決定前提の考察 意思決定の前提を 価値判断と事実判断にわけ、 前者が目標の達成度合い、後者が目標達成方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイモン

    解説

  • 39

    インクリメンタリズム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リンドブロム

    解説

  • 40

    意思決定の構造を3つに分類 キューバ危機の際のアメリカの対応を題材 合理モデル 組織過程モデル 組織内政治モデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アリソン

    解説

  • 41

    ストリートレベルの行政職員

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リプスキー

    解説

  • 42

    民主制における行政責任は、外在的な政治責任

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファイナー

    解説

  • 43

    責任ある行政官とは 技術的知識と民衆感情という2つの有力な要素に応答的な行政官

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フリードリッヒ

    解説

  • 44

    行政統制の方法を 行政機関の内部外部、 制度的非制度的の2つの観点を組み合わせ4つに分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギルバート

    解説

  • 45

    協働システムの中核的サブシステムとして、 相互の意思伝達、貢献意欲、共通目的の達成といった条件を満たす公式組織があるから、これを成立、存続させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーナード

    解説

  • 46

    多元的相互調節の理論 アメリカ予算編成過程を研究 多元的なアクターが妥協や取引を重ねる上で実際の予算は編成されている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィルダフスキー

    解説

  • 47

    ゴミ缶モデル 政策課題や解決策、参加者がゴミ箱に投げ込まれ、それらが偶然結合することで政策形成がなされる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コーエン マーチ オルセン

    解説

56908

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ