zuknow learn together

新しい教材を作成

イギリス革命

カード 25枚 作成者: hikaru (作成日: 2014/01/11)

  • 成長した市民階級が絶対王政を打倒して、近代市民社会を成立させた政治的・社会的変革を何と呼ぶか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    成長した市民階級が絶対王政を打倒して、近代市民社会を成立させた政治的・社会的変革を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市民革命

    解説

  • 2

    イギリスでチャールズ1世に対し、1628年に議会が議会の承認なく課税しないことなどを要求したものを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 権利の請願

    解説

  • 3

    航海法が原因で、1652年から第1次、1660年代に第2次、1670年代に第3次の戦争が起こった。この戦争は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イギリス=オランダ戦争(英蘭戦争)

    解説

  • 4

    1640年の議会招集を発端とし、その後1660年まで続いたイギリスでの動きを何と総称するか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イギリス革命

    解説

  • 5

    議会派のなかで、貧農・職人・小商人らの立場を代表し、財産権と参政権の平等を強く主張した一派。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水平派(平等派)

    解説

  • 6

    イギリスで、テューダー朝が断絶したあとに専制政治を行ったスコットランドの王朝をなんと呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ステュアート朝

    解説

  • 7

    1653年にクロムウェルが就任し、軍事独裁を確立したのは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 護国卿

    解説

  • 8

    議会派のなかで、おもに貴族・大商人が中心になり、長老制度と立憲君主政を主張した一派。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長老派

    解説

  • 9

    クロムウェルはアイルランドに続き、チャールズ1世の息子を王と認めたある地域を征服した。それはどこの征服か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スコットランド征服

    解説

  • 10

    17世紀後半以降、イギリスが北米・西インド諸島で植民地を拡大し、その地域との貿易が急成長を遂げ、貿易構造が変化したことを何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イギリスの商業革命

    解説

  • 11

    王権神授説を唱え議会を無視し、国教を強制したイギリス・ステュアート朝の初代王は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジェームズ1世

    解説

  • 12

    クロムウェルが創設した、ジェントリとヨーマンを中心に編成した騎兵隊の通称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉄騎隊

    解説

  • 13

    スコットランドの反乱に対処する戦費の調達するために開かれた議会を発端にイギリスでおこった革命をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピューリタン革命

    解説

  • 14

    クロムウェルの独裁政治の中、1651年に制定され、オランダとの戦争のきっかけになった法は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 航海法

    解説

  • 15

    反乱軍に敗れたチャールズ1世が、賠償金を支払うため、1640年秋に招集し、1653年まで続いた議会。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長期議会

    解説

  • 16

    王党派と議会派との対立が激化して、1642年に始まったイングランドの内乱を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピューリタン革命

    解説

  • 17

    1645年、議会派の新型軍が王党軍を破り、戦局を決定した戦い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネーズビーの戦い

    解説

  • 18

    クロムウェルの死後、王政復古し1660年にイギリスの王に即位した人物は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャールズ2世

    解説

  • 19

    1649年、クロムウェルが王党派の追討を口実に、征服した地域。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイルランド征服

    解説

  • 20

    チャールズ1世が、国教会制度を強制しようとしたために起こった反乱。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スコットランドの反乱

    解説

  • 21

    1649年のチャールズ1世の処刑後、イギリス史上唯一のコモンウェルスと呼ばれる政体が実現した。この政体は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共和政

    解説

  • 22

    イギリス・ステュアート朝の2代目の王で後にピューリタン革命で処刑されたのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャールズ1世

    解説

  • 23

    戦費調達のため、チャールズ1世が1640年に招集したが、議会の強い反抗で3週間で解散したものの呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 短期議会

    解説

  • 24

    熱心なピューリタンで、独立派の指導者として王党派を破った軍人・政治家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロムウェル

    解説

  • 25

    議会派のなかで、おもに地主や富裕市民が中心となり、共和政を主張したグループ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 独立派

    解説

56611

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ