zuknow learn together

新しい教材を作成

冷戦と第三世界の自立~アジアの開発独裁~

カード 14枚 作成者: reina (作成日: 2014/01/09)

  • 1960年代半ば以降アジアやラテンアメリカで出現した、経済開発の効率化を理由にした独裁体制。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    1960年代半ば以降アジアやラテンアメリカで出現した、経済開発の効率化を理由にした独裁体制。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開発独裁

    解説

  • 2

    1965年のインドネシアにおける軍部クーデタは何と呼ばれるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 九・三〇事件

    解説

  • 3

    1951年、イランで急進的民族主義者が政権を握って行った宣言。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石油国有化

    解説

  • 4

    大韓民国で李承晩が失脚した後に、クーデタをおこし権力を握ったのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 朴正煕

    解説

  • 5

    1965年に調印された、日本と韓国の国交正常化のための条約。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日韓基本条約

    解説

  • 6

    1951年、石油国有化を強行したイラン首相。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モサデグ

    解説

  • 7

    1965年から90年まで、シンガポール首相として強力な指導力で経済発展を成功させた人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リー=クアンユー

    解説

  • 8

    1960年ころからスカルノが提唱した、民族主義・イスラーム教・共産党による統一戦線。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナサコム

    解説

  • 9

    1953年、アメリカの支援によるクーデタで実権を奪い返したイラン国王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パフレヴィー2世

    解説

  • 10

    1958年エジプトとシリアが統合して成立し、エジプト主導に反発したシリアの離脱で61年に解消された国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アラブ連合共和国

    解説

  • 11

    インドネシアでスカルノ大統領が失脚後に大統領となり工業化や近代化を推進した人物は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スハルト

    解説

  • 12

    1967年東南アジア5カ国が反共軍事同盟として結成したが、71年より政治・経済面の協力機構に移行し、現在では東南アジアのほとんどの国が加盟する組織。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東南アジア諸国連合(ASEAN)

    解説

  • 13

    パフレヴィー2世が行った、上からの近代化政策を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白色革命

    解説

  • 14

    1965年から86年まで、フィリピンで独裁的な長期政権を維持した大統領。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マルコス

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ