zuknow learn together

新しい教材を作成

近代ヨーロッパの成立~イタリア戦争と主権国家体制~

カード 15枚 作成者: reina (作成日: 2014/01/09)

  • 明確な国境で囲まれた領域と、独立した主権を持つ近代国家を何と呼ぶか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    明確な国境で囲まれた領域と、独立した主権を持つ近代国家を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主権国家

    解説

  • 2

    貴族・聖職者などの身分、ギルド・大学などの職能団体、都市や農村などの地域的団体などの社団(中間団体)が大きな特権を認められていた国家を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社団国家

    解説

  • 3

    重商主義の初期段階で、鉱山開発や貴金属の輸出制限などによる貨幣獲得を重視した政策。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重金主義

    解説

  • 4

    商業資本が、生産者に原料・道具を前貸しして注文生産を行い、製品を独占的に買い上げた制度の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問屋(といや)制度

    解説

  • 5

    16世紀前半、イタリア戦争を争ったヴァロワ朝とハプスブルク家が1559年に結んだ講和条約。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カトー=カンブレジ条約

    解説

  • 6

    重金主義の次の段階で、貿易黒字の拡大による貨幣獲得を重視した政策。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貿易差額主義

    解説

  • 7

    主権を持つ多くの国家が成立し、それらが互いに並立・競合して国際政治を展開する体制。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主権国家体制

    解説

  • 8

    イタリア戦争で小銃・大砲などの新兵器が使用され始めた、この軍事上の変革を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軍事革命

    解説

  • 9

    絶対王政時代に、国家が積極的に経済活動に介入して行った経済政策。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重商主義

    解説

  • 10

    絶対王政において、王の手足となって働いた行政職。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 官僚

    解説

  • 11

    機械制大工業が成立する産業革命以前の工業部門における産業資本の経営様式(生産形態)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マニュファクチュア(工場制手工業)

    解説

  • 12

    絶対王政のもと、傭兵からなり、戦時・平時を問わずに組織された軍隊。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常備軍

    解説

  • 13

    王権を、神から直接に授けられたとする思想。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 王権神授説

    解説

  • 14

    もとは中世末期に成立した都市の住民を意味したが、近代になると富裕な商工業などの市民を意味した言葉。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市民階級(ブルジョワジー)

    解説

  • 15

    16~18世紀のヨーロッパで展開された、王権への集中化が進んだ政治体制を、とくに何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶対王政(絶対主義)

    解説

56945

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ