zuknow learn together

新しい教材を作成

アジア諸地域の繁栄~インド=イスラーム文化の開花~

カード 10枚 作成者: reina (作成日: 2014/01/09)

  • インド=ヨーロッパ語系の言語で、今日のインド共和国のうち北インドの主要な公用語。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    インド=ヨーロッパ語系の言語で、今日のインド共和国のうち北インドの主要な公用語。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒンディー語

    解説

  • 2

    ムガル帝国時代さかんだった宮廷絵画。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ムガル絵画

    解説

  • 3

    その死をきっかけにタージ=マハルが建立されることとなった、シャー=ジャハーン帝の愛妃。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ムムターズ=マハル

    解説

  • 4

    ムガル帝国のシャー=ジャハーンがアグラ近郊に建てたインド=イスラーム文化を代表する建築物は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タージ=マハル

    解説

  • 5

    イスラーム勢力の北インド支配を契機に成立し、アラビア文字で表記する、今日のパキスタンの国語となっている言語。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウルドゥー語

    解説

  • 6

    16~19世紀前半、西北インドで栄えた、ヴィシュヌ信仰や庶民的な題材を扱った絵画。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラージプート絵画

    解説

  • 7

    アクバルの側近アブル=ファズルが著した、ムガル王家とアクバル帝の統治の記録。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『アクバル=ナーマ』

    解説

  • 8

    イランからインドへ伝来したイスラーム絵画。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミニアチュール(細密画)

    解説

  • 9

    トルコ語で書かれた、初代ムガル皇帝バーブルの著した回想録。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『バーブル=ナーマ』

    解説

  • 10

    ムガル帝国などのもとで、イスラム文化とヒンドゥー文化が融合して成立したものは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インド=イスラーム文化

    解説

56896

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ