zuknow learn together

新しい教材を作成

アジア諸地域の繁栄~ムガル帝国の盛衰~

カード 23枚 作成者: reina (作成日: 2014/01/09)

  • 1526年に成立した、インド史上最大のイスラーム国家。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    1526年に成立した、インド史上最大のイスラーム国家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ムガル帝国

    解説

  • 2

    ムガル帝国の最大の領土を形成した王で、ジズヤを復活し反発を招き、死後ムガル帝国の衰退の原因を作った王は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アウラングゼーブ

    解説

  • 3

    アクバル時代、ムガル帝国と平和的関係にあったが、アウラングゼーブ時代に激しく抵抗した、インド西部の古代クシャトリヤの子孫を自称するカースト集団。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラージプート

    解説

  • 4

    アウラングゼーブの死後、デカン高原西部のカースト集団の諸候が結んだ、緩やかな同盟。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マラーター同盟

    解説

  • 5

    17世紀前半のムガル帝国第5代皇帝で、インド=イスラーム文化の最盛期を現出した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シャー=ジャハーン

    解説

  • 6

    ヒンドゥー教徒で、反ムガル運動を展開した、大半は農業に従事するデカン高原西部のカースト集団。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マラーター

    解説

  • 7

    ヴィジャヤナガルの衰退に乗じて、17世紀初め南インドに成立したヒンドゥー王国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マイソール王国

    解説

  • 8

    厳格なスンナ派の第6代皇帝アウラングゼーブが非イスラーム教徒に対して行った、最終的な迫害策。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジズヤの復活

    解説

  • 9

    ティムールの子孫で、北インドを統一して1526年にムガル帝国を建国したのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーブル

    解説

  • 10

    シヴァージーが建てたヒンドゥー王国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マラーター王国

    解説

  • 11

    ムガル帝国から自立する諸国が急速に増える契機となった、18世紀前半に帝国の宰相アーサフ=シャーがデカン高原に自立して建てた王国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニザーム王国

    解説

  • 12

    1526年にバーブルがロディー朝を破り、ムガル帝国創始のきっかけとなった戦い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーニーパットの戦い

    解説

  • 13

    ナーナクが創始し、偶像崇拝とカースト制を否定した宗教は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シク教

    解説

  • 14

    ジズヤを廃止しイスラーム・ヒンドゥーとの融和をはかり、アグラに遷都などした、ムガル帝国の王は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アグラ

    解説

  • 15

    アクバルの時代に完成した、軍人官僚制。官僚を位階で序列づけ、それぞれの位階に応じた騎兵や騎馬の準備を義務付け、給与を与えた制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マンサブダール制

    解説

  • 16

    徴税請負を行った、インドのイスラーム王朝下でのヒンドゥー教徒の領主層。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ザミンダール

    解説

  • 17

    1336~1649年まで、西アジアとの交易や綿花・サトウキビなどの商品作物の栽培などで繁栄し、南インドを支配したヒンドゥー王国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴィジャヤナガル王国

    解説

  • 18

    ムガル帝国の圧迫を受けてシク教団の軍事化が進んだ結果、19世紀初めに教団がパンジャーブ地方に建てた王国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シク王国

    解説

  • 19

    建国者バーブルの死後の混乱を経て、16世紀後半にムガル帝国を再興した第3代皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクバル

    解説

  • 20

    ヒンドゥー教とイスラーム教を融合して、神は根本において同一であるとする新たな信仰を説いた、15世紀後半の宗教改革者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カビール

    解説

  • 21

    マラーターの軍事的指導者で、アウラングゼーブへの反乱に乗じて、17世紀後半に王国を建てた人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シヴァージー

    解説

  • 22

    カビールの影響を受け、16世紀初めにカースト制を否定する新宗教を開いた人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナーナク

    解説

  • 23

    ヒンドゥー教徒との和解やラージプート諸王国との融和を進めるため、アクバルが実施した政策。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジズヤの廃止

    解説

57039

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ